2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

建築設備と配管工事2015年1月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年1月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌竣工事例 東京ガス平沼ビル/?松田平田設計/塩出和人 JR大塚駅南口ビル/?ジェイアール東日本建築設計事務所/東小川朋之・下田敏雄・秋元真喜 最新技術情報 〔空調設備〕 未利用熱の有効活用を促進するヒートポンプ/東芝キヤリア?/宮崎照史 〔衛生設備〕 ミスト噴霧式による室内殺菌システム/三機工業?/小松貴司 〔給湯設備〕 太陽熱利用給湯システムツインパワー給湯器/エナテックス?/長田義明 〔照明設備〕 明るさ感指標を利用した光環境制御システム/?大林組/小島義包・大本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年2月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年2月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:最新竣工事例集 日本生命 丸の内ガーデンタワー/?日建設計 /富樫英介・佐藤孝輔・坂本真史・渡邊健一・堀井めぐみ・中村准二・植田義和 西新橋スクエア/?三菱地所設計/田中祐輔・藤野健治・佐藤博樹 NTTファシリティーズ新大橋ビル/?NTTファシリティーズ/三野洋介 池袋第一生命ビルディング/?竹中工務店/平野克彦・花岡郁哉・笹木佑太 大手町タワーの設備計画/東京建物?/安藤正夫・森下義典・木下雄介/大成建設?/熊谷智夫・山口亮・星野亮 横浜アイマークプレイス/清水建設?/天田本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年3月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年3月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:リニューアル・リノベーション ソニックシティビル事務所棟/?日建設計/佐々木教道 東京都庭園美術館/?久米設計/伊藤欽章 東京都美術館のリニューアル/?前川建築設計事務所/濱興治・遠藤理英元 新宿センタービル/大成建設?/三宅英司・根本彩子 福岡ビル空調設備リノベーション/?日本設計/岡村智 消火設備配管のリニューアル/クボタシーアイ?/松下要介 データセンターライフサイクルサービス/シュナイダーエレクトリック?/唐木眞 最新技術情報:リニューアル・リノベーシ本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年4月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年4月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:最新の設備関連ソフト BIM対応 負荷計算ソフト/?イズミシステム設計/鈴木経仁 設備設計でのハイブリッドCAD有効活用/?建築ピボット/千葉貴史 グループ情報共有ソフトウェアきずな君の機能向上例/?SEG/安田力 設備見積ソフトPLANESTプラネスト ef/?コスモ・ソフト/吉村幸治 BIMの現状から考える設備CADの活用/ダイキン工業?/佐藤庄司 作図・編集のし易さを追求しつづける建築設備CAD/?ダイテック/西口和孝 3D建築CADシステムARCH本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年5月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年5月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:業務用ヒートポンプ給湯器 業務用ヒートポンプ給湯器の現状と今後の展望/一財ヒートポンプ・蓄熱センター/南島正範 業務用給湯機器およびシステム開発の経緯/昭和鉄工?/松本翔馬 業務用ヒートポンプの給湯システムMEGA・Qの見える化と最適制御/ダイキン工業?/尹永愛 業務用ヒートポンプ給湯機の紹介/?日本イトミック/金井哲也 業務用ヒートポンプ給湯機情報/パナソニック? エコソリューションズ社/米野真之 MAYEKAWA CO2ヒートポンプ/?前川製作所/北山英博 寒本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年6月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年6月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:データセンター省エネシステム・サービス 1 データセンターファシリティスタンダード/日本データセンター協会/市川孝誠. IDCフロンティア 福島白河第一データセンター/?日本設計/大串辰雄・栩木学・田村信任. データセンター構築トータルソリユーション/?NTTファシリティーズ/宇田川陽介. データセンターに最適なファン・アクセサリー/ebm-papst Japan?/棚田力也. データセンター用空調機Web監視システム/富士古河E&C?/二階堂治史. 最新技術情報 本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年7月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年7月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:データセンター省エネシステム・サービス 2 IoTを活用した次世代建物管理システム/?竹中工務店/粕谷貴司/NTTコミュニケーションズ?/堀越崇 データセンター向け温熱環境ソリューション Adaptiv COOL/アズビル?/吉田公彦 データセンタ向け省エネ局所空調システム/?日立製作所 インフラシステム社/南輝雄 最新技術情報 〔空調設備〕 室温スウィングで省エネと快適性を両立/新日本空調?/高木正尚 ハイブリッド空調機F-COOL NEO/富士電機?/大賀俊輔 本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年8月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年8月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:エアカーテン RIVIERA・エアーカーテン システム/オリンピア工業?/曽我文彦 遮断効率の高い、対向式循環型エアカーテン/?ダイワ・ハグノック/藤澤義 防虫・防塵用、またクリーンルーム用のエアーカーテンについて/日本エアーカーテン?/小林哲也 防虫用エアーカーテン装置/日本エアーテック?/北野雅之 快適環境づくりに貢献するエアカーテン/三菱電機?/本田春雄 最新技術情報 〔防犯設備〕 ハンズフリー入退室管理システムACCURANCE-TAG/オプテックス?/七里本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年9月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年9月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:省エネに寄与するデシカント空調1 〔巻頭言〕デシカント空調技術とは/東京農工大学/秋澤淳 デシカント空調の設計/九州大学/濱本芳徳 デシカント空調機の導入事例について/?アースクリーン東北/吉田康敏 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ/?日建設計/村松 宏 低温再生デシカント空調機/?クボタ/篠原正明 リタンエア除湿方式による高効率外気処理/昭和鉄工?/永田久美 温度・湿度個別コントロールシステム/ダイキン工業?/二井達也 デシカント外気処理ユニット/日本ピー本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年10月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年10月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:省エネに寄与するデシカント空調 2 デシカント空調の基礎と技術開発動向/金沢大学/児玉昭雄 電算新本社ビル/?日建設計/伊藤浩士 物産ビルにおけるデシカント空調導入事例/?松田平田設計/丸山 純・山田有紀/新日本空調?/渡邊晃司 飯野ビルディング/?竹中工務店/左 勝旭 潜熱・顕熱分離空調向け低温再生デシカント空調機/新晃工業?/打田陽子 省エネハイブリッドデシカント除湿機/?西部技研/倉光隆二・田中 亘 CO2ヒートポンプを熱源としたデシカント除湿ユニット/本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年11月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年11月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:輻射・放射空調 次世代テナントオフィスビルにおける輻射空調システム/?三菱地所設計/稲葉さとみ・安田健一/三菱地所?/中村駿介 石膏ボード天井面を利用した天井放射空調システム/?フジタ/滝澤勇輝・小野幹治 快適放射冷暖房をプラスチック樹脂で実現/?テスク/井浦奉昭 輻射式冷暖房パネルシェード/?三葉製作所/武内信嘉 放射空調システム/?ササクラ/早瀬宏明 2管式冷温水システムにおいて冷暖フリーを可能にする個別放射空調ユニット/日本ピーマック?/石村秀樹 床放射冷暖房システ本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2015年12月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2015年12月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:輻射・放射空調 2 快適空調システムMEDIFORTメディフォート/三機工業株/宮崎俊行 輻射空調システムオーロラ輻射空調/?トヨックス/山岸浩 エアージェットフローシステム輻射冷暖房・床輻射/?亀山鉄工所/大庭康宏 ハイブリッド型轄射式冷暖房システム/?工コファクトリー/村上尊宣 パネル型冷暖房システムピアニスト/?ブ口トテック/郡司博善 ハイテムサンシャイン暖房セラミックガス輻射暖房システム/?ハイテム/今村芳敬・森英司 最新技術情報 排熱利用本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2016年1月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2016年1月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌竣工事例 北國銀行本店ビル/?三菱地所設計/滝澤知史・和井田秀明 精密機械製造企業本社社屋/?三菱地所設計/山縣洋一 解説 偏光板を使った自然光の強さ調整/神奈川工科大学/杉村博・波多野匠・一色正男 蒸気発生ヒートポンプの開発とフィールドテスト事例/富士電機?/白井英登 3Dスキャナ-BIM連携システム/東洋熱工業?/三浦貴広 空調・衛生設備分野における施工図教育の課題と展望/NPO法人設備システム研究会/三木秀樹 初心者のための圧力線図の描き方1/?関電エネルギーソリュー本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2016年2月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2016年2月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:直結増圧給水方式 東京都における直結給水方式の普及・拡大の取り組み/東京都水道局/都丸 敦 エバラ直結給水ブースタポンプの紹介/?荏原製作所 檜垣展宏 直結給水用ブースタポンプ/?川本製作所/柳川英明 直結給水ブースターポンプ/テラル?/二上智文 増圧直結給水用各種器具/?日邦バルブ/竹田優一 最新技術情報 自封トラップ非水封式トラップ/丸一?/?木 剛 ダイキンフロン排出抑制法対応フロン点検ツールDfctデーファクト/ダイキン工業?/ 山田真理 解説 本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築設備と配管工事2016年3月5日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築設備と配管工事2016年3月5日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建築設備の設計・施工専門誌特集:建築設備のコミッショニング コミッショニングの進展を願って-その役割と必要性-/元京都大学/吉田治典 アメリ力におけるコミッシヨ二ングの動向/Texas A&M Engineering Experiment Station/増田弘子 新長崎県庁舎におけるコミッショニング/長崎県/高屋誠/九州大学/住吉大輔/?日建設計/白土弘貴・川上早千絵 京都駅ビル熱源改修でのコミッショニング/?アレフネット/松下直幹/元京都大学/吉田治典 大学施設のトータルビルコミッショニング本誌は、空気調和、給排水衛生、電気、特殊設備等の専門誌として36年の歴史をもっております。最近の大型建物、空港、ホテル、病院、劇場、工場、食品・薬品製造、設備関連、クリーンルーム、研究施設、商業ビル、集合住宅、また地域冷暖房を含む都市設備、最近のインテリジ


建築技術2014年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大橋好光 ?.中大規模木造建築物の構造設計  中大規模木造をめぐる最近の動き│大橋好光  木造設計とS造やRC造構造設計法との相違│木林長仁 ?.座談会 中大規模木造建築物の建築設計で知るべきこと  │大橋好光+中島正夫+西沢大良+小西泰孝 ?.建築設計  基本モデルプランの解説│山田憲明  形態と木組みの考え方│山田憲明  建築設計と材料の選択│塩崎征男 ?.構造設計  架構設計│江尻憲泰+高尾秀幸  D値法による応力計算│江尻憲泰+田村純太朗  柱梁接合部│川原重明  月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:清家 剛第1章 天井落下事故からの教訓│清家 剛 第2章 天井等の非構造材の落下事故防止ガイドラインと安全な天井設計  安全な天井設計へのアプローチ│清家 剛  天井等の非構造材の落下事故防止ガイドライン早わかり  天井等の非構造材の落下事故防止ガイドライン基本概念と全体構成│川口健一  天井等の非構造材の落下事故防止ガイドラインによる設計検討│多賀 洋  人命保護と安全な天井設計/安全性評価法│川口健一  人命保護と安全な天井設計/フェイルセーフ│川口健一  人月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:和泉信之 総論 保有水平耐力計算の活用と課題│和泉信之 ?・保有水平耐力計算の基礎知識   保有水平耐力計算とは何か?│福島順一   崩壊メカニズムをどう考えるか?│蜷川利彦   保有水平耐力の計算法とは?│鹿島 孝   必要保有水平耐力の算定とは?│蜷川利彦   保有水平耐力計算における保証設計とは?│太田俊也 ?・保有水平耐力計算の留意点   一貫構造計算プログラムとどのように付き合っていますか?│田嶋和樹   建物の実際の耐力をイメージしていますか?│田嶋和樹 ?・保有水平月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:澤地孝男?.総論 改正省エネルギー基準を活用した建築設計│澤地孝男 ?.改正省エネルギー基準のポイント 基準の概要  改正省エネルギー基準の改正点の要約,届出書類│宮森 剛  非住宅建築物の新たな省エネラベリング制度について─BELSの背景と主旨│宮森 剛  非住宅建築物の新たな省エネラベリング制度について─BELSの内容│齋藤卓三 外皮性能  外皮PAL*の計算の導き方│赤嶺嘉彦  一次エネルギー消費量 全体構成│澤地孝男  空気調和設備の計算の導き方│宮田征門  機月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年8月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年8月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:腰原幹雄<総論> 機能とかたち―製作によって決まるディテール│腰原幹雄<材料> ダクタイル鋳鉄球状黒鉛鋳鉄 技術解説材料の用途・特性と製造技術実例鋳造方法と適用例│佐伯英一郎+甲斐信博+藤本宏義+梅谷拓郎 超高強度繊維補強コンクリートダクタル 技術解説高い材料性能を活かす技術のコラボレーション実例UFCによる薄板屋根│萱嶋 誠+倉本真介 集成材 技術解説構造用集成材の種類と部材形状│宮林正幸 実例集成材シェルへの適用│阿蘓有士月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:浦江真人+大湾朝康地下工事は、工事過程で見え始めてから見えなくなってしまう工事である。地下工事の出来不出来は、上部構造を施工するうえで影響度は大きい。そんな、見えなくなる地下工事を精度よく施工するために、リスクという視点に立脚してリスクの現象状況原因対策再発防止の項目で解説する。 本特集では、現場力のボトムアップに役立ちながら、現場力の向上の一助になることを期待したい。?.総論 建築地下工事のリスクをマネジメントする│浦江真人 ?.建築地下工事のリスク防止から学月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:勅使川原正臣昨今までの耐震診断・補強は、校舎や庁舎などが対象であった。今後は幹線道路沿いや、駅前マンション、店舗、複合ビルなどが対象になり、構造図がない建物、アスベスト、鉄骨造など新たな問題が起きている。本特集では、構造設計者に求められる役割、耐震改修の法律関係、耐震診断に必要な基本知識、耐震改修で困ったときのQ&A、実例から学ぶ耐震改修の進め方、図面のない建物の耐震改修を取り上げる。本特集が耐震化率の向上と良好なストック社会の実現に貢献することを期待したい。?.総論 改めて考月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:宮里直也+岡田 章 ?.総論 創造するために│宮里直也 ?.ものづくりの制約  素材の制約 鉄│松岡祐一  素材の制約 鋳鋼│形山忠輝  素材の制約 鉄筋コンクリート│大塚秀三  素材の制約 PCa│春山信人  素材の制約 木造│蒲池 健  素材の制約 ケーブル│鈴木 実  素材の制約 膜│斉藤嘉仁  素材の制約 外装材│野平 修  運搬の制約│川島章宏  施工の制約│井瀬弘志 ?.制約により生じるジョイント接合  S造のジョイント│関 清豪  RC造のジョイント月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:南 雄三 2020年には義務づけられる2013年改正省エネ基準。住宅の省エネはいま、この基準を真ん中にして届かないレベルとめざすレベルに分けられる。しかし、問題はこの基準がもつ意味を誰も知らず、どこをめざせばよいのかで混乱していることだ。本特集ではこのめざすレベルをみつけだす。 一方で人口減少高齢化過疎化空家化都市集中が社会問題となる今、既存住宅の省エネ改修が急務だが、なぜか進まない。その理由は何か?・・中古流通、リノベを含めて探ってみよう。?.省月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 大越俊男+寺本隆幸総論 資格と技術基準│大越俊男…88 構造構造設計 Q.01 積雪荷重の低減係数│岡田 恒…90 Q.02 風荷重の再現期間│田村幸雄…91 Q.03 有効数字│寺本隆幸…92  耐震設計・耐風設計 Q.04 震度分布│寺本隆幸…93 Q.05 固有振動数│石井正人…94 Q.06 風圧力の算定│田村幸雄…95  基礎・地盤 Q.07 がけの勾配│藤井 衛+品川恭一…96 Q.08 簡易液状化判定法の適用範囲│新井 洋…97 Q.09月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:藤井 衛住宅の品質確保促進法が施行されるなど法の整備が着々となされているが2008年から住宅トラブルの相談件数が急増している。これは法整備に伴い消費者が住宅性能評価に対する意識が向上してきたからである。本特集では各方面の専業者を一堂に会してリスク回避のあり方を探索する。?.安全安心な住宅基礎地盤を提供する建築技術者に求められるもの│藤井 衛 ?.法律家から建築技術者への提言│秋野卓生+菅谷朋子 ?.安全安心な住宅基礎地盤をつくるために想定されるリスクと対策  宅地に起因月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:浦江真人+大湾朝康施工図は設計者構造設計者設備設計者施工者ならびに専門工事業者が設計図を施工可能な具体的・生産的な図面に置き換え建築するための伝達手段である。特集では設計図書から施工図への読み解きと作成屋根・外壁・開口部・基準階などの施工図を読み解く現場力を養成する。?.設計図書と施工図に係る設計者と施工者の役割│浦江真人 ?.設計図から施工図へ読み解く 施工図を読む│山手清司 施工図の情報管理│山手清司 施工図を作成するタイムスケジュール│曽根巨充 ゼネ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大橋好光……67 中大規模木造建築物が注目され、新しく参入した技術者は木材に関する疑問・課題にぶつかり頭を悩ませている。特集では、設計に必要な木質系材料に関する事項を五つのカテゴリーに分け、わかりやすく解説する。基本知識と木材系材料のここが知りたいQ&Aの2本立てで解説する。?.木質系材料の本質を知る│大橋好光……68?.木材の強度・材料特性・新材料 基本知識──覚えておきたい基礎の基礎│林 知行……72 木材の強度  Q.1 木材の基準月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年5月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年5月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:清家 剛 特定天井に対する脱落対策基準が施行されて1年が経過し、改修事例や新築事例がやっと出そろってきた。特集では、特定天井と特定天井以外の天井を事例として取り上げ、各社が意欲的に挑戦した天井計画ならびに天井設計を紹介する。同時に、天井関連の告示・指針等の解説も情報提供する。第?章天井設計の忘れ物│清家 剛……76 第?章天井関連の指針・告示等の概説  建築学会指針が誘導する安全な天井│川口健一……78  技術基準の概要│脇山善夫……80  定期調査報告制度の概要│脇山善夫……8月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:澤地孝男 協力:金子尚志改正省エネルギー基準の建築環境設計への活用方法を解説、省エネルギー基準の動向、改正省エネルギーによる評価結果と実測結果の比較、さらにオフィス、商業施設、学校で実施した省エネ手法などを提示する。?.これからのビルの省エネルギー・環境性能向上における実務者の役割│澤地孝男……78 ?.建築環境設計への活用法ビルの省エネルギー設計法の骨子│澤地孝男……81  設備機器の特性値と周辺の設計・施工・調整の重要性 全熱交換器を例に│澤地孝男……84 ?.改正省エネル月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:二木幹夫 建築物の基本構造である杭の役割は、建物の荷重を安全に地盤に伝えることである。この特集では、杭の耐震性の考え方、上部構造から見た、杭基礎への要求内容、設計における杭種の選択目安、施工段階での管理のポイント、設計および施工時における問題点と対処法、液状化や狭隘地での設計・施工などを解説する。?.あるべき杭の設計と施工│二木幹夫…84 ?.基礎の耐震性の考え方  上部構造から見た杭基礎の耐震設計│小室 努…87  被害事例から見た杭体の耐震性能│関口 徹…92 ?.杭の選択  月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:腰原幹雄 感覚的に危うそうあるいは一見不安定に見える建築物を取り上げ、どのように構造的に成立しているのかを構造力学に基づいて解説し、構造設計者が有する独自の構造勘についてもひもとく。構造の原理、考え方、楽しい構造に重点をおき、仕組を理解することで実現可能な構造計画を紹介する。構造計算ソフトに頼りすぎない、構造の勘所を取り戻すための解説を行う。総論危うい境界│腰原幹雄…76 ?.実験・解析・実践と構造設計  実験と設計──構造計画│江尻憲泰+高尾秀幸…80  解析と設計──月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:勅使川原正臣 最近の耐震改修では、耐震安全性の確保以外の要求事項が変わりつつある。集合住宅や事務所ビルでは美観や使い勝手が、宿泊施設や病院などは営業を継続しながらの耐震改修が必要だ。現在、さまざまなケースに対し、設計者や施工者には適切な対応が求められている。 今回の特集では、クライアントが耐震改修を実行する判断基準、耐震改修事例、耐震改修のQ&A、悩ましい問題が多いS構造物の耐震改修の具体的な対処法を解説している。?.これからの耐震改修│勅使川原正臣……78 ?.クライアントが耐震改修す月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴 監修:宮里直也日本大学理工学部准教授 合理化設計・経済設計と言われ、その先にあるコストパフォーマンスが優先される流れの中で、鉄骨構造の設計実務においては、設計・監理の際に知っておくべき基本を見落としがちである。原則となるものの道理を改めて知ることで、新たな設計が導き出されるのではないかと考える。 今回の特集では、構造設計者を対象に、鉄骨構造の設計や監理の基本的留意事項、各部の設計および検査時のポイント、特殊な事例に見る上手な納め方や材料の適用月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 改正建基法と技術基準解説書改訂による構造設計のポイント 監修:金箱温春金箱構造設計事務所改正建築基準法が2015年6月1日に施行され、技術基準解説書が6月に改訂されました。実務者たちにとってはそれらの改正・改訂から日が浅いため、実感として薄いのが現状です。 今回の特集では、前述の改正点・改訂点を実務者に周知するために、改正建築基準法と構造設計&技術基準解説書の重要なポイントの2本立てで構成。総論 よりよい構造設計の実現のために│金箱温春……92 ?.改正月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 断熱と省エネを分けて整理整頓 監修:南 雄三断熱は快適の最低レベルとしての15℃以上で、省エネはZEH。断熱を15℃以上においてZEHの計算をすれば、給湯、換気、照明の効率化による省エネの限界も見えてくる。そこで太陽光発電による創エネの量がはじき出される。家電を除けば5〜6kW、家電を含めば7〜8kWが必要になる。 この特集では、議論が落ち着いてきた断熱と広がりをみせる省エネを分けて考え、整理整頓する。そして、求める断熱レベル、国交省の省エネ施策、経産省の省エネ施策を紹介し、省エネト月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2016年1月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2016年1月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 建築環境の音トラブルに対処する設計法 監修:井上勝夫建築の空間性能の中で、室内の静謐性能に対する要求が年々高まってきています。今回の特集では集合住宅を含め、法規制に関する基準・規格の整備状況を、まとめて紹介するとともに、音に関するトラブル、訴訟事件を示し、問題の解決策について、行政、建築技術者、居住者の立場から検討しています。 訴訟につながる要因として指摘されている問題点に対する設計上の留意点や、音の制御方法を解説しています。?.建築物の音に関するトラブルの動向と対応│井月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2016年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2016年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌No.794 2016 March価格 1759+税特集 スラスラできる中大規模木造建築物の構造設計 監修:大橋好光法改正などを背景に、中大規模木造建築物の設計に関する動きが活発になりつつある。これまで木造戸建住宅の設計が多かった設計者で、中大規模木造の設計にも意欲的に取り組みたい設計者が増えている。それらの要求に応えるために、本特集では実践的にすぐできるような構成となっている。材料や構造架構をどのように考えて中大規模木造建築物を設計や構造設計したらよいか、燃えしろ設計月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design ホキ美術館|山梨知彦+中本太郎+鈴木隆+矢野雅規/日建設計 技術と芸術の直結|山梨知彦+中本太郎+鈴木隆+矢野雅規 ギャラリー計画|山梨知彦+中本太郎+鈴木隆+矢野雅規+本間睦朗+小林弘造+水谷周 構造計画|向野聡彦+朝川剛 施工計画|谷口英武特集:伝統的構法による木造住宅の性能検証−建物・材料の性能と実例監修:大橋好光 伝統的構法による木造住宅に関する調査・実験が数多く行われ,その性能の検証が行われている。本特集は,本誌の昨年12月号特月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌2011年3月号 建築技術 architectural design 竹中技術研究所・耐火実験棟|竹中工務店カーボンニュートラル社会実現に寄与するサステナブル研究所|廣島正明+植村幸生 耐火実験装置|大橋宏和環境配慮技術の開発と実装|土屋徹 サステナブルフレーム|土屋徹 可動型太陽光発電パネルダブルスキンサッシ|西田恵+石橋良太郎 竪ルーバー型緑化外壁システム|小島倫直+三輪隆 風力発電機|羽場崎淳 高性能建築材料|岡本肇+池尾陽作+小島正朗 微細ミスト噴霧システム|三坂育正月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 規基準の数値は何でなのを探る Part2 監修 和田 章 建築の設計・施工に関する技術と学問は多くの自然災害材料の進歩実験や数値解析の成果を糧にして進展していく。これらを一人一人の技術者の血と肉にするには自分で経験するのが一番であるが目の前で起こることだけではないからすべてを経験することは不可能である。多くのことは災害報告実験報告論文教科書規準書やマニュアルを通して知ることになる。特に設計法や施工法に関する記述には決まりごとが多く記述されるがこれらの中には原理原則から月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年4月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年4月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 基本からはじめよう戸建住宅の基礎設計 監修 藤井衛・伊集院博 1.総論 戸建住宅の基礎設計での決め手は何か 藤井衛 2.戸建住宅の基礎構造計算早わかり 梶川久光 3.戸建住宅基礎設計の申請・確認のポイント 本岡淳一 4.基本からはじめる戸建住宅の基礎設計Q&A 調査 Q1.戸建住宅の敷地として安全な地盤の選び方のポイントとは 山本明弘 Q2.戸建住宅の敷地を現地踏査するときのチェックポイントとは 山本明弘 Q3.各種地盤調査方法の長所と短所とは 高田徹 Q4.SW月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 型枠工事の基本と温故知新のノウハウ 監修 阿部道彦・中田善久本特集に取り組んでから間もなく2011年3月11日に三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の東北地方太平洋沖地震が発生した。 この地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに被害を受けられた皆さまとそのご家族に心からお見舞いを申し上げます。この地震のとき帰宅できずに大学にいたところ陸前高田が壊滅的な被害であるというニュースが入った。本特集でインタビューを行った村上先生が50年間の出稼ぎを終えられ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 まるごと解体工事NOW 監修 湯浅 昇解体工事は建設行為の表裏の関係として捉え一線を画してきた感がある。再開発計画が進められる中で密集市街地における建設予定の物件が多くなりつつあるという情報がある。これまでの特集企画では密集市街地における建設行為について特集を取り上げてきたが建設行為を始める前段階である既存建築物を撤去するやり方については特集では久しく取り上げていない。 この特集では解体工事とは何かを素朴に捉えることから企画に取り組んだ。解体工事を技術の変遷解体月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年7月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年7月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 設計ステップでわかる建築設備計画の勘所 監修 山本廣資 建築の計画・設計はあくなき創造的行為であるといってよいであろう。したがって建築設計者はより高いレベルを求め満足できるものを追求する傾向がある。そのため計画・設計にあたってエンドレスな修正または大幅な変更に対する抵抗感が少ない。コンペなどで製作の締切ぎりぎりまで内容が決まらず徹夜が続くのはこのためである。 絵画や彫刻の場合は個人の仕事であるから完成品に満足するまでエンドレスとなってもよい。またコンペの場合はライバルに負けるわけ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 東日本大震災における建築物の被害報告 Part1 東北 監修 田中礼治・源栄正人 2011年3月11日の東日本大震災はマグニチュード9.0と日本の歴史上最大級のものであった。この地震被害の特徴は地震動被害と津波被害の2種からなることである。地震動被害は現行建築基準法の効果耐震補強効果並びに住民の防災意識の向上などにより建築物の主体構造の被害は比較的少なかったのではないかと考えている。 しかし非構造部材の天井地盤変動による建物の被害が多くの地域で起こったことなど今後に課題を多く残した月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 東日本大震災における建築物の被害報告 Part2 監修:塩原 等 今回の地震は,有史以来最大級の海溝型地震であったにもかかわらず,首都圏における建築物は健全で,倒壊など大規模な被害が極めて少なかったことは予想外であった。一方で,ごく普通の建築物にもありがちな課題が改めて浮き彫りになっている。ホールや体育館の天井落下に見られる非構造部材の脆弱性,埋立宅地造成地の地盤液状化に見られた小規模建築物の基礎構造の脆弱性,今なおなくならない校舎や庁舎の柱のせん断破壊に見られた未耐震補強建築物の脆弱性などである月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 木造公共建築物の建築・構造設計マニュアル 監修:大橋好光昨年10月公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律が施行され公共建築物への木材の利用が広がるものと期待されている。国や地方自治体が整備する低層の公共建築物はすべて原則的に木造化する方針が示された。これを受けて国交省の官庁営繕部では木造計画・設計基準及び同資料を制定し木造で建てる際の技術的方針・注意事項をまとめた。本特集ではこの基準を中心に今後増えることが予想される木造公共建築物の設計に際し注意すべき月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2011年12月号例題から学ぶ保有水平耐力計算 監修:白井伸明 保有水平耐力2次設計の確認を行う新耐震設計法は,その成熟度は高い段階に達している。特集では,計算法の基本的な考え方や略算法,精算法の計算方法,具体的な例題S造,RC造,木造による保有水平耐力の導き方を初歩から解説する。 特集 例題から学ぶ保有水平耐力計算 監修:白井伸明 今日では,建築物の安全性を保証する耐震設計法として,新耐震設計法,限界耐力計算法,エネルギー法など複数の選択肢がある。そのうち,終局強月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2012年1月号 パッシブを活かした新しい住まい 監修 南雄三2008年に省エネルギー法/基準が改正され、それを機に住宅の省エネ施策が急速に展開し始めている。大手ハウスメーカーはスマートハウスを設計事務所や工務店はパッシブデザインという構図が浮かび上がってきた。しかし根源はパッシブと同じである。この特集ではパッシブを四つに分類し現状を分析新たなパッシブの潮流を解き明かす。1.省エネルギー背策の変遷 南雄三 2.パッシブデザインと省エネ住宅 南雄三 3.生い立ちで違うパッ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2012年2月号 戸建住宅基礎の液状化対策工法+修復対策工法 監修:藤井 衛3月11日の東日本大震災で発生した液状化・斜面崩壊の被害評価や分析から得た最新情報に基づきその対策と修復を解説する。 3月11日に発生した東日本大震災では液状化・斜面崩壊や津波などによって戸建住宅は甚大な被害を生じた記憶は鮮明に残っている。地震発生から早1年が経過しようとしており一歩一歩ではあるが復旧・復興が確実に進んでいる状況にある。その一方では戸建住宅における被害の評価や分析が実施され今月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌構造設計は,単なる構造計算ではない。建築家とともに構造的視点から空間を設計するものである。 合理的な構造システムだけでなく,そこから変化させた構造システムによって豊かな空間が生まれる。その変化を実現するためには,建物の中の力の流れをコントロールする必要がある。本特集では,各部材への力の流れを制御する構造システム,接合ディテールのアイディアを取り上げるが,その答えは一つではなく,構造家それぞれの個性によって異なるものである。デザインをコントロールする。デザインがコントロールする。 腰原幹雄 構月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌規基準の数値は何でなのを探る Part3 監修:寺本隆幸建築基準法・学会規準・諸基準に用いられている数値が定められた意味や技術的背景を解説し,規定されている事項への理解を深める。正しい内容の決まりごとに違いないと思い込みがちな事柄の本質を,改めて理解できる。建築基準法や学会規準・諸基準に用いられている数値には,なぜこの数値なのかが,かならずしも明確ではない。 技術者は,これらの数値を日常的に多く使用しているが,その背景にある事柄を十分には理解しないで,正しい内容の決まりご月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2012年5月号 実務に役立つ耐震補強のワンポイント 監修:廣澤雅也RC造,S造の耐震補強を行う際の技術的な解決方法をワンポイントで解説する。 助成制度の要点,診断上の注意点,体育館の柱脚・定着部破壊の耐震補強対策, 補強工法選定の条件,居ながら施工と段階的施工など,耐震補強に関する幅広い実務上の身近な疑問点に応える。この特集は,前回の耐震補強にかかわる特集2010年8月号:知っておきたい耐震補強実務のポイントの続編にあたり,各地で進められているRC造やS造建物の種々の月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 非構造部材の耐震性を設計・施工する 監修 清家剛 東日本大震災では外装材や天井材などの非構造部材の被害が甚大であった。 その耐震設計においてはさまざまな非構造部材すべてに適切な情報が整備され実施されているわけではない。 このような状況を改善するためには設計の際に必要な知識を改めて見直し意匠・構造・施工で行うべき事項を再整理する必要がある。 今回の特集では現状の非構造部材の耐震設計の考え方を示し新たな取組みを紹介しながら本来どうあるべきかという今後の方向について考えていきたい月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年6月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年6月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 藤井 衛地盤・基礎のトラブルの7割を占める擁壁トラブルについて,その回避術を解説。擁壁設計のための最小限の基本知識,既存擁壁の健全度の評価方法,設計・施工時のトラブル回避術を解説する。擁壁に関するトラブルは,地盤・基礎のトラブルの実に7割を占めるともいわれている。 トラブルの種類も,擁壁自体の問題の他に,背面土の転圧の問題,擁壁の支持力の問題,施工時の側圧の問題など枚挙にいとまがない。この原因としては,そもそも建築技術者は,擁壁の設計・施工に携わることが少ないからである。 本特集月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 大橋 好光東日本大震災以後巨大災害に対する建物の安全性に対する関心が高まっている。地震から生命・財産を護るために既存木造住宅の耐震性の確保が急務となっている。  しかし一方で耐震補強の実務では構造の専門家でない設計者・施工者も多く携わっているのが実状である。そこでは構造の専門家なら当然考慮する力学的観点が不十分なまま補強してしまうことが危惧されている。実務者の木造住宅の耐震性に関する理解とその実践が欠かせない。  そこで本特集では既存木造住宅の耐力アップを目的と月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 寺本隆幸現在の構造計算では,コンピュータへの数値解析により,ある数値に対するOK・NGの結果のみが得られている。これは,計算結果としてのある1点の情報であり,断面変更する方向性や,NGとなっている技術的背景は不明のままである。  この特集では,設計時・施工時の諸検討に用いる図や表を対象に,それらが内包する意図,パラメータの影響度合い,背景となっている実験結果などを可視化することで,設計式や検討式を容易に理解できるようにしたい。また,設計概念や設計資料を理解するための図表も,可視月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年9月15日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年9月15日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 中田善久日本大学理工学部建築学科教授今回の特集では,コンクリート工事の最も原則的なこと,基本的なことである。それらが一つでも不足していれば,所定の品質を確保できないことにつながる。本特集から知識を蓄え,そして現場での実践・体験を通して解説する。総論 コンクリート工事の現場力 各論? コンクリート工事計画の肝所 設問1 準拠図書は古いものでもよいの 設問2 建築工事施工計画等提出書類の中に必要なものは 設問3 JASS5とJIS規格で,特に異なる点,注意する点は 設問月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 鉄骨造の接合部を設計する 監修 竹内徹東京工業大学大学院教授 鉄骨造の初心者から熟達者までを対象に,構造設計者の実力が顕著に現れる鉄骨造の接合部設計について,納まりのよい接合部の設計について解説する。?章 接合部に求められる機能 ?章 接合部の基本知識  架構形式と接合システムのつくり方:私の方法  接合部は構造デザインの要  接合部設計の面白さ  接合部に求められる性能と実現の仕方  接合部に使用する鋼材  基準法で規定された構造用鋼材  認定された高強度鋼材 月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 見えない現象風に挑む耐風設計 監修 田村 幸雄東京工芸大学教授今回の特集では竜巻被害やゲリラ豪雨による建物被害が多く見られるため耐風設計が安全性の確保だけでは不十分になっています。この特集では風に関する基本知識と風に対する設計ガイドラインに相当する情報を提供し解説する。 ?.いまなぜ耐風設計なのか ?.風の基本 ?.耐風設計の基本 ?.外装材等の耐風設計外装材等の耐風設計の考え方と手順外装材等の風荷重風圧力外装材等のピーク風月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集:改正省エネ基準と省エネ住宅計画原論 監修:南 雄三 まだまだ我慢の小エネから抜け出せていないのに、国はゼロエネに向けてアクションを起こし、業界はスマートハウスに走る。さらに国は最終目標としてLCCMを掲げて省エネがますます難しくなってきた。しかし省エネ基準が改正になり、認定低炭素住宅も出て、ここで省エネ施策はいったん音つく。 落ち着いたと言っても、日本の省エネ住宅はピンからキリ。ここで改めて日本の省エネ住宅はどうつくられるべきなのか?、どんな手順で設計を進めていくのか?、省エネの先に求め月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:藤井 衛 日本建築学会小規模建築物基礎設計指針では基礎設計に必要な設計用地盤定数を求めるにはSWS試験を中心に行う規定している。SWS試験の長所は調査費用が安価であること試験方法が簡易であることなどである。しかし礫・ガラなどは貫入困難となること概略的な土質判定しかできないことなどの短所があるためSWS試験の信頼性に疑問の余地がある。 この特集ではSWS試験で分かること分からないことを解説しながらSWS試験の活用法を紹介する。SWS試験に対する疑問にも回答し、さらにS月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年2月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年2月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:田中享二  今回の特集では,防水の第一義の目的である水を漏らさないことを達成するために,防水の計画,防水工法・材料の適材適所,各部の納まりの基本事項の解説,防水の不具合事例,最近の話題である太陽光発電パネル架台の納まりおよび屋上緑化を解説します。 ?.先人から学ぶことと次の時代への防水技術  ?.設計者に必要な防水の基本  ?.施工者に必要な防水の基本屋根の防水計画─陸屋根屋根の防水計画─葺き屋根外壁の防水計画地下の防水計画室内の防水計画 月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年3月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年3月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌 監修:大越俊男+寺本隆幸 <総論>基規準の数値を理解し一貫構造計算プログラムを使いこなそう <構造> 耐震設計・耐風設計  長期たわみ用の積載荷重  応力伝達  積載荷重の低減係数  片持ち梁の鉛直震度の考慮  1/3オクターブバンド周波数分析,実時間,時定数  積雪荷重算出の比重,積雪深計算式  地震地域係数  床の面内せん断力  告示免震と時刻歴応答解析 基礎・地盤  補強筋の先端フック  木造基礎の根入れ深さ  木造べた基礎の立上がり高さ  がけ上建築物の基月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌 中大規模木造建築の設計に長けた実務者が木造建築へのアプローチの仕方材料・規格の知識コストコントロール方法構造計画耐火設計接合部設計の方法など実務上知っておくべき情報を整理し解説します。 ?.中大規模木造建築の普及のために│大橋好光  ?.木の基本知識   木材の特性│中島史郎   木材の規格と指定方法│原田浩司   プレカットで可能な形状│照井清貴   事例 地域材を活用した栃木県茂木町立茂木中学校改築事業の概要│小崎正浩   木材関係の情報源│中井 孝  ?.月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:北村春幸 東日本大震災では,免震建築物は想定どおりの効果を発揮したが,一部の免震Exp.Jなどに不具合が生じた。現在の免震建築物は,法で規定された地震動レベルに対しては十分な性能を発揮するように設計されているが,それを超える地震動に対する設計は手探りの状態である。そのためには,設計クライテリアの設定が重要になる。今回の特集では,免震事例を基にして用途別に免震設計のキーポイントを解 説する。特に,設計意匠+構造上重要なポイントは個別に取り上げ,詳細に解説を行う。この特集が免震建築物を設計す月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:廣澤雅也東日本大震災以降、都市防災の関心の高まりとともに、建築設計に携わる実務者にとって、建物を使い続けながらの補強や、使い勝手を変えない補強、意匠性に配慮した補強など、既存建築物の耐震改修における様々な要望に応える設計力が求められている。特集では、耐震改修に関する最新動向と、耐震改修デザイン、さらに実務上に悩む新たな問題点を取り上げ解説する。 ?.総論 耐震改修で忘れてはならないこと│廣澤雅也 ?.関連法規の最新動向  耐震改修の法的な関係性│春原匡利  耐震改修促進法の変遷月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集:構造デザインのための座屈再入門 監修:竹内徹総論 ?章 座屈とは何か│竹内 徹  座屈のタイプとその性質  曲げ座屈│竹内 徹  横座屈│井戸田秀樹  局部座屈│五十嵐規矩夫  骨組の座屈│荒木慶一  座屈たわみ角法│木村祥裕?章 座屈を考慮した部材と骨組の設計  平鋼フラットバー柱の座屈設計│金箱温春  RC柱の座屈│津田惠吾+城戸將江  CFTの座屈│河野昭彦  木質材の座屈│坂田弘安  ガラス板の座屈設計│上沢聡史  座屈拘束ブレース・月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大越俊男+寺本隆幸設計時・施工時に用いる図や表を対象に、それらが内包する意図、パラメータの影響度合い、背景となっている実験結果などが可視化されたものを解説する。図や表から、設計式や検討式を容易に理解できる解説を行い、図表の読み解き方や着目点、使用する場面など、設計者が図をどう読めばよいか、活用方法を解説し、実務に役立てるものとする。総論 プログラム計算結果の評価に図表を役立てよう│大越俊男1. 荷重・力学  1.時刻歴応答解析におけるエネルギー応答│寺本隆月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:腰原幹雄 ディテールは、部材・部品が組み合わされて成り立っている。ディテールを設計することは、ディテールを構成する部材・部品の役割=機能やかたちの意味など原理原則について知り、工夫することである。特集では、個々のディテールを解説することにより、より深くディテールを理解する一助となるよう構成する。この特集が新しく創意工夫されるディテールの萌芽になることを期待したい。総論 ディテールが担っている機能とかたち│腰原幹雄S造  ベースモルタル│富田昭夫  アンカーボルト│佐月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術 11 No.766 2013 November特集構造体コンクリートのひび割れは低減できているのか 監修:中田善久 コンクリートのひび割れは起きるのが当たりまえで、度合いにより鉄筋に錆が発生すれば問題となる見解と、ひび割れそのものが問題だとする見解ががあり開きは著しい。特集ではコンクリートのひび割れについて、発注者にひび割れに関する正確な情報を提供し、設計者、施工者にひび割れを低減する対策を提供する。総論 コンクリートのひび割れの誤謬を解く│中田善久 ?章 コンク月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年11月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年11月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:本橋健司 この特集では,多様化するニーズを,クレームに関連する音,臭い,汚れ,熱,水を一つのグループ,構造に関連する火,マテリアルを一つのグループ,補修・改修,再利用を一つのグループとして捉え,最新の建築材料の特徴と,材料を選択する目安および施工上の留意点で構成し,設計者ならびに施工技術者の実践に役立つ建築材料の情報を提供する。?.建築材料に求められているもの│本橋健司 ?.音を抑える機能  集合住宅における床仕上材による生活音低減│荻原正康  天井・壁材──子供の安全や生活に配月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:南 雄三住宅技術評論家2013年10月1日に、外皮基準と一次エネルギー基準が盛り込まれた改正省エネ基準が施行された。今回の改正は、特に一次エネルギー基準は教材のような内容であり、省エネ住宅の全貌を勉強するためには最適な内容となっている。特集では基準の解説では見えてこない、改正省エネ基準の教材として中身を浮き彫りにし、自ら勉強しながら、改正省エネ基準に取り組むための情報を提供する。?章落ち着いた省エネ・教材としての基準  これで落ち着いた省エネ施策│南 雄三  住宅の省エネル月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:藤井 衛 ?戸建住宅基礎に求められる地盤の品質と安全な基礎設計│藤井 衛 ?品確法の見直しの解説  住宅性能表示制度における液状化に関する表示項目について│伊集院 博 ?戸建住宅の敷地を地盤評価するポイント│渡辺佳勝 ?戸建住宅基礎形式の選択とコスト  戸建住宅基礎形式の選択条件とコスト│梶川久光  四号建築物の仕様規定による戸建住宅基礎と許容応力度計算による  戸建住宅基礎との性能比較とコスト│梶川久光 ?戸建住宅基礎と液状化対策工法  液状化を見極めるための調査方法と簡月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:浦江真人+大湾朝康協力 ?.検査力を養成する│浦江真人 ?.RC工事での検査に求められる役割│田口郷次 ?.各工事間の検査のバトンリレー│山田昌喜 ?.鉄筋工事の検査力養成講座  鉄筋工事の工事検査とチェックポイント│柿沢忠弘  鉄筋の発注から作業所受入れ│堀内大輔+田中秀樹  鉄筋の継手の検査ガス圧接継手・溶接継手・機械式継手│堀内大輔+田中秀樹  部材別の配筋検査  基礎・基礎梁│後藤 匡  柱│柿沢忠弘  梁│安部隆博+柿沢忠弘  スラブ│三木敏則月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大越俊男+寺本隆幸総論技術慣行の内と外│寺本隆幸 構造設計 Q.01 小梁の設計用曲げモーメント│大野義照+岩田樹美 Q.02 設計用フェイスモーメント│寺本隆幸 Q.03 減衰定数│石井正人 Q.04 繰り返し回数│西山 功 耐震設計・耐風設計 Q.05 地震力の方向│寺本隆幸 Q.06 設計地震力割増し率│春原匡利 Q.07 構造骨組用風荷重と外装材用風荷重│田村幸雄 基礎・地盤 Q.08 凍結深度│平出 務 Q.09 摩擦係数│青木雅路 Q.月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design モード学園スパイラルタワーズ|日建設計 12 名古屋に新たなスカイラインをつくる|若林亮+右高博之 22 明快な架構計画,形態に適した制振システム|山脇克彦 28 多面体のトライアングルフレームユニット|右高博之 32 シンボル性を意識した環境・設備計画|菱田誠+横井繁明 34 カーテンウォールユニットの施工|杉本直樹+八鍬孝志+相原仁史 36 ねじれた形態の施工|山田真人+横山和幸+中川徹+横山伴師+平田昌美 38特集:総合図でクレーム月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 十和田市現代美術館|西沢立衛建築設計事務所 12 Arts Towada−アートによるまちづくり|長田哲征 28 十和田市現代美術館の設計思想|西沢立衛 29 やわらかい外観のディテール|高橋一平 32 美術空間のための環境計画|高橋一平 34 微小な鉄骨部材により構成された箱|犬飼基史 36 工程検討が鍵を握った16棟の施工|小山田勉 38特集:第三者が検証可能なRC構造体の品質・性能評価方法監修:湯浅昇 91 1.総論序論月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年8月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年8月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー OBELISK|大成建設一級建築士事務所 12 デザインコンセプト|芝山哲也 22 施設構成/進化した予備校のかたち|井内雅子 26 フレキシビリティとメンテナンスフリー|井内雅子+堀雄二 29 ファサードデザイン|輿石秀人 30 メガストラクチャー+免震システム|細澤治+篠崎洋三+藤山淳司 32 特別避難階段およびエレベータシャフトの熱負荷対策|上田泰史 36 スーパーウォール構造システムを中心とした施工|月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design Column 美しい建築,鮮やかな建築|高田典夫 12 S2/ベルヴィラージュ尾久デュエトーレ|高田典夫+アトリエテン 16 街の顔をつくり出す二つの塔|高田典夫 24 Column 建築に対する執念|徐光 28 中央耐震コアのツインタワー|徐光+安藤耕作+照井健二 29 M5|高田典夫+アトリエテン 32 空中に浮いた二つのボックス|高田典夫 34 版と版で構成した空間|徐光+安藤耕作+照井健二 42特集:建築基礎構造設計・施工の月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 福生市庁舎|山本理顕設計工場 12 合理性に裏打ちされた市庁舎|仲俊治 16 タワー棟のデザイン|岩澤浩一 32 無柱空間を生み出すチューブ構造|金田勝徳 34 丘の広場|西田浩二 38 フォーラムの空間|仲俊治 40 自由曲面による床スラブ|金田勝徳 42 明るく開放的な議場|久保田愛 44 環境設備計画|和田隆文 45特集:木造住宅のここが知りたい構造設計監修:大橋好光 91 総論  木造住宅の仕様規定の課題|大橋好月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 1 神奈川工科大学KAIT工房|石上純也建築設計事務所 12 曖昧な境界がつくる空間|石上純也 16 屋根を支える3つの構造要素|小西泰孝 24 ランダムな柱が屋根を支える空間の施工計画|津嶋武志 28architectural design 2 パキスタン・イスラム共和国大使館|中村研一建築研究所 30 伝統から未来へのシフト|中村研一 36 構造計画|岡村仁+萩生田秀之 42 特殊外装の品質確保と工期短縮|霜越重樹 44月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 1 モード学園 コクーンタワー|丹下都市建築設計 12 新たな丹下ISMの構築,そして父へのオマージュ|丹下憲孝 18 外装とメンテナンス,開放屋根について|高橋良典 28 素直で確実な構造を目指す|南公人 30 防災計画/高層部学校施設の避難安全|水野雅之 34 省エネルギー対策と室内環境|増田祥久+関口聡 36 見える化戦略によるものづくり|小野重記 38architectural design 2 イエノイエ|平田晃久建築設月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 1 東洋食品工業短期大学 新体育館|竹中工務店 12 面で構成される空間|久武正明 20 緩やかにつながる空間|久武正明 21 外部と連続するオープンな体育館|久武正明 22 面としての天井|久武正明 24 面によるシンプルな構造体|島野幸弘 26architectural design 2 追手門学院大学 将軍山会館|竹中工務店 28 静けさのある中庭|久武正明 32 浮かび上がる面|久武正明 38 潜在意識に働きか月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 碧南市藤井達吉現代美術館|日本設計 20 歴史・美術に触れる美術館の建設|木本文平 32 旧商工会議所の美術館へのコンバージョン|古賀大 33 美術館計画におけるデザイン・クライテリア|古賀大+大嶋彩子 36 緊張力と軸力制御による構造性能・建物機能の更新|三町直志+池田隼人 39 既存建物の制約を克服した展示空間|大嶋彩子 42 収蔵庫の熱的緩衝空間の確保|古谷政秀 44特集:RC造の耐震診断・耐震補強の基本知識監修:広沢雅也 83 月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design ナミックステクノコア|山本理顕設計工場 12 シンボリックな建築|芳井菜穂子 17 改正建築基準法との関係|土岐晃司 24 現場ブログより|芳井菜穂子 28 施工工程計画|佐藤昌弘 32 仮設計画|佐藤昌弘 34 鉄骨工事|佐藤昌弘 35 ダイナミックなフォルムを実現する構造計画|城所竜太 36 空調計画|鳥越順之 40 曲面的空間において機能を充たす照明計画|岡安泉 41 カーテンのデザイン|安東陽子 42特集:改定JASS月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design architectural design序論 環境の装飾化と金属表現|萩原剛 12 INNATUS本社ビル|竹中工務店 14 平面・断面計画|押見英和 24 外装計画|翁長元 25 構造計画|長岡博志 26 施工計画|遠藤剛 28 DUPLEX銀座タワー5/13|竹中工務店 30 平面・断面計画|押見英和 38 外装計画|翁長元 39 インテリア・サイン計画|翁長元 40 構造計画|深田昌宏 41 金属の仕上げと加工方法の移り変わり|花岡月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年5月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年5月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 広島市民球場 MAZDA Zoom Zoomスタジアム広島|仙田満+環境デザイン研究所 20 広島を元気にする球場のデザイン|仙田満 28 施設計画|佐藤哲士+上林功+成田和弘 36 構造計画|金箱温春+坂田涼太郎 40 コンクリートの調合と品質管理|仙田守 44 施工計画|古崎恵二 46特集:改正建築基準法と構造設計の実践監修:和田章 83 1.総論 世界をより住みやすいところに|和田章 84 2.構造設計者の業務環境|木原碩美 8月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌施工の合理化による工期短縮やコスト削減など,建築物の品質向上が建設現場では求められている。その要求を満足させる有効な改善手法である建設VEバリュー・エンジニアリングが日々数多く提案され,実践されている。特集では,建設VEの有効な進め方の伝授,効率的でかつ有益な改善技術を紹介するとともに,設計段階・施工段階ですぐに取り組める建設とその進め方を解説し,改正建築基準法と施工,総合評価方式と建設VEの関係を紹介する。 主 要 目 次 architectural design 芦北町地域資源活用総月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 大船渡市民文化会館・市立図書館/リアスホール│新居千秋都市建築設計 12 Regional Institution地域に活性化するある種の制度や文化を創る建築=Synergy全体的に寄与する協同・協力・合成作用│新居千秋 24 複合文化施設の設計手法│新居千秋+吉崎良一 30 Workshop│新居千秋+吉崎良一+内藤将俊 32 この空間でなければ生まれない音が響く│新居千秋+池田覺 34 照明計画│新居千秋+吉崎良一+内藤将俊 36 構造月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 座・高円寺|伊東豊雄建築設計事務所 12 小屋をつくる|東建男 18 劇場ができる高円寺|佐藤信 26 構造計画|佐々木睦朗+鈴木健 30 施工計画|長門徹郎 34 建築と設備の組合せ方法|南井克夫 37 遮音・音響計画|福地智子 38 家具デザイン|藤江和子 40 照明計画|東海林弘靖 42特集:土・地盤の学問から学ぶ建築基礎設計監修:二木幹夫 91 総論 建築構造設計に必要な土・地盤の知識|二木幹夫 92 知っておきたい土・月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 岩見沢複合駅舎|ワークヴィジョンズ 12 まちの価値を再編する試み|西村浩 22 駅の復権とJR北海道のチャレンジ|倉谷正 23 市民交流の場に生まれ変わる駅|鈴木栄基 23 市民との協働の記録−?|田村柚香里 28 市民との協働の記録−?|羽子田龍也 30 古レールを再利用したカーテンウォール|中村司+吉田祥人 32 透かし積みのレンガ壁|中村司+斎藤勝+西野隆之 34 構造計画|山田泰範 36 温熱環境計画|高橋計之 38 施工計画|田月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:山中新太郎+中田善久 建築計画や設計を専門としている山中と建築材料や施工を専門としている中田が,欧州の有名建築を見てお互いの立場を超えて話す機会があった。お互いに大学教育と実務をやってきたためか,日本のRC建築について疑問を抱いた。日本の建築は,法規制や合理化の影響により,品質,工期そして責任に振り回されている印象が強い。 この特集では,二人が欧州で触れたRC建築のコンクリート感と,日本における有名RC建築のコンクリート感を中心にデザインと技術の両面からまとめたものである。デザインと技術月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌ストック再生・活用に向けたひばりが丘団地3棟の実証試験施工が完了 ピンポイントで正確な震度が予測できる緊急地震速報システム 十字架構部が可能なフルプレキャスト工法を超高層RC造住宅に適用 携帯電話とICカードによるコンクリート打設管理システム 地盤を格子状に改良し耐震性を向上させた基礎工法 既製PRC杭を利用した平屋建合理化構法を開発 世界初,高性能鋼材を全溶接大型トラス橋梁に採用 弾性波減衰特性を利用したコンクリート非破壊診断技術 バイオ系廃棄物を短時間でエネルギーに換えられる技術の実証運月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌住宅版エコポイント制度スタート 次世代省エネ基準等級4 トップランナー制 住宅省エネラベルなど、住宅版エコポイントを利用するための仕組みを詳説!2009年4月に省エネ法が改正され,300m2以上の建築に省エネの届け出義務が,150棟以上の建売業者にトップランナー制が敷かれて,いよいよ本格的な住宅省エネ時代が幕開けしたと思われた。ところが2009年9月,鳩山首相が国連で温暖化ガスの2020年までに対1990年比25%削減を宣言したことによって,想定を超える省エネの要求が住宅業界に投げかけられた月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築を設計し施工するにあたり,守らねばならない数値が非常に多くあるが,これら一つ一つが決められた根拠には,普遍的に正しいと言えるものから,経験的に決められたものまで,いろいろある。中には,決められた当時に,はっきりとした根拠はなく,何らなの値に決めざるを得ず,委員会の議論などを経て決められたものもある。このような値は,その後の地震災害,強風による災害,長期の使用にあたって生じる損傷などの経験を積んで,修正しなければならないし,技術的な進展によって見直さなければ見直さなければならないこともある。このような変更月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 高知駅|内藤廣建築設計事務所 20 また会いたい駅|篠原修 28 百年の計|内藤廣+神林哲也 30 木と鋼によるヴォールト状の大架構|川口衞+阿蘇有士 34 大断面木造アーチ梁の建方|松原豊 37 耐火性能の検証|長谷見雄二 40 風洞実験による検証|石原猛 41 虎屋京都店・とらや一条店改装|内藤廣建築設計事務所 42 時間とともに在ること|内藤廣+蘆田暢人 51 庭園と建築をつなぐ繊細な構造|岡村仁+杉本将基 56月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 津山洋学資料館 象設計集団 ここの場所らしさのかたち 富田玲子 素材と色 小山賢哉 来館者をもてなす室内装飾を施した展示室 春井裕 共栄鍛工所 新鍛造工場 北園空間設計 熱・音・振動 三重苦の解法 北園空間設計 日本の産業を支える鍛造 齊藤沢一 防音・防振のための建築構造 金田勝徳 消音計画 千野勝利 設備計画 知久昭夫特集:初歩から学ぶ保有水平耐力計算監修:壁谷澤寿海 1.概論/いまなぜ保有水平耐力の算月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集:失敗しないための鉄筋工事のノウハウ 監修:中田善久 耐震偽装事件が発覚した以降,建築物の安全性に対する信頼が揺らいでいる。その後も,配筋ミスで施工をやり直したり,コンクリートの強度不足が見つかったりと,施工の不具合が続いた。建築物の信頼性を回復するためにも基本を押さえる必要がある。社日本建築学会建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事が改定され,今回の改定では,鉄筋工事も定着や継手の部分が大きく見直された。 本特集では,改正された事項も含めて,若手技術者および中堅月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 立川市庁舎|野沢正光・山下設計設計共同体 手を入れながら使い続けるのがサスティナブル建築は|野沢正光 誰のための市庁舎か?〜立川方式を振り返って〜|赤澤大介 建築計画|赤澤大介 環境負荷削減,省エネルギー計画|石神哲史 構造計画|城戸隆宏+古藤智之 自然科学に学ぶ施工計画|大川郁夫 避難計画|石神哲史特集:木造建築物のデザイン・構造の可能性を探る監修:大橋好光 大型木造建築物や木造の学校建築への補助制度が整備されて月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design環境との接点表現―環境の原点としての窓 文英堂 ビル 平面・断面計画/外装計画/構造計画/施工計画/施工管理 城南ビルディング 建築計画/環境振動問題を克服し執務空間を実現特集 地盤調査を活かす合理的な建築基礎設計 監 修 : 二木幹夫財団法人ベターリビング理事・つくば建築試験研究センター所長 時代を問わず建築基礎は,安全性を確保し,合理的=コストバランスのよい 設計・施工が求められている。そのためには,設計者の判断月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design one roof apartment 巨大な屋根に住むこと 構造計画東京工業大学すずかけ台キャンパスG3棟レトロフィット オリジナルデザインを尊重した耐震改修計画 耐震改修のコンセプト PCロッキング壁 耐震補強鉄骨の設計特集 知っておきたい耐震補強の実務のポイント 監 修 : 廣澤雅也工学院大学名誉教授+秋山友昭東京ソイルリサーチ 既存建築物の耐震改修が,学校などの公共施設を核に着々と進み,公営集月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌昨年の設備計画の勘所についての特集では,基本はプロジェクトに対する構造・設備設計者の早めの参画であった。しかし物事の始まりが建築設計者によるかたちのつくり出しにあることには変わりはない。はじめに頭の中から湧き出すアイディアの中に,設備・構造に関する配慮が欠けていたなら,スケッチ的なものとはいえその後の修正の域を大幅に超えてしまう。また,設備計画と建築計画の関連についても共通の認識があれば,設備計画説明の際の理解・合意が早く,設計効率が上がるには間違いない。 設計打合せの現場は,本来建築・構造・設備それぞ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:和田章 ムは,時によってわがままな一人ひとりの私のこと,ハによってこれを抑え公が形つくられ,社会や国が成り立つ。建築も個人資産であると同時に社会を構成する重要な一要素であり,文化・歴史をつくり,人びとの安全を守り安心した生活・活動を支えるものだから,勝手気ままは許されない。構造設計も含めて,建築には各種の法律が必要になる。 一方,法律とは直接関係なく,構造設計は数学や物理学などの学問,長年の技術者・研究者の努力によって積み上げられた技術の上に成り立っている。一人ひとりの技術者はゼロか月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年10月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年10月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:中田善久+大塚秀三 建築業界は,一部の人が犯したこととはいえ,昨今の耐震偽装問題をはじめとした問題が,世間が建築に対する不安を助長する結果を招いているように思える。その中で,仕様規定から性能規定に移行し,ゴールだけでなくプロセスを明らかにすることが時代的な要請として強く求められてきている。行政は,以前より建築基準法第12条第5項に基づき,工事の計画と施工の状況に関する報告を求めることで建築物の品質保証を推進してきている。 本特集号ではRCの品質管理記録作成マニュアルと題して,基本に立ち返り月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌伝統的構法による木造住宅の性能検証−設計法の考え方 監修:大橋好光 木造建築の見直しと,日本回帰の流れを受けて,伝統的構法による木造建物への関心が高まっている。しかし,伝統的構法による木造建築の設計法は,未だ整備されていない。 こうした状況を改善するために,国交省は,平成20年度から2年間,設計法を作成するための委員会を設置した。本特集は,この委員会の成果を中心に,伝統的構法を用いた木造建物の設計法の考え方・可能性をまとめたものである。architectural design えんぱ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌健康でつくる省エネ住宅監修:南雄三 日本の住宅省エネはヒートショックも結露もない健康な住まいづくりをテーマに,小さな熱で全室暖房を目標にして進められてきた。ところが断熱意識が高まらないまま省CO2時代が始まり,そこでは進まぬ断熱化に代わって,高効率設備,太陽光発電,再生エネルギーが注目されることとなった。 いま日本では景気浮揚策にのって住宅省エネ施策がガンガン打ち出され,1990年比マイナス25%をクリアするためのロードマップがつくられて,そこには省エネ基準の義務化が想定されている。とは月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建設機械2015年1月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年1月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:長周期地震動対策の建設技術 ○屋上への超大型制震装置の設置で 長周期地震動の揺れを半分に/鹿島建設?/栗野治彦 ○超高層建物の揺れを大きく低減する二重構造による連結制振構造/?大林組/西村勝尚 ○既存超高層建物の長周期地震動対策工事/大成建設?/木村雄一 ○超高層建築の揺れを抑える技術/?久米設計/依田博基・進士裕道・伊藤央・熊王皓一/戸田建設?/手塚純一・濱田聡・清水隆・太田行孝 ○クレーンの振れ止め技術/IHI運搬機械?/西川貴章 ○長周期地震動による建物被害額を評価するシステムの本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年2月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年2月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:創刊50周年記念号 建設機械のいま ○油圧ショベルの環境及び安全対応/日立建機?/飯島健 ○油圧ショベルの新たなスタンダード/コベルコ建機?/絹川秀樹 ○油圧ショベル/住友建機?/三須伸介 ○ホイールローダの技術動向と省エネ化/日立建機? /兵藤幸次 ○最近のクローラクレーンの特徴/コベルコクレーン?/東谷和己 ○最新型ラフテレーンクレーン/?加藤製作所/角皆恵司 ○港湾荷役用途クレーンにおける取組み/コベルコクレーン?/花本貴博 ○オールテレーンクレーンの紹介/?タダノ/亀山恭本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年3月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年3月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:最新の林業機械と安全1 ○高性能林業機械をめぐる動向/林野庁 /益田健太 ○労働安全衛生規則の改正/厚生労働省/磯崎勇太 ○林業機械重点製品の特長と役割/日立建機?/安武雅人 ○省力化、効率化に向けて高性能化していく林業機械/キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング?/宮澤裕次 ○レンサルティングによる林業関連機械の開発/?アクティオ/光永純一・戸張貴彦 特集:社会インフラ再建に向けて進化する光ファイバセンシング ○巻頭言:情報化施工の高度化と光ファイバセンサ/特定非営利活動法本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年4月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年4月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:最新の林業機械と安全2 ○最新林業機械の特徴と装備/コマツ/福田正男・朝倉千博 ○森林資源の循環活用に貢献する高性能林業機械/コベルコ建機?/松貴大 ○林業現場の声をカタチにした 新世代林業機械/住友建機?/高山瞬 ○最新林業機械とその安全設計/IHI建機?/幹大樹 ○再生可能エネルギー、木質資源利用の鍵/緑産?/赤松恒則 ○改正法と林業機械/イワフジ工業?/川崎智資 ○主索ウインチ付スイングヤーダの特徴と役割/?南星機械/杉山聖二 特集:狭隘地・低空頭下工事での工法と建設機械1本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年5月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年5月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:除雪機械と雪寒事業 1 ○国土交通省の除雪機械保有状況及び平成26年2月の関東地方を中心とした豪雪対応除雪機械関係について/国土交通省/林朋幸 ○除雪機械の最新情報/一社日本建設機械施工協会/梅田佳彦・甲斐賢・井口慎治・森田茂之・道上昌弘・宮廻成志・江本平 ○除雲ドーザ/目立建機?/石井隆 ○ロータリ除雪車の最新技術/?日本除雪機製作所/金児義則 ○除雪トラック、除雪グレーダ用アタッチメント/?協和機械製作所/室谷雅之 特集:狭路地・低空頭下工事での工法と建設機械 2 ○スリ本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年6月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年6月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:建設機械・建設施工の安全対策 1 ○油圧ショベルの安全技術./コマツ/田中健三 ○オペレータの周囲安全確認サポートシステム/住友建機?加藤英彦 ○高所作業車における安全対策について/?タダノ/紺谷正彦 ○道路建設機械の安全対策/酒井重工業?/扇谷雅人 ○建設施工における安全対策へのICT活用/三井住友建設?/三上博 特集:除雪機械と雪寒事業2 ○雪国の暮らしと道路の雪害対策/国土交通省/遠藤正樹 ○道路維持作業車両搭載の集中操作器の紹介/西日本高速道路?/紀平光彦 ○ゴム粒子を使本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年7月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年7月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:建設機械・建設施工の安全対策 2 ○クレーンにおける安全性と省エネの取り組み/日立住友重機械建機クレーン?/横井慎治 ○クローラクレーンの安全装置/コベルコクレーン?/石原英明 ○移動式クレーンの安全技術/?加藤製作所/近藤康博 特集:リニア新幹線を支えるトンネル工事向け工法と技術 1 ○3Dレーザースキャナ変位計測システム3Dマッチ/鹿島建設?/畝田篤志・手塚康成 ○逆解析トンネル切羽前方予測システム/佐藤工業?/黒田干歳・鈴木仁志・瀬谷正巳 ○掘削機の振動か5地山の状況を予測本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年8月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年8月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:リニア新幹線を支えるトンネル工事向け工法と技術2 ○連続SSRT/?フジタ/村山秀幸 ○中流動覆工コンクリートを打設直前に製造する技術/?熊谷組/手塚仁 ○経済的で高品質の吹付けコンクリートの施工に向けて/戸田建設?/中藤英樹・田中徹 ○均一にコンクリートを充填する打込み方法/五洋建設?/小笠原哲也・前田智之・藤原正稔 ○鋼板とRCを一体化した合成セグメントの開発/西松建設?/小林正典 ○二重回転カッター構造に関するシールド掘進実験/前田建設工業?/安光立也 ○シールドトンネルの鋼製セ本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年9月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年9月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:無人化施工と建設ロポット ○次世代社会インフラ用ロポット開発・導入について/国土交通省/中根亨 ○小型建機ロポットの無人化施工運用、活用/?ポブキヤツト/守屋健太 ○ICT建機施工を中心とした建設現場への新サービス/コマツ/四家千佳史 ○長距離遠隔操作型トンネル災害調査ロポット/清水建設?/鈴木正憲 ○電動解体ロポット/ハスクパーナ・ゼノア?/坂口敬一 ○UAV 無人飛行装置の災害調査への利用/?アスコ/楠本博・番上勝久 ○遠隔操縦用人型ロポット DOKAROBOの開発/?富士本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年10月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年10月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:パワーアシストは労働力不足の救世主になるか ○サイパニクスを駆使した人支援技術最前線/CYBERDYNE?・制筑波大学サイパニクス研究センター/山海嘉之 ○着る人工筋肉マッスルスーツ介護や物流の現場支援に/東京理科大学・?イノフィス/小林宏 ○農作業や建設作業を支えるパワーアシストスーツ/和歌山大学/八木栄一 ○動力なしで、ゴムの力を利用した軽労化スーツスマートスーツ/北海道大学/田中孝之 ○手作業を楽に楽しい作業に変えるハンドクレーン/アイコクアルファ?/池本敏久 ○受動歩行ロ本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年11月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年11月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:ここまで進んだ建設業のICT活用術 1 ○海外でのBIMの展開/一財日本建設情報総合センター/影山輝彰 ○Global BIMによる国際協業の実現/鹿島建設?矢嶋和美 ○小型建設機械BobcatによるICTを活用した土木施工/?ボブキャット/竹田有志朗・守屋健太 特集:橋梁維持嘗理技術の検証と評価 ○橋梁の近接自視を代替する飛行ロボットシステム/東北大学/岡田佳都 ○小型無人飛行船による橋梁の目視検査システム/足利工業大学/仁田佳宏・松村仁失/戸田建設?/渡壁守正 ○3DVRと本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2015年12月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2015年12月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:ここまで進んだ!建設業のICT活用術2 ○スマートBIMクラウド/?大林組/中沢英子 ○大成建設のインターネットとスマートデバイス活用/大成建設?/田辺要平 ○東京スカイツリーにおけるSIMの利用/?大林組/宮川宏 ○コマツの情報化施工建機と情報化施工の現状/コマツ/中野貴文 ○ICTを駆使した鉱山ソリユーションビジネス/日立建機?/古野義紀 ○パックホウ3Dガイダンスシステム/?レックス深津智子 ○建物ライフサイクルにおける情報マネジメント技術/前田建設工業?/曽根巨充 ○土木施工本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2016年1月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2016年1月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:建設機械レンタル業の動向と各社の製品 ○建設機械レンタル業の現状と課題/?レンタルのニッケン/隼直毅 ○センシング技術を用いた環境対策機器の紹介/?レンタルのニッケン/鮭太郎 ○メーカーレンタルならではのレンタル製品の紹介/日立建機日本?/結城昌之 ○キャタピラージャパンの建設機械レンタルの主力製品/キャタピラージャパン?/白津博志 ○小型クローラクレーンの紹介/コベルコ建機?/毛利勉・西田孝太 ○道路関連市場のレンタル向け製品とその現状/?タダノ/木村輝一 ○様々な要求から生まれた移本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2016年2月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2016年2月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:リピートオーダーのある特注仕様機 ○ユーザーの声に的確に対応する特注仕様建設機械/日立建機?/深井政和 ○高所解体や基礎解体などを1台で安全に行える特注仕様建設機械/キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング?/薮本尚士 ○締固め機械の受注生産機/酒井重工業?/後藤達也 特集:建設現場を支えるクレーン・荷役機械・高所作業車 ○ユーザー志向・現場優先の視点であらゆるニーズを実現させるクローラクレーン/ IHI建機?/尾崎雅人 ○最新型ラフテレーンクレーン/?加藤製作所/宮崎太志 本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


建設機械2016年3月1日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建設機械2016年3月1日発売号

    本、コミック » 雑誌 » サイエンス

    建設機械と機械施工の専門誌特集:砂防堰堤で使用されるさまざまな技術 ○砂防堰堤の概要/一財砂防・地すべり技術センター/嶋丈示 ○土石流・流木対策施設銅製透過型砂防堰堤/JFE建材?/山口聖勝. ○土石流・流木対策として活躍する銅製砂防堰堤/日鉄住金建材?/國領ひろし・大村佳正 ○銅製透過型砂防堰堤/?神戸製鋼所/佐伯拓也 ○KYOSEI砂防堰堤の概要と特徴/共生機構?/坂場義雄・井幡英紀 ○玉川スーパー暗渠砂防堰堤の紹介/国土交通省/山本敏 特集:駅ターミナル建設プロジェクト ○新宿駅中央盛土部高架化工本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の


ページのトップへ戻る