2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

魯迅の名言・格言

魯迅 1881‐1936 ろじん 中国の作家 思想家。

  • ★女の天性には母性と娘性とがあって、妻性はない。妻性は無理につくられたもので、母性と娘性との混合でしかない。
  • ★むかし景気のよかったものは、復古を主張し、いま景気のよいものは、現状維持を主張し、まだ景気のよくないものは、革新を主張する。
  • ★人は言う、諷刺と冷嘲とは紙一重だと。趣きがあるのと歯が浮くのともまた同様だ、と私は思う。
  • ★偉大な人物が化石になり、人々がかれを偉人と称するときが来れば、かれはすでに傀儡(かいらい)に変じているのだ。
  • ★古人は、書を読まなければ愚人になる、といった。それはむろん正しい。しかし、その愚人によってこそ世界は造られているので、賢人は絶対に世界を支えることはできない。ことに中国の賢人はそうである。
  • ★露を帯びて花を折るのであれば、色も香も無論ずっといいにちがいない。だが私にはそれは出来ないのだ。
  • ★絶望は虚妄だ、希望がそうであるように。
  • ★皇帝と大臣は(愚民政策)をとるし、人民にもまた(愚君政策)がある。
  • ★生命の路は進歩への路だ。生命は死を怖れない。死の面前でも、笑いながら、踊りながら、滅びる人間を踏み越えて前進する。
  • ★沈黙しているとき私は充実を覚える。口を開こうとするとたちまち空虚を感じる。
  • ★希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。
  • ★戦場に出るなら、軍医になるがいい。革命運動をやるなら、後方勤務がいい。人を殺すなら、首斬り役人になるがいい。英雄であって、しかも安全だ。
  • ★思い出というものは、人を楽しませるものではあるが、時には人を寂しがらせないでもない。精神の糸に、過ぎ去った寂寞の時をつないでおいたとて、何になろう。
  • ★他人の歯や眼を傷つけながら、報復に反対し、寛容を主張する、そういう人間には絶対に近づくな。
  • ★平和というものは、人間の世界には存在しない。しいて平和と呼ばれているのは、戦争の終わった直後、またはまだ戦争の始まらない時をいうにすぎない。
  • ★自己に満足しない人間の多くは、永遠に前進し、永遠に希望を持つ。
  • ★隠居することも、飯を食う道だ。かりに飯を食うことができなければ、隠れようにも隠れきれるものではない。

  • 孔子の名言・格言・つぶやき

    孔子 前551‐前479 こうし 中国、春秋時代の思想家。

  • ★われ、十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知り、六十にして耳順い、七十にして心の欲するところにしたがいて矩(のり)をこえず。
  • ★過って改めざる、これを過ちという。
  • ★信言は美ならず、美言は信ならず。
  • ★朋あり遠方より来る、また楽しからずや。
  • ★学びて然る後に足らざるを知り、教えて然る後に究めざるを知る。(孔子家語)
  • ★過ぎたるは、なお及ばざるが如し。
  • ★唯女人と小人とは、養い難いとなす。これを近づくれば、不遜なり、これを遠ざくれば則ち怨む。
  • ★学んで思わざれば則ち罔く、思って学ばざれば則ち殆し。
  • ★君子は器ならず。
  • ★君子は言を以て人を挙げず、人を以て言を廃せず。
  • ★君子は文をもって友を会し、友をもって仁をたすく。
  • ★君子は和して同ぜず、小人は同して和せず。
  • ★君子はこれを己れに求め、小人はこれを人に求む。
  • ★君子の徳は風。
  • ★利に放りて行えば、怨み多し。
  • ★父は子のために隠し、子は父のために隠す。直その中にあり。
  • ★仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れず。
  • ★人の己れを知らざるを患えず、人を知らざるを患えよ。
  • ★古の学者は己れがためにし、今の学者は人のためにす。
  • ★己れの欲せざる所は人に施すこと勿れ。
  • ★三人行けば必ず我が師あり。その善なる者を択び、之に従い、その不善なる者はこれを改む。
  • ★天下道あれば、則ち庶人議せず。
  • ★速やかならん事を欲すれば則ち達せず。
  • ★水至って清ければ則ち魚なし。人至って察なれば則ち徒なし。(孔子家語)
  • ★人に事うるを知る者にして、然る後に以て人を使うべし。
  • ★われ未だ生を知らず、いずくんぞ死を知らんや。
  • ★義を見てせざるは勇なきなり。
  • ★肉多しと雖も食の気に勝たしめず。唯酒は量なし、乱に及ばず。
  • ★貧に処するは逆境なるが故に難く、富に処するは順境なるが故に易し。
  • ★智者学者にあらず学者智者にあらず。
  • ★上知と下愚とは移らず。

  • ユゴーの名言・格言・つぶやき

    ユゴー フランスの作家 1802‐1885 代表作 レ・ミゼラブル

  • ★用心は英知の長男である。ユゴーの名言
  • ★子供の難渋は母の心を動かし、若い男の難渋は若い娘の心を動かすが、老人の難渋は誰からも顧みられないものである。ユゴーの名言
  • ★生きている者とは、闘っている者だ。心と欲が固い運命に満ちている者だ。高い運命のけわしい峰をよじ登る者だ。ユゴーの名言
  • ★幸福だけの幸福はパンばかりのようなものだ。食えはするがご馳走にはならない。無駄なもの、無用なもの、余計なもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの、それがわしは好きだ。
  • ★荒々しく毒づいた言葉は、その根拠が弱いことを示唆する。ユゴーの名言
  • ★哲学は思考の顕微鏡である。ユゴーの名言
  • ★もし新聞がなかったら、フランス革命は起こらなかっただろう。ユゴーの名言
  • ★運命は花崗岩よりも硬いが、人間の良心は運命よりも堅固である。ユゴーの名言
  • ★インスピレーションと天才とは一心同体である。ユゴーの名言
  • ★私は宗教に対しては宗教をもっている。ユゴーの名言
  • ★女は弱し、されど母は強し。ユゴーの名言
  • ★私は貴族趣味であるが、行動は民主的である。ユゴーの名言
  • ★天才は無限に突出している突起である。ユゴーの名言
  • ★海よりも雄大な光景がある。それは天だ。天よりも雄大な光景がある。それは良心だ。ユゴーの名言
  • ★学校を開く者は監獄を閉じる。ユゴーの名言
  • ★思考は理性の労働であり、空想はその愉しみである。
  • ★利己主義の混和は、いちばん美しい社会的結合を変質させ、不自然にする。ユゴーの名言
  • ★極端な無邪気さは極端な嬌態に近い。ユゴーの名言
  • ★それ自身ですべての生活を維持していく栄誉を有する者はいない。ユゴーの名言
  • ★人生最上の幸福は、愛されているという確信にある。ユゴーの名言
  • ★女を美しくするのは神であり、女を魅惑的にするのは悪魔である。ユゴーの名言
  • ★人は二つの方法によって生きる。つまり、社会に従うか、自然に従うかである。ユゴーの名言

  • シェークスピアの名言・格言・つぶやき

    シェークスピア 劇作家 英国の詩人 1564‐1616

  • ★恋人に逢いにゆく嬉しさは、勉強をやめるときの子供の嬉しさと同じだが、別れるときの悲しさは、仕方なく学校へとぼとぼと行く子供の悲しさと同じだ。
  • ★悪魔でも聖書を引くことができる。身勝手な目的にな。
  • ★君、時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなんだよ。
  • ★「これがどん底だ」などと言っていられる間は、どん底にはなっていないのだ。
  • ★人生はただ影法師の歩みだ。哀れな役者が短い待ち時間を舞台の上で派手に動いて声張り上げて、あとは誰ひとり知る者もない
  • ★女の愛は食欲に似ている。深い心の働きからでなく、口淋しいだけのことだ。満腹すれば、すぐにいやになり、吐き気を催す。
  • ★世界はすべてお芝居だ。男と女、とりどりに、すべて役者に過ぎぬのだ。
  • ★嫉妬をする人はわけがあるから疑うんじゃないんです、疑い深いから疑うんです。
  • ★絶対、喧嘩をはじめてはならね、が、いったん始めたからには、相手にこれは手強いと思い知らせてやるがいい。
  • ★僕はこういった人間を知ってるんだ、つまり、なんにも口を利かないってだけで、利口者で通ってるんだね。
  • ★友情は不変といってよいが、色と恋がからめば話は別になる。
  • ★偉人には三種ある。生まれた時から偉大な人、努力して偉人になった人、偉大な人間になることを強いられた人。
  • ★世間を欺すには世間並みの顔をしておいでにならなくては。
  • ★過ぎてかえらね不幸をくやむのは更に不幸を招く近道だ。
  • ★たいていの友情は見せかけであり、たいていの恋は愚かさでしかない。
  • ★どのくらいと言えるような愛は卑しい愛にすぎぬ。
  • ★人と人との友情は、賢者でも結ぶのが難しいのに、愚者はあっさりほどいてしまう。
  • ★嫉妬に御用心なさいまし。嫉妬は緑色の目をした怪物で、人の心を餌食にしてもてあそびます。
  • ★金を貸すのも借りるのも、まかりならね。貸せば、金と友、両方とも失い、借りれば倹約の心が鈍る。
  • ★あの人は本当は頭がいいから阿呆の真似ができるのね、上手にとぼけてみせるのは特殊な才能だわ。
  • ★快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれる優しい懐かしい看護婦だ。
  • ★蝕まれ出した愛情に限って、ことさらわざとらしい儀礼を見せはじめるのだ。
  • ★惚れきっていてしかも疑い、怪しみながらしかも愛さずにおれぬ男はなんという呪われた月日を過ごすことでしょう!
  • ★恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。

  • ドストエフスキーの名言・格言

  • ★ドストエフスキー1821‐1881ロシアの作家。文豪〜ドストエフスキー〜
  • ★トルストイとともに19世紀ロシア文学を代表。〜ドストエフスキー〜
  • ★あらゆる堕落のなかで、最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。〜ドストエフスキー〜

  • ページのトップへ戻る