カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カテゴリー

archives

広告PR

内村 鑑三 1861‐1930

0

    キリスト教思想家。無教会主義の創始者。高崎藩士の子として江戸藩邸に生まれる。札幌農学校入学後、W. S. クラークの感化で受洗。卒業後渡米してアマースト大学などに学ぶ。
    1891年第一高等中学校講師の職を教育勅語に対する不敬事件のために追われてから、1897年(万朝報)記者となり、(聖書之研究)(創刊1900年)を主宰。足尾鉱毒事件での社会正義の主張、日露戦争時の非戦論など、信仰と世界的視野に立つ愛国・正義の論陣を張った。キリスト教に関しては、既成教会が典礼・組織・神学に縛られて生命を失っていることを批判して、聖書の研究・講解を中心とする無教会運動を展開、塚本虎二、矢内原忠雄ら各界に活躍する優秀な門弟を多く育てた。
    著書(基督信徒の慰め)(1893年)、(求安録)(1893年)、(余は如何にして基督信徒となりし乎)(1895年)など。うちむらかんぞう

    非戦論

    特に日露戦争時の反戦・平和の主張をさす。1903年日露国交が緊迫化すると(万朝報)による理想団の黒岩涙香、幸徳秋水、堺利彦、内村鑑三は非戦論を展開。
    その後黒岩が主戦論に転ずると3人は退社、幸徳、堺は平民社を創立して(平民新聞)を刊行、社会主義の立場から反戦を主張。内村は(聖書之研究)により非戦を訴えた。反戦運動 ひせんろん

    • 内村 鑑三 寡婦の除夜 新字旧仮名、2000-11-02、内村鑑三全集3 1894-1896、岩波書店、1982(昭和57)年12月20日
    • 内村 鑑三 寒中の木の芽 新字旧仮名、2000-11-02、内村鑑三全集3 1894-1896、岩波書店、、
    • 内村 鑑三 後世への最大遺物 新字新仮名、1999-12-31、後世への最大遺物 デンマルク国の話、岩波文庫、岩波書店、1994(平成6)年8月6日第64刷、1994(平成6)年8月6日第64刷
    • 内村 鑑三 時事雑評二三 新字旧仮名、2000-11-02、内村鑑三全集3 1894-1896、岩波書店、、
    • 内村 鑑三 聖書の読方 来世を背景として読むべし 新字新仮名、2005-05-13、日本の名随筆 別巻100 聖書、作品社、1999(平成11)年6月25日第1刷、
    • 内村 鑑三 楽しき生涯 韻なき紀律なき一片の真情 新字旧仮名、2000-11-02、内村鑑三全集3 1894-1896、岩波書店、1982(昭和57)年12月20日、
    • 内村 鑑三 デンマルク国の話 信仰と樹木とをもって国を救いし話 新字新仮名、2000-01-07、後世への最大遺物 デンマルク国の話、岩波文庫、岩波書店、1994(平成6)年8月6日第64刷、
    • 内村 鑑三 ネルソン伝に序す 新字旧仮名、2000-11-02、内村鑑三全集3 1894-1896、岩波書店、1982(昭和57)年12月20日、
    • 内村 鑑三 問答二三 新字旧仮名、2000-11-02、内村鑑三全集3 1894-1896、岩波書店

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック