カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カテゴリー

archives

広告PR

宇野 浩二 1891‐1961

0

    小説家。本名格次郎。福岡市生れ。早大英文科中退。1919年(蔵の中)(苦の世界)を書き、饒舌(じょうぜつ)な説話体の文章で注目された。(山恋ひ)(子を貸し屋)(枯木のある風景)(思ひ川)など私小説風な作品のほか、評伝(芥川竜之介)がある。
    松川事件に際しては、広津和郎に呼応して(世にも不思議な物語)を書いた。

    松川事件

    1949年8月17日東北本線の松川〜金谷川間で起こった列車転覆事件。機関士ら乗務員3名が死亡。国鉄および東芝の労働組合員など20名が起訴された。一審、二審とも有罪。広津和郎(かずお)による裁判批判などを中心に公正判決要求運動が拡大。1959年最高裁は共同謀議の存在を疑問とし差し戻した。
    1961年仙台高裁は全員無罪と判決。1963年最高裁は検察側の上告を棄却、無罪が確定。時効となったが、真犯人は不明。関連 下山事件/関連 三鷹事件

    • 宇野 浩二 思ひ出すままに 「文藝春秋」と菊池と 新字旧仮名、2012-01-01、日本の名随筆 別巻96 大正、作品社、1999(平成11)年2月25日第1刷、1999(平成11)年2月25日第1刷
    • 宇野 浩二 質屋の小僧 新字旧仮名、2012-01-04、日本の名随筆 別巻18 質屋、作品社、1997(平成9)年5月20日第3刷、1997(平成9)年5月20日第3刷
    • 宇野 浩二 質屋の主人 新字旧仮名、2012-01-04、日本の名随筆 別巻18 質屋、作品社、1997(平成9)年5月20日第3刷、1997(平成9)年5月20日第3刷
    • 宇野 浩二 「鱧の皮 他五篇」解説 旧字旧仮名、2012-01-04、鱧の皮 他五篇、岩波文庫、岩波書店、2009(平成21)年2月19日第4刷、2009(平成21)年2月19日第4刷
    • 宇野 浩二 茂吉の一面 新字新仮名、2013-08-27、エッセイの贈りもの1、岩波書店、1999(平成11)年3月5日第1刷、1999(平成11)年4月8日第2刷

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック