カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

カテゴリー

archives

広告PR

喜田貞吉 1871‐1939

0

    歴史学者。徳島県生れ。帝大国史学科卒。1899年日本歴史地理研究会を組織し機関誌(歴史地理)を発刊。1901年文部省に入り、国定歴史教科書の編集に従ったが、1911年南北朝正閏問題で南北朝両立の記述が問題となり休職処分。この間法隆寺再建論を主張。以後京大、東北大で古代史の教鞭をとる。歴史地理学のみならず、考古学・民俗学、さらに部落問題・民族問題に関する考察も多い。きたさだきち


    喜田 貞吉 牛捨場馬捨場 賤民とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年3月30日初版 2008(平成20)年3月30日初版

    喜田 貞吉 エタ源流考 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 エタと非人と普通人 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 エタに対する圧迫の沿革 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 「エタ」名義考 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 遠州地方の足洗 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 奥羽地方のシシ踊りと鹿供養 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 奥州における御館藤原氏 喜田貞吉著作集 第九巻 蝦夷の研究 平凡社 1980(昭和55)年5月25日初版第1刷 1980(昭和55)年5月25日初版第1刷

    喜田 貞吉 オシラ神に関する二三の臆説 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 火葬と大蔵 焼屍・洗骨・散骨の風俗 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 来り人の地位と職業 平民申付候事 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 『切支丹と旧エタ』について 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 くぐつ名義考 古代社会組織の研究 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 国栖の名義 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 「ケット」と「マット」 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 国号の由来 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 サンカ者名義考 ――サンカモノは坂の者 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 時勢と道徳観念 大賊小賊・名誉の悪党 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 沙門と屠児 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 春雪の出羽路の三日 喜田貞吉著作集 第一二巻 斉東史話・紀行文 平凡社 1980(昭和55)年8月25日初版第1刷 1980(昭和55)年8月25日初版第1刷

    喜田 貞吉 周防石城山神籠石探検記 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 炭焼長者譚 系図の仮托と民族の改良 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 旃陀羅考 日蓮聖人はエタの子なりという事 賤民とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年3月30日初版 2008(平成20)年3月30日初版

    喜田 貞吉 賤民概説 賤民とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年3月30日初版 2008(平成20)年3月30日初版

    喜田 貞吉 俗法師考 差別の根源を考える 河出書房新社 2008(平成20)年9月30日初版 2008(平成20)年9月30日初版

    喜田 貞吉 長吏名称考 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 憑き物系統に関する民族的研究 その一例として飛騨の牛蒡種 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 手長と足長 土蜘蛛研究 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 道鏡皇胤論について 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 「特殊部落研究号」発行の辞 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 特殊部落ということについて まず部落としての集団的取扱いを廃せよ 賤民とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年3月30日初版 2008(平成20)年3月30日初版

    喜田 貞吉 「特殊部落」と云う名称について 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 特殊部落と細民部落・密集部落 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 特殊部落と寺院 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 特殊部落と通婚問題 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 特殊部落の言語 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 特殊部落の人口増殖 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 人身御供と人柱 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 武士を夷ということの考 喜田貞吉著作集 第九巻 蝦夷の研究 平凡社 1980(昭和55)年5月25日初版第1刷 1980(昭和55)年5月25日初版第1刷

    喜田 貞吉 編輯雑感 被差別部落とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年2月29日初版 2008(平成20)年2月29日初版

    喜田 貞吉 放免考 賤民とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年3月30日初版 2008(平成20)年3月30日初版

    喜田 貞吉 法隆寺再建非再建論の回顧 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 本州における蝦夷の末路 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 間人考 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 「日本民族」とは何ぞや 日本民族の概念を論ず 先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008(平成20)年1月30日初版 2008(平成20)年1月30日初版

    喜田 貞吉 融和促進 差別の根源を考える 河出書房新社 2008(平成20)年9月30日初版 2008(平成20)年9月30日初版

    喜田 貞吉 融和問題に関する歴史的考察 差別の根源を考える 河出書房新社 2008(平成20)年9月30日初版 2008(平成20)年9月30日初版

    喜田 貞吉 濫僧考補遺 賤民とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年3月30日初版 2008(平成20)年3月30日初版

    喜田 貞吉 濫僧考 河原者・坂の者・宿の者・非人法師 賤民とは何か 河出書房新社 2008(平成20)年3月30日初版 2008(平成20)年3月30日初版

    南北朝正閏問題

    1911年国定歴史教科書の南北朝並立の見解をめぐって起こった論争。並立説で三上参次、北朝正統で吉田東伍、南朝正統で黒板勝美らが論戦。議会では藤沢元造が政府に質問書を提出、第2次桂太郎内閣は南朝正統を閣議で決定し、並立説を採用していた教科書(尋常(じんじょう)小学日本歴史)の編者で文部省の喜田貞吉を休職処分とし教科書を改訂、南北朝の項が吉野朝にかえられた。なんぼくちょうせいじゅんもんだい


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    幕末の尊攘(そんじょう)派の志士。土佐高知藩の郷士。変名は才谷梅太郎。1853年江戸に出て千葉周作の弟に剣を学ぶ。武市瑞山らの土佐勤王党に入るが、1862年高知藩の政策にあきたらず脱藩し、勝海舟の門に入り神戸海軍操練所の設立に努力した。しかし文久3年8月18日の政
    • 文筆家ライターの日記
    • 2016/03/01 1:59 PM