カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

カテゴリー

archives

広告PR

ジェファーソントマス 1743‐1826 アメリカ独立宣言

0

    米国の政治家。第3代大統領(1801年―1809年)。1775年大陸会議に参加、アメリカ独立宣言の起草者のひとり。バージニア州知事、駐仏公使をへて、1790年―1793年ワシントンの下で初代国務長官を務め、リパブリカン党(民主党の前身)を組織しジョン・アダムズのもとで副大統領(1797年―1800年)、次いで大統領となった。1803年のルイジアナ購入、教育振興などの功績を残した。政界引退後は大衆教育に努め、バージニア大学を創設し(1825年)、アメリカ民主主義の父と呼ばれている。著書(バージニア覚書)(1785年)以外にも約5万通の書簡を残した。

    アメリカ独立革命に際し、大陸会議が1776年7月4日(米国ではこの日を独立記念日として祝う)採択した宣言。T. ジェファソン、J. アダムズ、B. フランクリンが起草。自然権思想、政府契約説に基づき革命権を主張。ロックの思想の影響がある。〈すべての人は平等につくられ〉という部分が特に有名。合衆国憲法とともにアメリカン・デモクラシーの理念を示す重要文献。

    ジェファーソントマス アメリカ独立宣言 翻訳の思想 日本近代思想大系15 岩波書店 1991(平成3)年9月30日第1刷

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック