カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

カテゴリー

archives

広告PR

末弘厳太郎 1888‐1951

0

    民法・労働法学者。山口県出身。1914年以降東大で民法を講じたが,第2次大戦後大学を辞し,中央労働委員会の初代会長として労働争議解決に尽力。大正中期まで支配していたドイツ流の条文中心の法解釈学を批判し,社会生活の中の〈生ける法〉を重視しなければならないと説き,本格的な判例研究や法社会学の発展に貢献した。主著《物権法》《労働法研究》《民法雑記帳》《嘘の効用》。すえひろいずたろう
    末弘 厳太郎 新たに法学部に入学された諸君へ 役人学三則 岩波現代文庫、岩波書店 2000(平成12)年2月16日第1刷 2001(平成13)年1月10日第4刷


    末弘 厳太郎 嘘の効用 役人学三則 岩波現代文庫、岩波書店 2000(平成12)年2月16日第1刷 2000(平成12)年4月7日第3刷

    末弘 厳太郎 小知恵にとらわれた現代の法律学 役人学三則 岩波現代文庫、岩波書店 2000(平成12)年2月16日第1刷 2001(平成13)年1月10日第4刷

    末弘 厳太郎 法学とは何か ――特に入門者のために 役人学三則 岩波現代文庫、岩波書店 2000(平成12)年2月16日第1刷 2001(平成13)年1月10日第4刷

    末弘 厳太郎 役人学三則 役人学三則 岩波現代文庫、岩波書店 2000(平成12)年2月16日第1刷 2001(平成13)年1月10日第4刷

    末弘 厳太郎 役人の頭 役人学三則 岩波現代文庫、岩波書店 2000(平成12)年2月16日第1刷 2001(平成13)年1月10日第4刷

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック