カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カテゴリー

archives

広告PR

MJ無線と実験BackNumbers-2

0

    MJ無線と実験2013年9月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2013年9月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:KT88/6550ビーム4極管アンプの競作●余裕ある出力32Wと高音質を両立したモノーラル構成6550プッシュプルモノーラルパワーアンプ 松並希活●3段増幅で高ゲイン,17dBのNFBで高DFを獲得UL接続,固定バイアスにより大出力55WKT88プッシュプルパワーアンプ 佐藤進●タムラトランスを使い,UL接続で出力11WKT88シングルパワーアンプ 岩村保雄●音の切れを求めたビーム管接続で最大出力12+12W力強い中低域が特徴のKT88シングルパワーアンプ 1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2013年10月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2013年10月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集『新たなデジタルオーディオ再生の提案 ネットワークオーディオの構築』●ネットワークオーディオとは何か 角田郁雄●最新ネットワークオーディオプレーヤーの試聴 角田郁雄マランツ NA-11S1PSオーディオ Prefect Wave DAC-MK2スフォルツァート DSP-03リン KLIMAX DS/K●ネットワークオーディオの音質を左右するLANケーブルとLANアクセサリーの試聴アコースティックリヴァイヴ製品を例に 小林貢,井上千岳オリジナル・サウンド1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2013年11月9日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2013年11月9日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌詳細メインコメント特集 システムで揃える自作オーディオコンポ●低コストで広帯域な再生を目指すフォステクスP1000Kフルレンジスピーカーシステム 小澤隆久●10cm小型スピーカー用英国型トーンコントロール付き7868シングルパワーアンプ 征矢進●ヘッドフォン直結駆動、AC/DC電源の切り換え使用可能高音質ICヘッドフォンアンプ 安井章●ラトックシステムの完成基板を使い,電源部を強化したハイレゾ音源対応USB D/Aコンバーター 末永昭二イベン1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2013年12月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2013年12月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2013●第32回MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2013年度52機種を選出●第32回MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー選考基準および寸評と得点オリジナル・サウンドシステムの製作●3段増幅のハイゲイン回路構成でオーバーオール多量負帰還に対応KT66プッシュプルパワーアンプ佐藤 進●DCアンプシリーズ No.229純電流モード動作アナログ部,電流入力ヘッドフォンIVC,ニッケル水素電池8本で駆動モバイル型多1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年1月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年1月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:最新ヘッドフォン&ヘッドフォンアンプ この秋に発表された最新のヘッドフォンと、真空管&半導体ヘッドフォンアンプをレポートします。また製作記事でも、長島勝氏のRC5Bシングル&RC5Bヘッドフォンアンプを掲載。その他、征矢進氏の2A3シングルパワーアンプ、金田明彦氏の音楽用SiC MOS-FET採用ハイブリッドパワーIVC、落合萠氏のFETパワーアンプ、新・スピーカー技術の100年史など、盛りだくさんの内容です。【最新ヘッドフォンアンプ&ヘッドフォン試聴レポート】ヘッドフォン1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年2月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年2月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集;キットで作る真空管アンプの愉しみ●トライオード300BシングルプリメインアンプキットTRK-300の製作/林 正儀●カインEL84プッシュプルアンプキットMT-12 の製作/栗原信義●サンハヤトEL84シングルステレオパワーアンプキットFA-50の製作/澤公一●MJキットガイドリンクマンオーディオ プリメインアンプLV-2.0 BASICキット【オリジナル・サウンドシステムの製作】●染谷電子の新OPT採用,出力4.7W6BM8 3極管1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年3月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年3月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 AC電源とアースにまつわるノイズ対策●テクニカルブレーン TB-1000 ノイズカットトランス●ボルトアンペア GPC-TQ ステップアップトランス内蔵ノイズフィルター●コージョーテクノロジー Aray6 MKII クリーン電源装置製品試聴:小林貢,井上千岳●スタックスのヘッドフォンにおける電源由来のハムノイズと対策/栗原信義●コモンモードチョークコイルの活用と,スピーカーフレームのアーシング/豊川勝士●高周波ノイズ対策で音質向上/安井 章【オリジナル・サウンドシス1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年4月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年4月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:MJ無線と実験創刊90年のあゆみ ●創刊90周年記念ご愛読感謝特大モニタープレゼント●表紙で見る無線と実験90年のあゆみとオーディオの変遷●特別寄稿MJ90周年に寄せて私とMJ/柴崎 功MJから受けたオーディオの刺激/小林 貢MJ無線と実験創刊90周年を祝う/佐伯多門MJと私のオーディオルーム研究/石井伸一郎オーディオは科学の戦い/安井 章アンプバトル/金田明彦町の本屋とMJと/落合 萠所感MJ/佐久間 駿趣味は広く,そして浅く/松並希活MJ誌1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年5月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年5月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:真空管オーディオで聴くハイレゾ音源●ハイレゾ音源を聴いてみよう 柴崎 功/小澤隆久5月号付録「MJオーディオテクニカルディスク」Vol.7を聴いて/ハイレゾで広がる音楽表現●トライオード TRV-DAC1.0SE+46シングルA2級パワーアンプ●ティアック UD-301+ヤーランド TJ66/34-P●ラトックシステムの基板キットによるハイレゾ再生 河合 一【オリジナル・サウンドシステムの製作】●湾曲点切り換えトーンコントロール付き5814Aプリアンプ/征矢 1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年6月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年6月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:アナログ再生機器&アナログ再生システムレポート特集1 最新プレーヤー4機種を聴く●ラックスマン PD-171Aベルトドライブ方式ターンテーブル,S字アーム搭載アナログプレーヤー●クリアオーディオ Innovation Compact +TT3光学サーボ制御ベルトドライブターンテーブル,リニアトラッキングアーム搭載アナログプレーヤー●トランスローター Avorio 25/60ベルドドライブ方式アルミターンテーブル,S字アーム搭載アナログプレーヤー●プロジェクト 1-1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年7月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年7月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 この夏楽しめる! オーディオキット製作&製品レポート8月号の特集は,2A3シングルパワーアンプ,バックロード型フルレンジスピーカーなどのキット製品を筆者が製作し,また,真空管式EQ+ラインアンプ,KT120シングルアンプ,2A3シングルパワーアンプなどの最新キットを詳細にレポートています.また製作記事は長島勝氏のEL91シングルアンプをはじめ,佐久間駿氏の300B+50 2チャンネルアンプ,金田明彦氏の300BシングルパワーIVCなどを掲載しています.●春日無線変圧器 KA-21924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年8月9日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年8月9日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集1:カラー実体配線図付き 予算5万円台で楽しむ 真空管オーディオアンプ●全段直結2段増幅の4DC方式で最大出力3W2E24シングルパワーアンプ/征矢 進●染谷電子の出力トランスA76-8K48P採用,出力10.5W無帰還アンプEL34 3結プッシュプルパワーアンプ/岩村保雄●安価な真空管を有効利用して総額5万円以下を実現6080シングルステレオパワーアンプ/長島 勝特集2:内外小型パワード 2ウエイモニタースピーカー 最新モデル5機種の試聴/解説と試聴:半澤公一/試1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年9月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年9月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:ハイパワー真空管アンプの競作●ムラード型位相反転,SRPP回路で強力にドライブEL34プッシュプル45Wパワーアンプ/佐藤 進●UL接続,AB級動作で大出力を確保したKT120プッシュプル50Wパワーアンプ/岩村保雄●カソードNFBのみの4DC方式,AB級動作36LW6プッシュプル50Wモノーラルパワーアンプ/征矢 進●入手が容易な真空管を使ってコンパクトにまとめた6JA5プッシュプル35Wパワーアンプ/長島 勝【音楽/音響空間/プロオーディオ】●『改訂1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年10月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年10月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集自作&メンテナンス オーディオ機器のトラブルシューティング●局部発振とフォノイコライザーアンプの誘導ハム/佐藤 進●誤配線・ノイズ・パーツ不良/征矢 進●真空管パワーアンプのノイズの原因特定と対策/内田 満●オーディオシステムのノイズと歪みの解決法/黒澤直登●真空管アンプのトラブルを招かないためにできること/柳沢正史オリジナル・サウンドシステムの製作●WE 350B相当管を使用した,出力9.3WWE 367Aプッシュプルパワーアンプ/松並希活●DCアンプシリー1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年11月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年11月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:2014秋のオーディオショウレポート●出展社も増え,さまざまなイベントもにぎわいを見せた第20回真空管オーディオ・フェア●ハイレゾ音源をハイエンド機器で楽しむ第32回 2014東京インターナショナルオーディオショウ●今年も金田明彦氏がロームSiC MOS-FETオーディオアンプを披露シーテック・ジャパン2014レポート【オリジナル・サウンドシステムの製作】●失われた音を求めて,直熱管アンプ放浪記DA-30+WE300Bブレンド フォノEQアンプ/佐久間 1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2014年12月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2014年12月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 発表!! MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2014第33回MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2014年度56機種を選出●第33回MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー選考基準および寸評と得点イベントレポート●ますます進むハイレゾ化とユニークな新製品オーディオ・ホームシアター展2014●新会場での新たな出発ハイエンドショウトウキョウ2014●8000人が参加! さらに規模を拡大したヘッドフォン祭2014MJ創刊90周年特別付録自作オーディ1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年1月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年1月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 真空管&半導体プリアンプの製作●MCカートリッジとテープヘッド出力をトーンコントロール回路で補正テープ再生イコライザーアンプ/征矢 進●マグノーバル管を3極管接続で使用したクラーフ結合WE418A単段ラインアンプ/岩村保雄●簡易LパッドATT採用,ディスクリート無帰還アンプ構成高性能コントロールアンプの設計・製作(設計編)/安井 章●DCアンプシリーズNo.236電流伝送方式プリアンプとD/Aコンバーターを統合,SiC電源採用5極管アナログ&デジタル再生シ1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年2月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年2月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 アナログ再生機器の研究●カートリッジ2種,プレーヤー3種を聴く 小林 貢,井上千岳マイソニック Signature Gold 超低インピーダンス型MCカートリッジDSオーディオ DS-W1 光電式カートリッジ+専用イコライザーサウンドベース555 P-15 糸ドライブ砲金ターンテーブル採用アナログプレーヤースペック GMP-70 糸ドライブ砲金ターンテーブルプロジェクト 1-Xpression Carbon ベルトドライブ方式アナログプレーヤー●金田明彦氏製作1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年3月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年3月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 アナログ再生機器の研究特集 最新ヘッドフォン&ヘッドフォンオーディオ●「見て」「触って」「聴く」自由な空間ポータブルオーディオフェスティバル2014 in 秋葉原●ヘッドフォン6機種,ヘッドフォンアンプ3機種を聴く/半澤公一オーディオテクニカ ATH-MSR7ソニー MDR-Z7ウルトラゾーン Performance880ベイヤーダイナミック T1ADL H128フォステクス TH500RP春日無線変圧器 KA-10HPAオーディオデザ1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年4月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年4月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 「クラフトオーディオを始めよう!」●最大出力4Wでヘッドフォン出力付き6BQ5シングルパワーアンプ●カソードフォロワードライブで出力5Wを得た2A3シングルパワーアンプ/長島 勝●真空管アンプを使ったシステムにも対応作りやすいフルレンジスピーカー/小澤隆久●既成の孔あきケースを使って手軽に作るデジットのポータブルヘッドフォンアンプキット/末永昭二特別付録 オーディオ接点クリーナー●音質の変化を実感付録の便利な使い方とその効果 小林貢/征矢進/佐1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年5月9日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年5月9日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 「ハイレゾ音源再生テクニック」その特質,入手から再生方法まで●音楽ダウンロード・配信サイトLinn Records/mora/e-onkyo music/ビクタースタジオHD-Music./クリプトンHQMストア●マイテック MANHATTAN USB接続D/Aコンバーター●テクニクス ST-C700 ネットワークオーディオプレーヤー●マランツ NA-6005 ネットワークオーディオプレーヤー●DELA HA-N1 AH20 デジタルミュージックライブラリー●ソニー HAP1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年6月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年6月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集:オーディオ再生音質向上のヒント7月号の特集はオーディオ機器の自作だけでなく,メンテナンス,調整,パーツ交換やオーディオアクセサリーに至るまで,音質向上のためのヒントを特集.製作記事は征矢進氏のVT52シングルパワーアンプ,長島勝氏の6GZ5プッシュプルアンプ,安井章氏のシンプル4石構成高音質MOS-FETパワーアンプ,金田明彦氏の404A単管ドライブスーパーハイブリッドパワーIVCなどを掲載しています.目次:特集 オーディオ再生音質向上のヒント●抵抗とコンデンサーで音質をチューニ1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年7月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年7月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 キットから始めるオーディオアンプの製作●プリント基板を使わないオール手配線の本格派サウンドベース AK-15EL34プッシュプルパワーアンプキット 編集部●オプションパーツで完全DCアンプ構成にOTOMATSU SP-100MOS-FET半導体パワーアンプキット 小澤隆久●デスクトップで寄せ木細工ケースを作るワンダーピュアWP-ECL82AMPECL82(6BM8)シングルパワーアンプ基板キット 末永昭二●MJキットガイド No.113サンバレ1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年8月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年8月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 LP再生を多面的に追求 アナログオーディオ最前線●ゾノトーン 高純度銅アームケーブル/井上千岳,小林 貢●タチェット バックワード再生LP/井上千岳●名演奏の復刻を楽しむ クラシックLP/平林直哉●オリジナル盤に迫る音質の復刻 ジャズLP/今井正弘●アナログでしか表現できない音がある ロック,ポップスLP/森田義信●アイコール 自動アームリフター/小林 貢●ベルドリーム 超音波レコード洗浄機●日本コロムビアのLPマスタリング室●ウエストレックスのカッターヘッド 1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年9月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年9月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集1 大出力真空管シングルアンプの競作●SRPPドライブと固定バイアスを採用した6550シングル18Wパワーアンプ/佐藤 進●モノーラル構成,無帰還でも低歪率300Bパラシングル15Wモノーラルパワーアンプ/岩村保雄●全段直結4DC方式で低歪率を実現803シングル25Wモノーラルパワーアンプ/征矢 進●B電圧を抑えたA2級動作211シングル20Wモノーラルパワーアンプ/長島 勝特集2 オーディオ機器のエネルギー源の質を左右するAC電源機器の試聴/試聴:小林 貢,1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年10月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年10月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集 予算2万円で楽しむオーディオグレードアップ●ディスクリートで作るDACなどの平衡-非平衡出力変換アンプ/安井 章●回路変更による音質向上/柳沢正史●3極管接続EL34プッシュプルアンプのバージョンアップ/岩村保雄●超小型,高性能イコライザーで音圧-周波数特性を揃える/新井悠一●ステレオ4系統を切り換えるスピーカーセレクター/ 小澤隆久●制振素材でオーディオ機器をファインチューニング/ 小林 貢●必要最小限の長さの電源ケーブルを自作する/井上千岳【オリジナル・サウンド1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年11月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年11月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌特集1 秋のオーディオショウレポート●本物の真空管サウンドに浸る2日間第21回真空管オーディオ・フェア●内外のハイエンドオーディオに触れる3日間2015東京インターナショナルオーディオショウ特集2 超ローコストなオーディオアップグレードアイデア●ネットワークをエンクロージャーの外へ/征矢 進●シールテープによる音質改善/長島 勝●電源インジケーターLEDを好みの発光色に/岩村保雄●制振クリップを用いた信号ケーブルの音質改善/柴崎 功【オリジナル・サウンドシステ1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2015年12月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2015年12月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌【特集】●発表!! MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2015第34回MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2015年度59機種を選出●第34回MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー選考基準および寸評と得点【オーディオイベントレポート】●豊富な体験型のイベントと注目の新技術オーディオ・ホームシアター展2015●「聴かせる」がコンセプトの新しい展示会TOKYO AUDIO BASE 2015●さらに規模を拡大し,総合展示会色を強める秋のヘッドフォン祭20151924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2016年1月9日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2016年1月9日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌【特集】●いよいよ開催!! MJオーディオフェスティバルMJ初の読者参加型大試聴会の楽しみ方【オリジナル・サウンドシステムの製作】●失われた音を求めて,直熱管アンプ放浪記845シングル,211シングルコンパチブルアンプ/佐久間 駿●真空管16本使用,B級双3極管をGGS回路で構成UZ-79パラレルプッシュプルパワーアンプ/征矢 進●3極管接続をUL接続に変更して出力を28WにパワーアップKT150シングルモノーラルパワーアンプ/岩村保雄●UL接続,B級1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    MJ無線と実験2016年2月10日発売号

    • MJ無線と実験 MJ無線と実験2016年2月10日発売号

      本、コミック » 雑誌 » 趣味

      自作派を中心とした高級オーディオの専門誌【特集】●聴感と実測データでその素性に迫る 小型2ウエイスピーカー9機種の試聴と測定試聴:小林貢,井上千岳 測定:新井悠一ロジャース LS3/5a,エラック Debut B5,スキャンソニック MB-1,フォステクス G1001MG,ミッション SX-2,ダリ OPTICON2,ディナウディオ Emit M10,モニターオーディオ Gold100,B&W 805D●測定方法と試聴ソフト【MJイベントレポート】●過去最多の996社,・団体が1780小間に出展 Int1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック