2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

建築技術2008年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design モード学園スパイラルタワーズ|日建設計 12 名古屋に新たなスカイラインをつくる|若林亮+右高博之 22 明快な架構計画,形態に適した制振システム|山脇克彦 28 多面体のトライアングルフレームユニット|右高博之 32 シンボル性を意識した環境・設備計画|菱田誠+横井繁明 34 カーテンウォールユニットの施工|杉本直樹+八鍬孝志+相原仁史 36 ねじれた形態の施工|山田真人+横山和幸+中川徹+横山伴師+平田昌美 38特集:総合図でクレーム月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 十和田市現代美術館|西沢立衛建築設計事務所 12 Arts Towada−アートによるまちづくり|長田哲征 28 十和田市現代美術館の設計思想|西沢立衛 29 やわらかい外観のディテール|高橋一平 32 美術空間のための環境計画|高橋一平 34 微小な鉄骨部材により構成された箱|犬飼基史 36 工程検討が鍵を握った16棟の施工|小山田勉 38特集:第三者が検証可能なRC構造体の品質・性能評価方法監修:湯浅昇 91 1.総論序論月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年8月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年8月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー OBELISK|大成建設一級建築士事務所 12 デザインコンセプト|芝山哲也 22 施設構成/進化した予備校のかたち|井内雅子 26 フレキシビリティとメンテナンスフリー|井内雅子+堀雄二 29 ファサードデザイン|輿石秀人 30 メガストラクチャー+免震システム|細澤治+篠崎洋三+藤山淳司 32 特別避難階段およびエレベータシャフトの熱負荷対策|上田泰史 36 スーパーウォール構造システムを中心とした施工|月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design Column 美しい建築,鮮やかな建築|高田典夫 12 S2/ベルヴィラージュ尾久デュエトーレ|高田典夫+アトリエテン 16 街の顔をつくり出す二つの塔|高田典夫 24 Column 建築に対する執念|徐光 28 中央耐震コアのツインタワー|徐光+安藤耕作+照井健二 29 M5|高田典夫+アトリエテン 32 空中に浮いた二つのボックス|高田典夫 34 版と版で構成した空間|徐光+安藤耕作+照井健二 42特集:建築基礎構造設計・施工の月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 福生市庁舎|山本理顕設計工場 12 合理性に裏打ちされた市庁舎|仲俊治 16 タワー棟のデザイン|岩澤浩一 32 無柱空間を生み出すチューブ構造|金田勝徳 34 丘の広場|西田浩二 38 フォーラムの空間|仲俊治 40 自由曲面による床スラブ|金田勝徳 42 明るく開放的な議場|久保田愛 44 環境設備計画|和田隆文 45特集:木造住宅のここが知りたい構造設計監修:大橋好光 91 総論  木造住宅の仕様規定の課題|大橋好月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 1 神奈川工科大学KAIT工房|石上純也建築設計事務所 12 曖昧な境界がつくる空間|石上純也 16 屋根を支える3つの構造要素|小西泰孝 24 ランダムな柱が屋根を支える空間の施工計画|津嶋武志 28architectural design 2 パキスタン・イスラム共和国大使館|中村研一建築研究所 30 伝統から未来へのシフト|中村研一 36 構造計画|岡村仁+萩生田秀之 42 特殊外装の品質確保と工期短縮|霜越重樹 44月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2008年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2008年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 1 モード学園 コクーンタワー|丹下都市建築設計 12 新たな丹下ISMの構築,そして父へのオマージュ|丹下憲孝 18 外装とメンテナンス,開放屋根について|高橋良典 28 素直で確実な構造を目指す|南公人 30 防災計画/高層部学校施設の避難安全|水野雅之 34 省エネルギー対策と室内環境|増田祥久+関口聡 36 見える化戦略によるものづくり|小野重記 38architectural design 2 イエノイエ|平田晃久建築設月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 1 東洋食品工業短期大学 新体育館|竹中工務店 12 面で構成される空間|久武正明 20 緩やかにつながる空間|久武正明 21 外部と連続するオープンな体育館|久武正明 22 面としての天井|久武正明 24 面によるシンプルな構造体|島野幸弘 26architectural design 2 追手門学院大学 将軍山会館|竹中工務店 28 静けさのある中庭|久武正明 32 浮かび上がる面|久武正明 38 潜在意識に働きか月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 碧南市藤井達吉現代美術館|日本設計 20 歴史・美術に触れる美術館の建設|木本文平 32 旧商工会議所の美術館へのコンバージョン|古賀大 33 美術館計画におけるデザイン・クライテリア|古賀大+大嶋彩子 36 緊張力と軸力制御による構造性能・建物機能の更新|三町直志+池田隼人 39 既存建物の制約を克服した展示空間|大嶋彩子 42 収蔵庫の熱的緩衝空間の確保|古谷政秀 44特集:RC造の耐震診断・耐震補強の基本知識監修:広沢雅也 83 月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design ナミックステクノコア|山本理顕設計工場 12 シンボリックな建築|芳井菜穂子 17 改正建築基準法との関係|土岐晃司 24 現場ブログより|芳井菜穂子 28 施工工程計画|佐藤昌弘 32 仮設計画|佐藤昌弘 34 鉄骨工事|佐藤昌弘 35 ダイナミックなフォルムを実現する構造計画|城所竜太 36 空調計画|鳥越順之 40 曲面的空間において機能を充たす照明計画|岡安泉 41 カーテンのデザイン|安東陽子 42特集:改定JASS月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design architectural design序論 環境の装飾化と金属表現|萩原剛 12 INNATUS本社ビル|竹中工務店 14 平面・断面計画|押見英和 24 外装計画|翁長元 25 構造計画|長岡博志 26 施工計画|遠藤剛 28 DUPLEX銀座タワー5/13|竹中工務店 30 平面・断面計画|押見英和 38 外装計画|翁長元 39 インテリア・サイン計画|翁長元 40 構造計画|深田昌宏 41 金属の仕上げと加工方法の移り変わり|花岡月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年5月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年5月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 広島市民球場 MAZDA Zoom Zoomスタジアム広島|仙田満+環境デザイン研究所 20 広島を元気にする球場のデザイン|仙田満 28 施設計画|佐藤哲士+上林功+成田和弘 36 構造計画|金箱温春+坂田涼太郎 40 コンクリートの調合と品質管理|仙田守 44 施工計画|古崎恵二 46特集:改正建築基準法と構造設計の実践監修:和田章 83 1.総論 世界をより住みやすいところに|和田章 84 2.構造設計者の業務環境|木原碩美 8月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌施工の合理化による工期短縮やコスト削減など,建築物の品質向上が建設現場では求められている。その要求を満足させる有効な改善手法である建設VEバリュー・エンジニアリングが日々数多く提案され,実践されている。特集では,建設VEの有効な進め方の伝授,効率的でかつ有益な改善技術を紹介するとともに,設計段階・施工段階ですぐに取り組める建設とその進め方を解説し,改正建築基準法と施工,総合評価方式と建設VEの関係を紹介する。 主 要 目 次 architectural design 芦北町地域資源活用総月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 大船渡市民文化会館・市立図書館/リアスホール│新居千秋都市建築設計 12 Regional Institution地域に活性化するある種の制度や文化を創る建築=Synergy全体的に寄与する協同・協力・合成作用│新居千秋 24 複合文化施設の設計手法│新居千秋+吉崎良一 30 Workshop│新居千秋+吉崎良一+内藤将俊 32 この空間でなければ生まれない音が響く│新居千秋+池田覺 34 照明計画│新居千秋+吉崎良一+内藤将俊 36 構造月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 座・高円寺|伊東豊雄建築設計事務所 12 小屋をつくる|東建男 18 劇場ができる高円寺|佐藤信 26 構造計画|佐々木睦朗+鈴木健 30 施工計画|長門徹郎 34 建築と設備の組合せ方法|南井克夫 37 遮音・音響計画|福地智子 38 家具デザイン|藤江和子 40 照明計画|東海林弘靖 42特集:土・地盤の学問から学ぶ建築基礎設計監修:二木幹夫 91 総論 建築構造設計に必要な土・地盤の知識|二木幹夫 92 知っておきたい土・月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 岩見沢複合駅舎|ワークヴィジョンズ 12 まちの価値を再編する試み|西村浩 22 駅の復権とJR北海道のチャレンジ|倉谷正 23 市民交流の場に生まれ変わる駅|鈴木栄基 23 市民との協働の記録−?|田村柚香里 28 市民との協働の記録−?|羽子田龍也 30 古レールを再利用したカーテンウォール|中村司+吉田祥人 32 透かし積みのレンガ壁|中村司+斎藤勝+西野隆之 34 構造計画|山田泰範 36 温熱環境計画|高橋計之 38 施工計画|田月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:山中新太郎+中田善久 建築計画や設計を専門としている山中と建築材料や施工を専門としている中田が,欧州の有名建築を見てお互いの立場を超えて話す機会があった。お互いに大学教育と実務をやってきたためか,日本のRC建築について疑問を抱いた。日本の建築は,法規制や合理化の影響により,品質,工期そして責任に振り回されている印象が強い。 この特集では,二人が欧州で触れたRC建築のコンクリート感と,日本における有名RC建築のコンクリート感を中心にデザインと技術の両面からまとめたものである。デザインと技術月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌ストック再生・活用に向けたひばりが丘団地3棟の実証試験施工が完了 ピンポイントで正確な震度が予測できる緊急地震速報システム 十字架構部が可能なフルプレキャスト工法を超高層RC造住宅に適用 携帯電話とICカードによるコンクリート打設管理システム 地盤を格子状に改良し耐震性を向上させた基礎工法 既製PRC杭を利用した平屋建合理化構法を開発 世界初,高性能鋼材を全溶接大型トラス橋梁に採用 弾性波減衰特性を利用したコンクリート非破壊診断技術 バイオ系廃棄物を短時間でエネルギーに換えられる技術の実証運月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2009年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2009年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌住宅版エコポイント制度スタート 次世代省エネ基準等級4 トップランナー制 住宅省エネラベルなど、住宅版エコポイントを利用するための仕組みを詳説!2009年4月に省エネ法が改正され,300m2以上の建築に省エネの届け出義務が,150棟以上の建売業者にトップランナー制が敷かれて,いよいよ本格的な住宅省エネ時代が幕開けしたと思われた。ところが2009年9月,鳩山首相が国連で温暖化ガスの2020年までに対1990年比25%削減を宣言したことによって,想定を超える省エネの要求が住宅業界に投げかけられた月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築を設計し施工するにあたり,守らねばならない数値が非常に多くあるが,これら一つ一つが決められた根拠には,普遍的に正しいと言えるものから,経験的に決められたものまで,いろいろある。中には,決められた当時に,はっきりとした根拠はなく,何らなの値に決めざるを得ず,委員会の議論などを経て決められたものもある。このような値は,その後の地震災害,強風による災害,長期の使用にあたって生じる損傷などの経験を積んで,修正しなければならないし,技術的な進展によって見直さなければ見直さなければならないこともある。このような変更月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 高知駅|内藤廣建築設計事務所 20 また会いたい駅|篠原修 28 百年の計|内藤廣+神林哲也 30 木と鋼によるヴォールト状の大架構|川口衞+阿蘇有士 34 大断面木造アーチ梁の建方|松原豊 37 耐火性能の検証|長谷見雄二 40 風洞実験による検証|石原猛 41 虎屋京都店・とらや一条店改装|内藤廣建築設計事務所 42 時間とともに在ること|内藤廣+蘆田暢人 51 庭園と建築をつなぐ繊細な構造|岡村仁+杉本将基 56月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 津山洋学資料館 象設計集団 ここの場所らしさのかたち 富田玲子 素材と色 小山賢哉 来館者をもてなす室内装飾を施した展示室 春井裕 共栄鍛工所 新鍛造工場 北園空間設計 熱・音・振動 三重苦の解法 北園空間設計 日本の産業を支える鍛造 齊藤沢一 防音・防振のための建築構造 金田勝徳 消音計画 千野勝利 設備計画 知久昭夫特集:初歩から学ぶ保有水平耐力計算監修:壁谷澤寿海 1.概論/いまなぜ保有水平耐力の算月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集:失敗しないための鉄筋工事のノウハウ 監修:中田善久 耐震偽装事件が発覚した以降,建築物の安全性に対する信頼が揺らいでいる。その後も,配筋ミスで施工をやり直したり,コンクリートの強度不足が見つかったりと,施工の不具合が続いた。建築物の信頼性を回復するためにも基本を押さえる必要がある。社日本建築学会建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事が改定され,今回の改定では,鉄筋工事も定着や継手の部分が大きく見直された。 本特集では,改正された事項も含めて,若手技術者および中堅月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design 立川市庁舎|野沢正光・山下設計設計共同体 手を入れながら使い続けるのがサスティナブル建築は|野沢正光 誰のための市庁舎か?〜立川方式を振り返って〜|赤澤大介 建築計画|赤澤大介 環境負荷削減,省エネルギー計画|石神哲史 構造計画|城戸隆宏+古藤智之 自然科学に学ぶ施工計画|大川郁夫 避難計画|石神哲史特集:木造建築物のデザイン・構造の可能性を探る監修:大橋好光 大型木造建築物や木造の学校建築への補助制度が整備されて月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design環境との接点表現―環境の原点としての窓 文英堂 ビル 平面・断面計画/外装計画/構造計画/施工計画/施工管理 城南ビルディング 建築計画/環境振動問題を克服し執務空間を実現特集 地盤調査を活かす合理的な建築基礎設計 監 修 : 二木幹夫財団法人ベターリビング理事・つくば建築試験研究センター所長 時代を問わず建築基礎は,安全性を確保し,合理的=コストバランスのよい 設計・施工が求められている。そのためには,設計者の判断月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design one roof apartment 巨大な屋根に住むこと 構造計画東京工業大学すずかけ台キャンパスG3棟レトロフィット オリジナルデザインを尊重した耐震改修計画 耐震改修のコンセプト PCロッキング壁 耐震補強鉄骨の設計特集 知っておきたい耐震補強の実務のポイント 監 修 : 廣澤雅也工学院大学名誉教授+秋山友昭東京ソイルリサーチ 既存建築物の耐震改修が,学校などの公共施設を核に着々と進み,公営集月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌昨年の設備計画の勘所についての特集では,基本はプロジェクトに対する構造・設備設計者の早めの参画であった。しかし物事の始まりが建築設計者によるかたちのつくり出しにあることには変わりはない。はじめに頭の中から湧き出すアイディアの中に,設備・構造に関する配慮が欠けていたなら,スケッチ的なものとはいえその後の修正の域を大幅に超えてしまう。また,設備計画と建築計画の関連についても共通の認識があれば,設備計画説明の際の理解・合意が早く,設計効率が上がるには間違いない。 設計打合せの現場は,本来建築・構造・設備それぞ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:和田章 ムは,時によってわがままな一人ひとりの私のこと,ハによってこれを抑え公が形つくられ,社会や国が成り立つ。建築も個人資産であると同時に社会を構成する重要な一要素であり,文化・歴史をつくり,人びとの安全を守り安心した生活・活動を支えるものだから,勝手気ままは許されない。構造設計も含めて,建築には各種の法律が必要になる。 一方,法律とは直接関係なく,構造設計は数学や物理学などの学問,長年の技術者・研究者の努力によって積み上げられた技術の上に成り立っている。一人ひとりの技術者はゼロか月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年10月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年10月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:中田善久+大塚秀三 建築業界は,一部の人が犯したこととはいえ,昨今の耐震偽装問題をはじめとした問題が,世間が建築に対する不安を助長する結果を招いているように思える。その中で,仕様規定から性能規定に移行し,ゴールだけでなくプロセスを明らかにすることが時代的な要請として強く求められてきている。行政は,以前より建築基準法第12条第5項に基づき,工事の計画と施工の状況に関する報告を求めることで建築物の品質保証を推進してきている。 本特集号ではRCの品質管理記録作成マニュアルと題して,基本に立ち返り月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌伝統的構法による木造住宅の性能検証−設計法の考え方 監修:大橋好光 木造建築の見直しと,日本回帰の流れを受けて,伝統的構法による木造建物への関心が高まっている。しかし,伝統的構法による木造建築の設計法は,未だ整備されていない。 こうした状況を改善するために,国交省は,平成20年度から2年間,設計法を作成するための委員会を設置した。本特集は,この委員会の成果を中心に,伝統的構法を用いた木造建物の設計法の考え方・可能性をまとめたものである。architectural design えんぱ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2010年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2010年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌健康でつくる省エネ住宅監修:南雄三 日本の住宅省エネはヒートショックも結露もない健康な住まいづくりをテーマに,小さな熱で全室暖房を目標にして進められてきた。ところが断熱意識が高まらないまま省CO2時代が始まり,そこでは進まぬ断熱化に代わって,高効率設備,太陽光発電,再生エネルギーが注目されることとなった。 いま日本では景気浮揚策にのって住宅省エネ施策がガンガン打ち出され,1990年比マイナス25%をクリアするためのロードマップがつくられて,そこには省エネ基準の義務化が想定されている。とは月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


comment









trackback

ページのトップへ戻る