2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

建築技術2011年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌architectural design ホキ美術館|山梨知彦+中本太郎+鈴木隆+矢野雅規/日建設計 技術と芸術の直結|山梨知彦+中本太郎+鈴木隆+矢野雅規 ギャラリー計画|山梨知彦+中本太郎+鈴木隆+矢野雅規+本間睦朗+小林弘造+水谷周 構造計画|向野聡彦+朝川剛 施工計画|谷口英武特集:伝統的構法による木造住宅の性能検証−建物・材料の性能と実例監修:大橋好光 伝統的構法による木造住宅に関する調査・実験が数多く行われ,その性能の検証が行われている。本特集は,本誌の昨年12月号特月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌2011年3月号 建築技術 architectural design 竹中技術研究所・耐火実験棟|竹中工務店カーボンニュートラル社会実現に寄与するサステナブル研究所|廣島正明+植村幸生 耐火実験装置|大橋宏和環境配慮技術の開発と実装|土屋徹 サステナブルフレーム|土屋徹 可動型太陽光発電パネルダブルスキンサッシ|西田恵+石橋良太郎 竪ルーバー型緑化外壁システム|小島倫直+三輪隆 風力発電機|羽場崎淳 高性能建築材料|岡本肇+池尾陽作+小島正朗 微細ミスト噴霧システム|三坂育正月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 規基準の数値は何でなのを探る Part2 監修 和田 章 建築の設計・施工に関する技術と学問は多くの自然災害材料の進歩実験や数値解析の成果を糧にして進展していく。これらを一人一人の技術者の血と肉にするには自分で経験するのが一番であるが目の前で起こることだけではないからすべてを経験することは不可能である。多くのことは災害報告実験報告論文教科書規準書やマニュアルを通して知ることになる。特に設計法や施工法に関する記述には決まりごとが多く記述されるがこれらの中には原理原則から月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年4月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年4月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 基本からはじめよう戸建住宅の基礎設計 監修 藤井衛・伊集院博 1.総論 戸建住宅の基礎設計での決め手は何か 藤井衛 2.戸建住宅の基礎構造計算早わかり 梶川久光 3.戸建住宅基礎設計の申請・確認のポイント 本岡淳一 4.基本からはじめる戸建住宅の基礎設計Q&A 調査 Q1.戸建住宅の敷地として安全な地盤の選び方のポイントとは 山本明弘 Q2.戸建住宅の敷地を現地踏査するときのチェックポイントとは 山本明弘 Q3.各種地盤調査方法の長所と短所とは 高田徹 Q4.SW月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 型枠工事の基本と温故知新のノウハウ 監修 阿部道彦・中田善久本特集に取り組んでから間もなく2011年3月11日に三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の東北地方太平洋沖地震が発生した。 この地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに被害を受けられた皆さまとそのご家族に心からお見舞いを申し上げます。この地震のとき帰宅できずに大学にいたところ陸前高田が壊滅的な被害であるというニュースが入った。本特集でインタビューを行った村上先生が50年間の出稼ぎを終えられ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 まるごと解体工事NOW 監修 湯浅 昇解体工事は建設行為の表裏の関係として捉え一線を画してきた感がある。再開発計画が進められる中で密集市街地における建設予定の物件が多くなりつつあるという情報がある。これまでの特集企画では密集市街地における建設行為について特集を取り上げてきたが建設行為を始める前段階である既存建築物を撤去するやり方については特集では久しく取り上げていない。 この特集では解体工事とは何かを素朴に捉えることから企画に取り組んだ。解体工事を技術の変遷解体月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年7月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年7月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 設計ステップでわかる建築設備計画の勘所 監修 山本廣資 建築の計画・設計はあくなき創造的行為であるといってよいであろう。したがって建築設計者はより高いレベルを求め満足できるものを追求する傾向がある。そのため計画・設計にあたってエンドレスな修正または大幅な変更に対する抵抗感が少ない。コンペなどで製作の締切ぎりぎりまで内容が決まらず徹夜が続くのはこのためである。 絵画や彫刻の場合は個人の仕事であるから完成品に満足するまでエンドレスとなってもよい。またコンペの場合はライバルに負けるわけ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 東日本大震災における建築物の被害報告 Part1 東北 監修 田中礼治・源栄正人 2011年3月11日の東日本大震災はマグニチュード9.0と日本の歴史上最大級のものであった。この地震被害の特徴は地震動被害と津波被害の2種からなることである。地震動被害は現行建築基準法の効果耐震補強効果並びに住民の防災意識の向上などにより建築物の主体構造の被害は比較的少なかったのではないかと考えている。 しかし非構造部材の天井地盤変動による建物の被害が多くの地域で起こったことなど今後に課題を多く残した月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 東日本大震災における建築物の被害報告 Part2 監修:塩原 等 今回の地震は,有史以来最大級の海溝型地震であったにもかかわらず,首都圏における建築物は健全で,倒壊など大規模な被害が極めて少なかったことは予想外であった。一方で,ごく普通の建築物にもありがちな課題が改めて浮き彫りになっている。ホールや体育館の天井落下に見られる非構造部材の脆弱性,埋立宅地造成地の地盤液状化に見られた小規模建築物の基礎構造の脆弱性,今なおなくならない校舎や庁舎の柱のせん断破壊に見られた未耐震補強建築物の脆弱性などである月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 木造公共建築物の建築・構造設計マニュアル 監修:大橋好光昨年10月公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律が施行され公共建築物への木材の利用が広がるものと期待されている。国や地方自治体が整備する低層の公共建築物はすべて原則的に木造化する方針が示された。これを受けて国交省の官庁営繕部では木造計画・設計基準及び同資料を制定し木造で建てる際の技術的方針・注意事項をまとめた。本特集ではこの基準を中心に今後増えることが予想される木造公共建築物の設計に際し注意すべき月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2011年12月号例題から学ぶ保有水平耐力計算 監修:白井伸明 保有水平耐力2次設計の確認を行う新耐震設計法は,その成熟度は高い段階に達している。特集では,計算法の基本的な考え方や略算法,精算法の計算方法,具体的な例題S造,RC造,木造による保有水平耐力の導き方を初歩から解説する。 特集 例題から学ぶ保有水平耐力計算 監修:白井伸明 今日では,建築物の安全性を保証する耐震設計法として,新耐震設計法,限界耐力計算法,エネルギー法など複数の選択肢がある。そのうち,終局強月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2011年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2011年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2012年1月号 パッシブを活かした新しい住まい 監修 南雄三2008年に省エネルギー法/基準が改正され、それを機に住宅の省エネ施策が急速に展開し始めている。大手ハウスメーカーはスマートハウスを設計事務所や工務店はパッシブデザインという構図が浮かび上がってきた。しかし根源はパッシブと同じである。この特集ではパッシブを四つに分類し現状を分析新たなパッシブの潮流を解き明かす。1.省エネルギー背策の変遷 南雄三 2.パッシブデザインと省エネ住宅 南雄三 3.生い立ちで違うパッ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2012年2月号 戸建住宅基礎の液状化対策工法+修復対策工法 監修:藤井 衛3月11日の東日本大震災で発生した液状化・斜面崩壊の被害評価や分析から得た最新情報に基づきその対策と修復を解説する。 3月11日に発生した東日本大震災では液状化・斜面崩壊や津波などによって戸建住宅は甚大な被害を生じた記憶は鮮明に残っている。地震発生から早1年が経過しようとしており一歩一歩ではあるが復旧・復興が確実に進んでいる状況にある。その一方では戸建住宅における被害の評価や分析が実施され今月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌構造設計は,単なる構造計算ではない。建築家とともに構造的視点から空間を設計するものである。 合理的な構造システムだけでなく,そこから変化させた構造システムによって豊かな空間が生まれる。その変化を実現するためには,建物の中の力の流れをコントロールする必要がある。本特集では,各部材への力の流れを制御する構造システム,接合ディテールのアイディアを取り上げるが,その答えは一つではなく,構造家それぞれの個性によって異なるものである。デザインをコントロールする。デザインがコントロールする。 腰原幹雄 構月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌規基準の数値は何でなのを探る Part3 監修:寺本隆幸建築基準法・学会規準・諸基準に用いられている数値が定められた意味や技術的背景を解説し,規定されている事項への理解を深める。正しい内容の決まりごとに違いないと思い込みがちな事柄の本質を,改めて理解できる。建築基準法や学会規準・諸基準に用いられている数値には,なぜこの数値なのかが,かならずしも明確ではない。 技術者は,これらの数値を日常的に多く使用しているが,その背景にある事柄を十分には理解しないで,正しい内容の決まりご月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術2012年5月号 実務に役立つ耐震補強のワンポイント 監修:廣澤雅也RC造,S造の耐震補強を行う際の技術的な解決方法をワンポイントで解説する。 助成制度の要点,診断上の注意点,体育館の柱脚・定着部破壊の耐震補強対策, 補強工法選定の条件,居ながら施工と段階的施工など,耐震補強に関する幅広い実務上の身近な疑問点に応える。この特集は,前回の耐震補強にかかわる特集2010年8月号:知っておきたい耐震補強実務のポイントの続編にあたり,各地で進められているRC造やS造建物の種々の月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 非構造部材の耐震性を設計・施工する 監修 清家剛 東日本大震災では外装材や天井材などの非構造部材の被害が甚大であった。 その耐震設計においてはさまざまな非構造部材すべてに適切な情報が整備され実施されているわけではない。 このような状況を改善するためには設計の際に必要な知識を改めて見直し意匠・構造・施工で行うべき事項を再整理する必要がある。 今回の特集では現状の非構造部材の耐震設計の考え方を示し新たな取組みを紹介しながら本来どうあるべきかという今後の方向について考えていきたい月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年6月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年6月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 藤井 衛地盤・基礎のトラブルの7割を占める擁壁トラブルについて,その回避術を解説。擁壁設計のための最小限の基本知識,既存擁壁の健全度の評価方法,設計・施工時のトラブル回避術を解説する。擁壁に関するトラブルは,地盤・基礎のトラブルの実に7割を占めるともいわれている。 トラブルの種類も,擁壁自体の問題の他に,背面土の転圧の問題,擁壁の支持力の問題,施工時の側圧の問題など枚挙にいとまがない。この原因としては,そもそも建築技術者は,擁壁の設計・施工に携わることが少ないからである。 本特集月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 大橋 好光東日本大震災以後巨大災害に対する建物の安全性に対する関心が高まっている。地震から生命・財産を護るために既存木造住宅の耐震性の確保が急務となっている。  しかし一方で耐震補強の実務では構造の専門家でない設計者・施工者も多く携わっているのが実状である。そこでは構造の専門家なら当然考慮する力学的観点が不十分なまま補強してしまうことが危惧されている。実務者の木造住宅の耐震性に関する理解とその実践が欠かせない。  そこで本特集では既存木造住宅の耐力アップを目的と月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 寺本隆幸現在の構造計算では,コンピュータへの数値解析により,ある数値に対するOK・NGの結果のみが得られている。これは,計算結果としてのある1点の情報であり,断面変更する方向性や,NGとなっている技術的背景は不明のままである。  この特集では,設計時・施工時の諸検討に用いる図や表を対象に,それらが内包する意図,パラメータの影響度合い,背景となっている実験結果などを可視化することで,設計式や検討式を容易に理解できるようにしたい。また,設計概念や設計資料を理解するための図表も,可視月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年9月15日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年9月15日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 中田善久日本大学理工学部建築学科教授今回の特集では,コンクリート工事の最も原則的なこと,基本的なことである。それらが一つでも不足していれば,所定の品質を確保できないことにつながる。本特集から知識を蓄え,そして現場での実践・体験を通して解説する。総論 コンクリート工事の現場力 各論? コンクリート工事計画の肝所 設問1 準拠図書は古いものでもよいの 設問2 建築工事施工計画等提出書類の中に必要なものは 設問3 JASS5とJIS規格で,特に異なる点,注意する点は 設問月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 鉄骨造の接合部を設計する 監修 竹内徹東京工業大学大学院教授 鉄骨造の初心者から熟達者までを対象に,構造設計者の実力が顕著に現れる鉄骨造の接合部設計について,納まりのよい接合部の設計について解説する。?章 接合部に求められる機能 ?章 接合部の基本知識  架構形式と接合システムのつくり方:私の方法  接合部は構造デザインの要  接合部設計の面白さ  接合部に求められる性能と実現の仕方  接合部に使用する鋼材  基準法で規定された構造用鋼材  認定された高強度鋼材 月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 見えない現象風に挑む耐風設計 監修 田村 幸雄東京工芸大学教授今回の特集では竜巻被害やゲリラ豪雨による建物被害が多く見られるため耐風設計が安全性の確保だけでは不十分になっています。この特集では風に関する基本知識と風に対する設計ガイドラインに相当する情報を提供し解説する。 ?.いまなぜ耐風設計なのか ?.風の基本 ?.耐風設計の基本 ?.外装材等の耐風設計外装材等の耐風設計の考え方と手順外装材等の風荷重風圧力外装材等のピーク風月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2012年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2012年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集:改正省エネ基準と省エネ住宅計画原論 監修:南 雄三 まだまだ我慢の小エネから抜け出せていないのに、国はゼロエネに向けてアクションを起こし、業界はスマートハウスに走る。さらに国は最終目標としてLCCMを掲げて省エネがますます難しくなってきた。しかし省エネ基準が改正になり、認定低炭素住宅も出て、ここで省エネ施策はいったん音つく。 落ち着いたと言っても、日本の省エネ住宅はピンからキリ。ここで改めて日本の省エネ住宅はどうつくられるべきなのか?、どんな手順で設計を進めていくのか?、省エネの先に求め月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:藤井 衛 日本建築学会小規模建築物基礎設計指針では基礎設計に必要な設計用地盤定数を求めるにはSWS試験を中心に行う規定している。SWS試験の長所は調査費用が安価であること試験方法が簡易であることなどである。しかし礫・ガラなどは貫入困難となること概略的な土質判定しかできないことなどの短所があるためSWS試験の信頼性に疑問の余地がある。 この特集ではSWS試験で分かること分からないことを解説しながらSWS試験の活用法を紹介する。SWS試験に対する疑問にも回答し、さらにS月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年2月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年2月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:田中享二  今回の特集では,防水の第一義の目的である水を漏らさないことを達成するために,防水の計画,防水工法・材料の適材適所,各部の納まりの基本事項の解説,防水の不具合事例,最近の話題である太陽光発電パネル架台の納まりおよび屋上緑化を解説します。 ?.先人から学ぶことと次の時代への防水技術  ?.設計者に必要な防水の基本  ?.施工者に必要な防水の基本屋根の防水計画─陸屋根屋根の防水計画─葺き屋根外壁の防水計画地下の防水計画室内の防水計画 月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年3月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年3月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌 監修:大越俊男+寺本隆幸 <総論>基規準の数値を理解し一貫構造計算プログラムを使いこなそう <構造> 耐震設計・耐風設計  長期たわみ用の積載荷重  応力伝達  積載荷重の低減係数  片持ち梁の鉛直震度の考慮  1/3オクターブバンド周波数分析,実時間,時定数  積雪荷重算出の比重,積雪深計算式  地震地域係数  床の面内せん断力  告示免震と時刻歴応答解析 基礎・地盤  補強筋の先端フック  木造基礎の根入れ深さ  木造べた基礎の立上がり高さ  がけ上建築物の基月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌 中大規模木造建築の設計に長けた実務者が木造建築へのアプローチの仕方材料・規格の知識コストコントロール方法構造計画耐火設計接合部設計の方法など実務上知っておくべき情報を整理し解説します。 ?.中大規模木造建築の普及のために│大橋好光  ?.木の基本知識   木材の特性│中島史郎   木材の規格と指定方法│原田浩司   プレカットで可能な形状│照井清貴   事例 地域材を活用した栃木県茂木町立茂木中学校改築事業の概要│小崎正浩   木材関係の情報源│中井 孝  ?.月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:北村春幸 東日本大震災では,免震建築物は想定どおりの効果を発揮したが,一部の免震Exp.Jなどに不具合が生じた。現在の免震建築物は,法で規定された地震動レベルに対しては十分な性能を発揮するように設計されているが,それを超える地震動に対する設計は手探りの状態である。そのためには,設計クライテリアの設定が重要になる。今回の特集では,免震事例を基にして用途別に免震設計のキーポイントを解 説する。特に,設計意匠+構造上重要なポイントは個別に取り上げ,詳細に解説を行う。この特集が免震建築物を設計す月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:廣澤雅也東日本大震災以降、都市防災の関心の高まりとともに、建築設計に携わる実務者にとって、建物を使い続けながらの補強や、使い勝手を変えない補強、意匠性に配慮した補強など、既存建築物の耐震改修における様々な要望に応える設計力が求められている。特集では、耐震改修に関する最新動向と、耐震改修デザイン、さらに実務上に悩む新たな問題点を取り上げ解説する。 ?.総論 耐震改修で忘れてはならないこと│廣澤雅也 ?.関連法規の最新動向  耐震改修の法的な関係性│春原匡利  耐震改修促進法の変遷月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集:構造デザインのための座屈再入門 監修:竹内徹総論 ?章 座屈とは何か│竹内 徹  座屈のタイプとその性質  曲げ座屈│竹内 徹  横座屈│井戸田秀樹  局部座屈│五十嵐規矩夫  骨組の座屈│荒木慶一  座屈たわみ角法│木村祥裕?章 座屈を考慮した部材と骨組の設計  平鋼フラットバー柱の座屈設計│金箱温春  RC柱の座屈│津田惠吾+城戸將江  CFTの座屈│河野昭彦  木質材の座屈│坂田弘安  ガラス板の座屈設計│上沢聡史  座屈拘束ブレース・月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大越俊男+寺本隆幸設計時・施工時に用いる図や表を対象に、それらが内包する意図、パラメータの影響度合い、背景となっている実験結果などが可視化されたものを解説する。図や表から、設計式や検討式を容易に理解できる解説を行い、図表の読み解き方や着目点、使用する場面など、設計者が図をどう読めばよいか、活用方法を解説し、実務に役立てるものとする。総論 プログラム計算結果の評価に図表を役立てよう│大越俊男1. 荷重・力学  1.時刻歴応答解析におけるエネルギー応答│寺本隆月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:腰原幹雄 ディテールは、部材・部品が組み合わされて成り立っている。ディテールを設計することは、ディテールを構成する部材・部品の役割=機能やかたちの意味など原理原則について知り、工夫することである。特集では、個々のディテールを解説することにより、より深くディテールを理解する一助となるよう構成する。この特集が新しく創意工夫されるディテールの萌芽になることを期待したい。総論 ディテールが担っている機能とかたち│腰原幹雄S造  ベースモルタル│富田昭夫  アンカーボルト│佐月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌建築技術 11 No.766 2013 November特集構造体コンクリートのひび割れは低減できているのか 監修:中田善久 コンクリートのひび割れは起きるのが当たりまえで、度合いにより鉄筋に錆が発生すれば問題となる見解と、ひび割れそのものが問題だとする見解ががあり開きは著しい。特集ではコンクリートのひび割れについて、発注者にひび割れに関する正確な情報を提供し、設計者、施工者にひび割れを低減する対策を提供する。総論 コンクリートのひび割れの誤謬を解く│中田善久 ?章 コンク月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年11月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年11月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:本橋健司 この特集では,多様化するニーズを,クレームに関連する音,臭い,汚れ,熱,水を一つのグループ,構造に関連する火,マテリアルを一つのグループ,補修・改修,再利用を一つのグループとして捉え,最新の建築材料の特徴と,材料を選択する目安および施工上の留意点で構成し,設計者ならびに施工技術者の実践に役立つ建築材料の情報を提供する。?.建築材料に求められているもの│本橋健司 ?.音を抑える機能  集合住宅における床仕上材による生活音低減│荻原正康  天井・壁材──子供の安全や生活に配月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2013年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2013年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:南 雄三住宅技術評論家2013年10月1日に、外皮基準と一次エネルギー基準が盛り込まれた改正省エネ基準が施行された。今回の改正は、特に一次エネルギー基準は教材のような内容であり、省エネ住宅の全貌を勉強するためには最適な内容となっている。特集では基準の解説では見えてこない、改正省エネ基準の教材として中身を浮き彫りにし、自ら勉強しながら、改正省エネ基準に取り組むための情報を提供する。?章落ち着いた省エネ・教材としての基準  これで落ち着いた省エネ施策│南 雄三  住宅の省エネル月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:藤井 衛 ?戸建住宅基礎に求められる地盤の品質と安全な基礎設計│藤井 衛 ?品確法の見直しの解説  住宅性能表示制度における液状化に関する表示項目について│伊集院 博 ?戸建住宅の敷地を地盤評価するポイント│渡辺佳勝 ?戸建住宅基礎形式の選択とコスト  戸建住宅基礎形式の選択条件とコスト│梶川久光  四号建築物の仕様規定による戸建住宅基礎と許容応力度計算による  戸建住宅基礎との性能比較とコスト│梶川久光 ?戸建住宅基礎と液状化対策工法  液状化を見極めるための調査方法と簡月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:浦江真人+大湾朝康協力 ?.検査力を養成する│浦江真人 ?.RC工事での検査に求められる役割│田口郷次 ?.各工事間の検査のバトンリレー│山田昌喜 ?.鉄筋工事の検査力養成講座  鉄筋工事の工事検査とチェックポイント│柿沢忠弘  鉄筋の発注から作業所受入れ│堀内大輔+田中秀樹  鉄筋の継手の検査ガス圧接継手・溶接継手・機械式継手│堀内大輔+田中秀樹  部材別の配筋検査  基礎・基礎梁│後藤 匡  柱│柿沢忠弘  梁│安部隆博+柿沢忠弘  スラブ│三木敏則月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大越俊男+寺本隆幸総論技術慣行の内と外│寺本隆幸 構造設計 Q.01 小梁の設計用曲げモーメント│大野義照+岩田樹美 Q.02 設計用フェイスモーメント│寺本隆幸 Q.03 減衰定数│石井正人 Q.04 繰り返し回数│西山 功 耐震設計・耐風設計 Q.05 地震力の方向│寺本隆幸 Q.06 設計地震力割増し率│春原匡利 Q.07 構造骨組用風荷重と外装材用風荷重│田村幸雄 基礎・地盤 Q.08 凍結深度│平出 務 Q.09 摩擦係数│青木雅路 Q.月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


comment









trackback

ページのトップへ戻る