2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

建築技術2014年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大橋好光 ?.中大規模木造建築物の構造設計  中大規模木造をめぐる最近の動き│大橋好光  木造設計とS造やRC造構造設計法との相違│木林長仁 ?.座談会 中大規模木造建築物の建築設計で知るべきこと  │大橋好光+中島正夫+西沢大良+小西泰孝 ?.建築設計  基本モデルプランの解説│山田憲明  形態と木組みの考え方│山田憲明  建築設計と材料の選択│塩崎征男 ?.構造設計  架構設計│江尻憲泰+高尾秀幸  D値法による応力計算│江尻憲泰+田村純太朗  柱梁接合部│川原重明  月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年5月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年5月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:清家 剛第1章 天井落下事故からの教訓│清家 剛 第2章 天井等の非構造材の落下事故防止ガイドラインと安全な天井設計  安全な天井設計へのアプローチ│清家 剛  天井等の非構造材の落下事故防止ガイドライン早わかり  天井等の非構造材の落下事故防止ガイドライン基本概念と全体構成│川口健一  天井等の非構造材の落下事故防止ガイドラインによる設計検討│多賀 洋  人命保護と安全な天井設計/安全性評価法│川口健一  人命保護と安全な天井設計/フェイルセーフ│川口健一  人月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:和泉信之 総論 保有水平耐力計算の活用と課題│和泉信之 ?・保有水平耐力計算の基礎知識   保有水平耐力計算とは何か?│福島順一   崩壊メカニズムをどう考えるか?│蜷川利彦   保有水平耐力の計算法とは?│鹿島 孝   必要保有水平耐力の算定とは?│蜷川利彦   保有水平耐力計算における保証設計とは?│太田俊也 ?・保有水平耐力計算の留意点   一貫構造計算プログラムとどのように付き合っていますか?│田嶋和樹   建物の実際の耐力をイメージしていますか?│田嶋和樹 ?・保有水平月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:澤地孝男?.総論 改正省エネルギー基準を活用した建築設計│澤地孝男 ?.改正省エネルギー基準のポイント 基準の概要  改正省エネルギー基準の改正点の要約,届出書類│宮森 剛  非住宅建築物の新たな省エネラベリング制度について─BELSの背景と主旨│宮森 剛  非住宅建築物の新たな省エネラベリング制度について─BELSの内容│齋藤卓三 外皮性能  外皮PAL*の計算の導き方│赤嶺嘉彦  一次エネルギー消費量 全体構成│澤地孝男  空気調和設備の計算の導き方│宮田征門  機月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年8月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年8月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:腰原幹雄<総論> 機能とかたち―製作によって決まるディテール│腰原幹雄<材料> ダクタイル鋳鉄球状黒鉛鋳鉄 技術解説材料の用途・特性と製造技術実例鋳造方法と適用例│佐伯英一郎+甲斐信博+藤本宏義+梅谷拓郎 超高強度繊維補強コンクリートダクタル 技術解説高い材料性能を活かす技術のコラボレーション実例UFCによる薄板屋根│萱嶋 誠+倉本真介 集成材 技術解説構造用集成材の種類と部材形状│宮林正幸 実例集成材シェルへの適用│阿蘓有士月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:浦江真人+大湾朝康地下工事は、工事過程で見え始めてから見えなくなってしまう工事である。地下工事の出来不出来は、上部構造を施工するうえで影響度は大きい。そんな、見えなくなる地下工事を精度よく施工するために、リスクという視点に立脚してリスクの現象状況原因対策再発防止の項目で解説する。 本特集では、現場力のボトムアップに役立ちながら、現場力の向上の一助になることを期待したい。?.総論 建築地下工事のリスクをマネジメントする│浦江真人 ?.建築地下工事のリスク防止から学月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:勅使川原正臣昨今までの耐震診断・補強は、校舎や庁舎などが対象であった。今後は幹線道路沿いや、駅前マンション、店舗、複合ビルなどが対象になり、構造図がない建物、アスベスト、鉄骨造など新たな問題が起きている。本特集では、構造設計者に求められる役割、耐震改修の法律関係、耐震診断に必要な基本知識、耐震改修で困ったときのQ&A、実例から学ぶ耐震改修の進め方、図面のない建物の耐震改修を取り上げる。本特集が耐震化率の向上と良好なストック社会の実現に貢献することを期待したい。?.総論 改めて考月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:宮里直也+岡田 章 ?.総論 創造するために│宮里直也 ?.ものづくりの制約  素材の制約 鉄│松岡祐一  素材の制約 鋳鋼│形山忠輝  素材の制約 鉄筋コンクリート│大塚秀三  素材の制約 PCa│春山信人  素材の制約 木造│蒲池 健  素材の制約 ケーブル│鈴木 実  素材の制約 膜│斉藤嘉仁  素材の制約 外装材│野平 修  運搬の制約│川島章宏  施工の制約│井瀬弘志 ?.制約により生じるジョイント接合  S造のジョイント│関 清豪  RC造のジョイント月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2014年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2014年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:南 雄三 2020年には義務づけられる2013年改正省エネ基準。住宅の省エネはいま、この基準を真ん中にして届かないレベルとめざすレベルに分けられる。しかし、問題はこの基準がもつ意味を誰も知らず、どこをめざせばよいのかで混乱していることだ。本特集ではこのめざすレベルをみつけだす。 一方で人口減少高齢化過疎化空家化都市集中が社会問題となる今、既存住宅の省エネ改修が急務だが、なぜか進まない。その理由は何か?・・中古流通、リノベを含めて探ってみよう。?.省月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年1月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年1月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修 大越俊男+寺本隆幸総論 資格と技術基準│大越俊男…88 構造構造設計 Q.01 積雪荷重の低減係数│岡田 恒…90 Q.02 風荷重の再現期間│田村幸雄…91 Q.03 有効数字│寺本隆幸…92  耐震設計・耐風設計 Q.04 震度分布│寺本隆幸…93 Q.05 固有振動数│石井正人…94 Q.06 風圧力の算定│田村幸雄…95  基礎・地盤 Q.07 がけの勾配│藤井 衛+品川恭一…96 Q.08 簡易液状化判定法の適用範囲│新井 洋…97 Q.09月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:藤井 衛住宅の品質確保促進法が施行されるなど法の整備が着々となされているが2008年から住宅トラブルの相談件数が急増している。これは法整備に伴い消費者が住宅性能評価に対する意識が向上してきたからである。本特集では各方面の専業者を一堂に会してリスク回避のあり方を探索する。?.安全安心な住宅基礎地盤を提供する建築技術者に求められるもの│藤井 衛 ?.法律家から建築技術者への提言│秋野卓生+菅谷朋子 ?.安全安心な住宅基礎地盤をつくるために想定されるリスクと対策  宅地に起因月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年3月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年3月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:浦江真人+大湾朝康施工図は設計者構造設計者設備設計者施工者ならびに専門工事業者が設計図を施工可能な具体的・生産的な図面に置き換え建築するための伝達手段である。特集では設計図書から施工図への読み解きと作成屋根・外壁・開口部・基準階などの施工図を読み解く現場力を養成する。?.設計図書と施工図に係る設計者と施工者の役割│浦江真人 ?.設計図から施工図へ読み解く 施工図を読む│山手清司 施工図の情報管理│山手清司 施工図を作成するタイムスケジュール│曽根巨充 ゼネ月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年4月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年4月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:大橋好光……67 中大規模木造建築物が注目され、新しく参入した技術者は木材に関する疑問・課題にぶつかり頭を悩ませている。特集では、設計に必要な木質系材料に関する事項を五つのカテゴリーに分け、わかりやすく解説する。基本知識と木材系材料のここが知りたいQ&Aの2本立てで解説する。?.木質系材料の本質を知る│大橋好光……68?.木材の強度・材料特性・新材料 基本知識──覚えておきたい基礎の基礎│林 知行……72 木材の強度  Q.1 木材の基準月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年5月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年5月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:清家 剛 特定天井に対する脱落対策基準が施行されて1年が経過し、改修事例や新築事例がやっと出そろってきた。特集では、特定天井と特定天井以外の天井を事例として取り上げ、各社が意欲的に挑戦した天井計画ならびに天井設計を紹介する。同時に、天井関連の告示・指針等の解説も情報提供する。第?章天井設計の忘れ物│清家 剛……76 第?章天井関連の指針・告示等の概説  建築学会指針が誘導する安全な天井│川口健一……78  技術基準の概要│脇山善夫……80  定期調査報告制度の概要│脇山善夫……8月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年6月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年6月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:澤地孝男 協力:金子尚志改正省エネルギー基準の建築環境設計への活用方法を解説、省エネルギー基準の動向、改正省エネルギーによる評価結果と実測結果の比較、さらにオフィス、商業施設、学校で実施した省エネ手法などを提示する。?.これからのビルの省エネルギー・環境性能向上における実務者の役割│澤地孝男……78 ?.建築環境設計への活用法ビルの省エネルギー設計法の骨子│澤地孝男……81  設備機器の特性値と周辺の設計・施工・調整の重要性 全熱交換器を例に│澤地孝男……84 ?.改正省エネル月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年7月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年7月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:二木幹夫 建築物の基本構造である杭の役割は、建物の荷重を安全に地盤に伝えることである。この特集では、杭の耐震性の考え方、上部構造から見た、杭基礎への要求内容、設計における杭種の選択目安、施工段階での管理のポイント、設計および施工時における問題点と対処法、液状化や狭隘地での設計・施工などを解説する。?.あるべき杭の設計と施工│二木幹夫…84 ?.基礎の耐震性の考え方  上部構造から見た杭基礎の耐震設計│小室 努…87  被害事例から見た杭体の耐震性能│関口 徹…92 ?.杭の選択  月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年8月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年8月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:腰原幹雄 感覚的に危うそうあるいは一見不安定に見える建築物を取り上げ、どのように構造的に成立しているのかを構造力学に基づいて解説し、構造設計者が有する独自の構造勘についてもひもとく。構造の原理、考え方、楽しい構造に重点をおき、仕組を理解することで実現可能な構造計画を紹介する。構造計算ソフトに頼りすぎない、構造の勘所を取り戻すための解説を行う。総論危うい境界│腰原幹雄…76 ?.実験・解析・実践と構造設計  実験と設計──構造計画│江尻憲泰+高尾秀幸…80  解析と設計──月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年9月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年9月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌監修:勅使川原正臣 最近の耐震改修では、耐震安全性の確保以外の要求事項が変わりつつある。集合住宅や事務所ビルでは美観や使い勝手が、宿泊施設や病院などは営業を継続しながらの耐震改修が必要だ。現在、さまざまなケースに対し、設計者や施工者には適切な対応が求められている。 今回の特集では、クライアントが耐震改修を実行する判断基準、耐震改修事例、耐震改修のQ&A、悩ましい問題が多いS構造物の耐震改修の具体的な対処法を解説している。?.これからの耐震改修│勅使川原正臣……78 ?.クライアントが耐震改修す月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年10月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年10月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴 監修:宮里直也日本大学理工学部准教授 合理化設計・経済設計と言われ、その先にあるコストパフォーマンスが優先される流れの中で、鉄骨構造の設計実務においては、設計・監理の際に知っておくべき基本を見落としがちである。原則となるものの道理を改めて知ることで、新たな設計が導き出されるのではないかと考える。 今回の特集では、構造設計者を対象に、鉄骨構造の設計や監理の基本的留意事項、各部の設計および検査時のポイント、特殊な事例に見る上手な納め方や材料の適用月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年11月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年11月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 改正建基法と技術基準解説書改訂による構造設計のポイント 監修:金箱温春金箱構造設計事務所改正建築基準法が2015年6月1日に施行され、技術基準解説書が6月に改訂されました。実務者たちにとってはそれらの改正・改訂から日が浅いため、実感として薄いのが現状です。 今回の特集では、前述の改正点・改訂点を実務者に周知するために、改正建築基準法と構造設計&技術基準解説書の重要なポイントの2本立てで構成。総論 よりよい構造設計の実現のために│金箱温春……92 ?.改正月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2015年12月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2015年12月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 断熱と省エネを分けて整理整頓 監修:南 雄三断熱は快適の最低レベルとしての15℃以上で、省エネはZEH。断熱を15℃以上においてZEHの計算をすれば、給湯、換気、照明の効率化による省エネの限界も見えてくる。そこで太陽光発電による創エネの量がはじき出される。家電を除けば5〜6kW、家電を含めば7〜8kWが必要になる。 この特集では、議論が落ち着いてきた断熱と広がりをみせる省エネを分けて考え、整理整頓する。そして、求める断熱レベル、国交省の省エネ施策、経産省の省エネ施策を紹介し、省エネト月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2016年1月16日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2016年1月16日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌特集 建築環境の音トラブルに対処する設計法 監修:井上勝夫建築の空間性能の中で、室内の静謐性能に対する要求が年々高まってきています。今回の特集では集合住宅を含め、法規制に関する基準・規格の整備状況を、まとめて紹介するとともに、音に関するトラブル、訴訟事件を示し、問題の解決策について、行政、建築技術者、居住者の立場から検討しています。 訴訟につながる要因として指摘されている問題点に対する設計上の留意点や、音の制御方法を解説しています。?.建築物の音に関するトラブルの動向と対応│井月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


建築技術2016年2月17日発売号

  • 文筆家ライターの日記 建築技術2016年2月17日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 趣味

    建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌No.794 2016 March価格 1759+税特集 スラスラできる中大規模木造建築物の構造設計 監修:大橋好光法改正などを背景に、中大規模木造建築物の設計に関する動きが活発になりつつある。これまで木造戸建住宅の設計が多かった設計者で、中大規模木造の設計にも意欲的に取り組みたい設計者が増えている。それらの要求に応えるために、本特集では実践的にすぐできるような構成となっている。材料や構造架構をどのように考えて中大規模木造建築物を設計や構造設計したらよいか、燃えしろ設計月刊建築技術は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広


comment









trackback

ページのトップへ戻る