2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

月刊剣道時代2008年12月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2008年12月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道の技術シリーズ第42弾! 会心面を打つ技術 小さく、速く、しっかり こうして会心の面を打つ藤原崇郎 これが選手権者たちの会心面を打つ技術 相手の体を突き抜けて一本を決める岩佐英範 相手の虚を衝き、心の動揺を誘って打つ鈴木 剛 剣先で引き込み、中心を取り返して打つ近本 巧 足に気持ちを溜め、出頭を狙って打つ佐藤博光 同じ攻め、軌道から三種の面を打つ吉成正大 一度は受けたことがあるアドバイスはこう活かす千葉 仁 特別企画 継続力で差をつ剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年2月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年2月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道力シリーズ第12弾! 圧迫力 打ち間をつくるには圧迫力が必要不可欠濱崎 満 下半身を安定させ、右足で圧力をかけながら入る石田利也 つま先を浮かせず移動 気配を消して圧力をかける宮崎史裕 左足を張って威圧 相手の動きを頭に入れる井口 清 竹刀の尖端で攻め、剣先の存在感を伝える中田 淳 高段者をめざすために圧迫力を手に入れる3つの着眼点香田郡秀 特集 21人の合格体験記に学ぶ 八段合格の秘密8 短期集中連載 第二回 神夢想林崎流居合 宗家 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年3月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年3月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道の技術シリーズ第43弾! 会心小手を打つ技術 攻撃は手元から 小手が打てれば面も打てる川畑富保 これが一流剣道家の会心小手 鍔を割る覚悟で打ち切る笠村浩二 面も小手も打てる体勢を維持 打突を誘いコンパクトに打つ染谷恒治 守ろうとしたところを打つ 打とうとしたところを打つ米屋勇一 実践教室 小手技上達七つの教え千葉 仁 春だ! 少年剣道応援企画 歓迎される指導 敬遠される指導 時流に応じた指導で剣道人口をもっと増やそう岐阜・志道館学園園長 加藤直之剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年5月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年5月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第1弾! 生きた左足で勝つ 勝負を制するのは左足だ小林三留 一本が増える踏み切り足を身につける香田郡秀 八段合格者が大公開。わたしの剣道と左足 左手を意識すると左足を意識できた長尾 進 引かない覚悟を左足でつくる三浦順一 時には継ぎ足の感覚で左足を詰める神山芳男 重視する左足で右足を押し出す感覚井島 章 左足を最後の砦と位置づける江島良介 構えは左足親指第二関節を意識する首藤昭亮 左足の引き寄せ幅を調整して崩す高村克人 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年7月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年7月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第3弾! 生きた拳攻めで勝つ 水滴が落ちる瞬間を打つ蒔田 実 三方向から拳を攻める 表裏下段の使い分けで勝つ伊藤知治 上から乗り、下からあおる笠村浩二 八段選抜から学ぶ成功の秘訣は動かざること吉成正大 誌上講話 攻められたときは身をあずけてみよ角 正武 特集 能力爆発の調整法 開き直れるまで努力したか千葉 仁 名選手はこうして本番で力を発揮する 八段審査前は打ち切る稽古に徹した石田利也 間合に応じた足遣いを確認する染谷剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年8月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年8月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第4弾! 腹で崩して勝つ 腹から攻めると相手は崩れる忍足 功 無駄に稽古しない こうして崩す感覚を身につける滝澤建治 打ち気を崩さず圧力をかける小山正洋 八段合格者が大公開。わたしの剣道と崩し 心の出ばな、技の出ばなを取る井島 章 打ち間に入る、打ち間に迎え入れる松原 治 左足で腰を押し、腰で左拳を押す濱口雅行 左右と正中線の攻めを連動させる猪股 弘 竹刀を相手の間合に割り込ませる三好伸二 打ち間に入ってもすぐに技を出さない山剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年10月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年10月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第5弾! 生きた打ち間で勝つ 特集対談 下肢が打てる間合になければ会心の一本は打てない 渡邊哲也×寺地賢二郎 図解で学ぶ間合と間 打ち間を理解して一本につなげる網代忠宏 4つの手法を知り、会心の一本を増やす香田郡秀 心理学からアプローチ 自分に近く、相手に遠い間合を解明する矢野宏光 八段合格者が実践。打ち間をつくる技術 相手をハッとさせる間をつくる松原 治 攻応距離を体移動でつくる濱口雅行 相手にさからわずに間詰めする剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年11月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年11月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道の授業シリーズ第5弾! 藤原崇郎の剣道授業 1時限目 有効打突 どこを打つかより、いつ打つかが大事 2時限目 面 へそを意識して会心の一本を打つ 3時限目 出ばな技 不充分にさせて打つ、充分と錯覚させて打つ 4時限目 小手 腰骨を伸ばし、引きつけを鋭くする 5時限目 応じ技 錯覚させて不充分な打突を引き出す 昇段審査の心得 機会に応じて適切な技を出せたか 剣道上達のツボ 打突の機会は相手が嫌だなと感じたときに起きる 総力取材 第57回全日本剣道選手権大会 貫剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2009年12月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2009年12月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第6弾! ズバリ二つの面で勝つ 技を瞬時に選べる力を養うこと遠藤正明 中心を二度奪う 気攻め・体攻めで面を打つ氏家道男 喉を攻める、鍔元を攻める 二つの攻めで会心面を打つ染谷恒治 表裏と真上 三つの間詰めで打ち分ける原田 悟 新進気鋭八段アンケート こうして面打ちの悩みを解消する 四つの視点で悪い左手を修正山根大二朗 内柔外剛で攻めの厚みをつくる石川 薫 きめは下半身でつくる灰谷達明 へそと腹を前に出して腰始動にする東 日出剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年1月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年1月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第7弾! 生きた足さばきで勝つ 特集対談 会心の一本を打つには自在な足さばきが必要不可欠二子石貴資×佐藤誠 蹠骨部で間合を取って打つ恩田浩司 剣道瞬発力を養い、生きた足さばきを手に入れる 自宅でできる簡単瞬発力トレーニング齋藤 実 新進気鋭八段アンケート こうして生きた足さばきをつくる 腰の移動と右足を連動させる田島東海男 めざすは能の足遣い田川順照 打てる足が精神的な余裕を生む緒方勇二 常に足幅・位置関係を崩さない剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年3月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年3月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道の授業シリーズ第6弾! 忍足功の剣道授業 1時限目 攻撃の基本 自分を崩さず、相手を崩すことが重要 2時限目 仕かけて打つ 左手・左足の充実で攻撃力を上げる 3時限目 応じて打つ 表裏の間詰めで不用意な打突を引き出す 4時限目 素振り 目的を理解して振らないと単なる運動になる 5時限目 打ち込み・切り返し 大きく・正しく。肩を使って身体に勢いをつける 6時限目 昇段審査の心得 気迫と闘志で常に主導権を握っていること まとめ 剣道上達のポイント 自分の意思で打った技を剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年4月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年4月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第9弾! ずばり攻撃返し胴で勝つ 下を守れば上、上を守れば下に隙 攻撃返し胴で確実に有効打突を増やす笠村浩二 これが一流剣道家の攻撃返し胴 下攻めで圧力をかけ返し動作と打つ動作を一拍子に船津晋治 足で面を誘う ためをつくって瞬時に返す松田勇人 骨盤を前傾させて間詰め 右足を前に出しながら返す香田郡秀 面を打ち切らせる 腕が伸びきった瞬間を打つ栄花直輝 腰の回転を意識 相手の起こりを瞬時に返す井口 清 胴打ち50問50答 胴打ちは難し剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年5月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年5月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第10弾! ずばり小手・面で勝つ 鍔を割る覚悟で小手を打ち切る 実の一本の連続で小手・面を決める小林三留 八段戦優勝者、3種の小手・面 小手で心を止める、動きを止める船津晋治 小手・面稽古法 こうして会心の一本を打つ香田郡秀 左足の引きつけが鋭くなる 簡単連続技トレーニング齋藤 実 これが練達八段の小手・面を打つ技術だ 出ばな、引き端に小手を打つ松原 治 足と手首を連動させる中島博昭 左手を中心に小手を打つ濱口雅行 左手と左足で姿勢の剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年6月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年6月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第11弾! ずばり攻撃出ばな面で勝つ 試合で打てばきまる 審査で打てばかなう 佐藤桂生 最小の動きで最大の効果。腰の作用で出ばな面を打つ 藤元 巖 左足・左腰・左手。左半身で攻めて崩して打つ 攻める、引き出す、面を打つ。練達八段の出ばな面 緒方勇二 相手の正中線にまっすぐに出る 田島東海男 面も小手も打てる状態で攻める 田川順照 自分の打ち間、相手の打ち間をつくる 長納憲二 相手の気を崩す稽古を心がける 伊藤要三 右手親指を一瞬入れて打つ 平子允剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年7月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年7月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第12弾! 剣道はずばり左手で勝つ あなたの左手は 機能しているか 師弟対談 千葉 仁×佐藤勝信 会心の一本を打つためには生きた左手を身につけること 技術上達講座 篠塚増穂 生きた左手はこうして身につける 極意直伝 これが一流剣道家の生きた左手だ 石田利也 攻防一致の構えは左手でつくる。左手を軸に相手の中心を割って打つ 大城戸 功 左半身を堅固にする左手。手の内で竹刀操作を自在に 松田勇人 起こる頭・出る頭・動く頭。表裏の中心を制し優位に立つ 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年9月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年9月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第13弾! ずばり攻撃出ばな小手で勝つ 特集対談 笠村浩二×宮崎史裕 上達したいのなら出ばな小手を工夫しよう 極意公開 これが一流剣道家の攻撃出ばな小手 川畑富保 打突後の体さばきが重要。左右に攻め上げて小手を打つ 船津晋治 剣先を右拳めがけて落とす。左手・左足・左拳を安定させて打つ 稲富政博 下腹で小手を打つ。右手で押し切り、左手で引き上げる 工夫と実践 練達八段はこうして攻撃出ばな小手を打つ 石川 薫 左拳と腰で溜めをつくって誘う 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年11月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年11月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第15弾! ずばり打ち切って勝つ 審査員の眼 千葉 仁 ここが違う。打ち切った一本と打ち切っていない一本 稽古ルポ 山? 尚×大河内鉄彦×北村真一 正確な打突を覚えると打ち切ることができる 一流の技術 北条将臣 理想は小さく、力強く。手首の作用と足の運用で打ち切る 工夫と実践 これが練達八段のずばり打ち切って勝つ 濱口雅行 できるだけ中段の構えを保つ 上原勲雄 体の中心と重心を一致させる 松原 治 先と感じたら思い切って打つ 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2010年12月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2010年12月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第16弾! ずばり隙を打って勝つ 審査員の眼 小林三留 一方通行の剣道を卒業すること 極意伝授 中田?士 自分勝手に打たない。相関関係で技を出すことが重要 一流の技術 鍋山隆弘 迷いのまで一本を打つ。守る攻めるの継ぎ目に注目 工夫と研究 これが練達八段の隙を打って勝つ技術 岩熊昌毅 察知する力と的確に打つ力を養う 重松公明 攻め打ちくり返しで隙を打つ 平井道典 相手に隙を見せることも大事 宮原昇治 攻めの谷間を読んで打つ 平野宜昭 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年1月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年1月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道授業シリーズ第8弾! 角正武の剣道授業 剣道上達に重要な稽古の点検と確認を行なおう 1時限目 稽古の方法を検証する 互格稽古は歩合を楽しむものではない 2時限目 こうして技を習得する 技は最小エネルギーで最大効果を意識 3時限目 効果倍増の打ち込み・懸かり稽古 単調な技をくり返さない 4時限目 仮想試合で攻めを体感せよ イメージで技の体内リズムをつくる 5時限目 昇段審査にこう備える 間拍子を意識、機械的な打突を卒業する 特集 ライバルがこっそりもらした暮らしの剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年2月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年2月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第17弾! 突くぞ突くぞで勝つ 極意伝授 藤原崇郎 腰で突く感覚を覚えて打突に冴えをつくる 一流の技術 東 良美 突かぬまでも突き心。打突前の気剣体を整えて打つ 効果的稽古法 岩切公治 国際武道大学女子剣道部実践。突き稽古で会心の一本をつくる 工夫と研究 これが練達八段の突くぞ突くぞで勝つ 假屋達彦 突くぞの気攻めが相手に威圧感を与える 田島 誠 左拳から突き垂れを攻める 脇本幸彦 下半身の前進する力を技に直結させる 白石義照 構えを崩さないこ剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年3月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年3月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第18弾! 剣道は引き出して勝つ 師弟対談 遠藤正明×原田 悟 引き出して打つには攻めすぎないこと。打ち気を誘発して手の内で決めをつくる 一流の技術 鈴木 剛 竹刀操作はシンプルに。二つのパターン+1で引き出す 工夫と研究 これが練達八段の引き出して打つ 中山紀男 兆しを感じ取って引き出して打つ 石川 薫 ひかがみで溜めをつくって引き出す 野口慎一郎 気持ちは強く、常に問いかけながら攻める 山城宏惟 引き出す動作は危険覚悟の攻め 田代潤一 強剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年4月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年4月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!緊急企画 東日本大震災から45日。がんばろう日本、がんばろう東北 剣士たちの3月11日 被災地ルポ 東北の剣士は力強く歩み出していた 文=伊藤幸也本誌編集部 被災者より 3月11日、午後2時46分。そのとき私は 高橋公成 大津波と大火災に見舞われた気仙沼で 佐藤充伸 感じてほしい、生きていることのありがたみを 青木康博 震災で気づいた、剣道をすることの意味 平岡永照 甘かった、その一言に尽きる 君島範親 宮城遠征で被災。仙台から水戸を目指して 原田源次 十勝剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年7月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年7月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第21弾! あと一歩詰めて勝つ あと一歩詰めて打てばきまるのに、なぜか一歩の距離が無限に遠い現実 極意直伝 忍足 功 攻め口を多彩に持ち、獲物をとらえるように鋭く攻め入る 稽古のコツ 松田勇人 左半身の力を利用、乗って詰める。詰めて一本を打つ 一流の技術 中田 淳 右膝を意識して間詰め。技を出す瞬間まで構えを崩さずに打つ 田崎智春 相手の心を折るあと一歩 古澤庸臣 いつでもあと一歩攻められる体勢を維持する 花木真人 足さばきの中であと一歩詰める 剣道研究室 竹剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年8月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年8月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 八段戦優勝者4人の面 DVD映像記録+記事 面はこう打つ。剣道八段戦を制した4人の強豪がそれぞれ公開する面技の秘訣 ・濱? 滿 乗る気持ちで自分に近い間合をつくって打ち切る 出ばな面。中心を制して上から乗るような気持ちで打つ/相小手面。出小手を誘って手元の上がりに小手・面を打つ 面すり上げ面。左鎬で正中線を制して手首で打つ/小手すり上げ面。小手を打ち切らせて小さく鋭く打つ…他 ・遠藤正明 よせる・みる・打つ。三つの手順で会心面を決める 表裏を攻めて面。上半身の力を抜いて間合剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年9月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年9月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第22弾! 攻め足打ち足で勝つ 剣道は攻め足と打ち足のコンビネーションで勝つ 極意伝授 江口忠文 攻め足と打ち足の連携が会心の一本を生む 素振り・イメージトレーニング・攻め足打ち足?・攻め足打ち足? 上達講座 井島 章 足幅を常に意識して身体の軸を崩さない 重心は身体の中心・三つの攻め・面打ち・踏み切り・稽古の要諦 友情対談 宮崎史裕×染谷恒治 攻め足と打ち足を連動させ、軸をぶらさずに打ち切る 届かないはずの間合から届く妙・左足はつねに床を押す感剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年10月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年10月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道術理シリーズ第23弾! 縁を切らずに勝つ 極意直伝 二子石貴資 攻めの気をつなげて常に有利な状態をつくる 気をつなげるのも足、技をつなげるのも足・縁を切らない技術 他 一流の技術 笠村浩二 稽古に対する意識を変えれば縁は切れない 自分の間合を理解して打ち込み稽古を行なう・腰からの技が連続技を生む 他 一流の技術 佐藤勝信 縁を切らずに心隙を見抜く 正しい構えが正しい呼吸法を導く・先をかけて相手の打ち気を引き出す 剣道研究室 有田祐二 常に縁を切らない稽古。主体的能動的剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年11月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年11月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特報 第58回全日本剣道選手権大会 高鍋進が史上二人目の連覇 高鍋進神奈川無欲の2連覇 解説=吉成正大 決勝戦高鍋対東永 戦慄の諸手突き、高鍋が史上2人目の連覇達成 準決勝高鍋対岩下 高鍋が会心の高速面を打ち抜く 準決勝東永対内村 疾風迅雷の出ばな面が炸裂 準々決勝岩下対中野 気力充実、岩下が中野を圧倒 準々決勝高鍋対米屋 勝負をかけた諸手突き 準々決勝東永対大石 東永が力みのない面で先手を取る 準々決勝内村対正代 内村が狙い澄まして面に乗る 本誌注目剣士剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2011年12月22日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2011年12月22日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  王者は面をどう打つか DVD映像記録+記事 世界選手権者、全日本選手権者があきらからにする面を打つ技術  ・寺本将司 乗って間詰め。表裏の攻めで四つの面を打ち分ける   中心を攻めて面。諸手突きと同じ軌道で小さく鋭く打つ/表を制してかつぎ面。小手を打たれる覚悟で打ち抜く  小手から面。小手を防がれた瞬間、手首を効かせて面を打つ/下攻めから面 気分は上から乗りながら面を打つ…他 ・?鍋 進 もう半歩入ったところで勝負する   左右から攻めて中心を取る/面技の土台づくりは左足からはじま剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年1月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年1月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道授業シリーズ第10弾! 船津晋治の剣道授業 DVD付き 最強八段と評される船津晋治が初めて行なう DVD連動の剣道授業  1時限目 攻めの基本 表裏の攻めを使い分ける  2時限目 面打ち 攻めて打つ、引き込んで打つ  3時限目 小手打ち 近い打突部位こそ気力を充実させる  4時限目 小手・面打ち 小手も面も百パーセントの力で打つ  5時限目 胴打ち 気を充実、剣先をゆるめて面を誘う  6時限目 稽古法 ここに注意して基本稽古を行なう  特集  昇段審査合格の秘密 残念剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年2月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年2月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  強豪は一本をどう決めるか DVD映像記録+記事 いいところを打っているのに評価されない、それはあなたが決めていないからだ  ・寺地種寿 二つの条件が重なると一本が決まる  基本稽古の中に一本を決める要素がある/小手すり上げ面/諸手突き/出ばな面 ・恩田浩司 決める=打ち切る力。決めに関わる4つのポイント  決めをつくる4つのポイント/出ばな面/出ばな小手/小手面/先を掛ける稽古で決定力を養う ・石田利也 発声と足の運用。二つのポイントで打突を有効にする  声も技の一部/左足の引きつけ剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年3月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年3月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 強豪剣士の稽古シリーズ第1弾!DVD連動 寺本将司の稽古 全日本選手権、世界選手権、全国警察大会の3冠を獲得した強豪寺本将司錬士六段。その強さを実現したのは絶えざる日常の稽古である。寺本錬士の稽古に密着し、その内容を映像と記事によって、あまさず紹介する ・素振り 打突の基本は素振りでつくるしかないと考え、取り組んでいます  ・切り返し 遠間から全力で打ち込み、一本一本きめて打つようにしています  ・打ち込み稽古 遠間から自分の筋肉ですり足を行ない、正しい姿勢を維持するようにしています  剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年4月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年4月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 市民剣士塾シリーズ第1弾! 遠藤正明感動の市民剣士塾 DVD連動企画 稽古の機会が少ない市民剣士には、適切な指導が得られない、基本稽古の相手がいない、自分の悪癖が矯正できない……など共通の悩みがある。これらの悩みをずばり解決しようと市民剣士塾が開塾した。第1回の特任塾長は遠藤正明範士。 講習1 構え 正しい手の握りが会心の一本をつくる  講習2 打突 こうして気剣体一致の打突を身につける  講習3 攻め 寄せる・見る・打つの手順を踏んで相手を崩す  講習4 面打ち 会心の面はこうし剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年5月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年5月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!技術特集  基本稽古が強豪を作る 活躍剣士の基本稽古はあなたが行なう基本稽古とはなにかが違う。問題はそこだ  米屋勇一☆苦しい局面で出せた技が本物の技。自分を窮地に追い込んで稽古する  素振り。一本目と百本目が変わらないように行なう/切り返し。右面は返し胴に直結す   る 打ち込み。諸手突きから始め、腰の入った打突を確認する/追い込み稽古。連続打ち込みで左足の引きつけを鍛える…他 肱岡明洋☆すべての基本稽古が試合と直結するように  素振り。手だけでなく、前後にしっかりと足を運ぶ/切り返し。最後剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年6月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年6月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特報 第15回世界剣道選手権大会 DVD連動 日本王座を死守 男子団体 日本総力戦で制す   日本×韓国。日本×ハンガリー。日本×フランス。日本×フィンランド…他 男子個人 大会初日の個人戦。高鍋が世界選手権者に   高鍋×W・キム。高鍋×T・キム。W・キム×古川。古川×B・パク…他 女子団体 僅差となるも、地力でカバー   日本×韓国。日本×ドイツ。日本×カナダ。日本×剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年7月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年7月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 強豪剣士の稽古シリーズ第2弾! 原田悟の稽古 DVD連動 全日本剣道選手権挑戦12回、優勝1回、2位2回、3位3回。いま警視庁剣道教師として指導者の道を歩み始めた 原田悟錬士七段が公開する稽古法と得意技。これが映像と記事で学ぶ自己強化と剣道上達の道だ。 ・素振り 一本目の素振りと百本目の素振りが変わらないように気をつけています  ・切り返し 緊張感をもって打ち間に入り最後の正面打ちを鋭く打ち切るようにしています  ・打ち込み稽古 打ち込んだ技は百パーセント有効打突になるように正確に打つ剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年8月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年8月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  石田利也の剣道授業 DVD連動企画 剣道授業シリーズ第11弾! 石田利也教士八段がはじめて剣道授業で公開する相手を動かして打つ技術  1時限目 攻め崩しの基本 左足は軸足、右足の運用で相手を崩す  2時限目 面打ち 肩を意識して小さく鋭く打つ  3時限目 小手打ち 竹刀の身幅分だけ移動させて打つ  4時限目 胴打ち 注意すべきは体さばきと竹刀の角度  5時限目 稽古法 こうして一本に直結する稽古をする  特報  熱闘武道館 全日本少年剣道錬成大会 DVD映像報道+記事 少年少剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年9月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年9月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!技術特集   一流剣士は足で勝つ 足で攻略し、足で圧倒し、足で決定する。試合を支配するのは足だ  ・古澤庸臣 つねに最高の足を維持し、崩れる感覚を自分の中につくらない   最高の足をつくる。地に足をつけて構える/素振り。右膝の溜めを意識して素振りをする  打突後にもう一歩大きく前へ出る/出ばなをとらえる。左足を蹴る力加減で相手の反応を見る ・東永幸浩 打てる足をつくって打つ。理にかなった動作を求める   素振り。一拍子で打ち切る。左足を素早く引きつける/切り返し。体が流れない足遣い。床と平行に剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年10月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年10月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 誌上公開講座シリーズ第1弾!   こうしたら出ばなが打てる 香田郡秀 先をとり、中心をとって出ばなをとらえる   打突の準備 左足を整えて左手を収める/竹刀の振り方 一拍子でコンパクトに振る  機会をつかむ 三段階の練習で出ばなの機会をつかむ/出ばなをとらえる 相手の癖を読んで出 ばなをとらえる 井島 章 観見の目付で兆しをとらえ溜めを意識して出ばなを打つ   身体の動かし方 右足の攻め足と左手の握りを同時に動かす/手の内を意識し、通常の半分の振 り幅で冴えを生む  攻めと誘い かたちに剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年11月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年11月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特報 第60回全日本剣道選手権大会 DVD連動 期待を背負い続けた日の丸剣士が34歳で初の天皇盃  木和田大起大阪覚醒 観戦記=吉成正大 決勝戦木和田×内村 集中力の結実。木和田がピンポイントで鋭い小手を決める  準決勝木和田×?鍋 ?鍋の3連覇を阻止。木和田の鋭い小手が決まる 準決勝内村×網代 内村の勝負勘冴える 準々決勝?鍋×橋本 これが?鍋進の面 準々決勝内村×朝比奈 途切れなかった内村の攻撃精神 準々決勝網剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2012年12月22日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2012年12月22日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  最強の小手を身につける DVD連動  強豪があきらかにする小手を打つ技術  小手はこう打つ 小坂達明 自分を信じて捨て身で打ち切る   基本の攻め口を知り、揺るがない心で技を打ち切る/相手の反応に応じて、三種の小手技をつかい分ける  打突の瞬間に手の内を締め、物打ちを早く動かす/相手の剣先を割るように小手を打つ…他 ?鍋進と木和田大起のこの小手この打ち方 ?鍋 進 間合を詰めることで小手の機会も生まれた   自分勝手に打たない。間合を詰めて相手の動揺を誘う/面の軌道で打つ小手、剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年1月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年1月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道授業シリーズ第12弾! 古川和男の剣道授業 DVD連動 剣道は攻めて勝つ。気で攻めて、乗って、崩して、破って打つ  1時限目 基本動作 こうして一拍子の打突を身につける  2時限目 面打ち 三段階の稽古で会心の面を打つ  3時限目 小手打ち 絶妙小手は足腰で打って決める  4時限目 突き こうして三つの突きを身につける  5時限目 胴打ち 両手で打突部位を正確に打つ  6時限目 稽古法 素振り・打ち込み・切り返しはこうして行なう  特集  昇段審査合格の秘密秋編 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年2月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年2月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  強豪八段は打ち切って勝つDVD連動  打突部位を捉えているのになぜ一本にならないのか。それは打ち切っていないからだ  DVD映像記録+記事  東 一良 身体全体を前に出して相手を切る  右手のつかい方で打突に冴えを生む/素振りで身体を前に出す感覚を養う 大強速軽を意識した打ち込み稽古/相手に攻め勝ち、呼び込んで打つ/一人稽古と筋力トレーニング 栗田和市郎 基本稽古の徹底が打ち切りにつながる  有効打突の条件を読み解いて、打ち切る稽古を行なう 基本にそって一人稽古を行なうこと剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年4月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年4月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  範士直伝面の秘訣三十五箇条 面の凄わざを持って知られる範士たちが面の秘訣を伝授  小川 功 中心から剣先を外さない。攻めの流れを切らずに打ち切る   打突前に流れを切らない。攻めの過程で技を出す/間合の工夫と研究。自分の打ち間を身体で覚える  打ち間に素早く入り、構えが崩れたところに面を打ち切る/出ばな面。待っていては遅い。仕かけて機会をつくる……他 伊藤陽文 打つ前の過程を大事にし、ここぞと決めたら捨て切って打つ   刀の観念を持ち、捨てる気持ちで打突する/稽古場で数多く失敗して剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年5月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年5月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  警視庁剣道指導室4人の攻め崩し 強烈な攻め崩しといえば警視庁剣道。4人の指導者がその真髄を伝授する  佐藤勝信 中心を取るのは打突直前 身体を預けて打突動作を引き出す   左手・左足・左腰。左半身で打てる構えをつくる/手元を上げる。間合を切る。相手の心癖を感 じ取る  身体を相手に預けて間合を詰め、打ち気を引き出す/左足で蹴り、竹刀を振って点で打つ 他 恩田浩司 心をくじく、気をくじく 一本を打ち切る気迫で相手を動かす   相手の心と気をくじいて攻め崩す/上下の攻めで手元を浮かせて面を剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


comment









ページのトップへ戻る