2020/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

月刊剣道時代2013年7月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年7月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!DVD連動特集   こうしたら審査に合格できる いまだ難関である全国審査。昇段審査合格のヒントを紹介 遠藤正明の昇段審査合格指導DVD  指導1 模擬審査/指導2 審査のポイント/指導3 攻めのポイント 指導4 素振り/指導5 打たない稽古 林邦夫の加齢とともに強くなる剣道  剣道が楽しいと感じる時/剣道上達の秘訣は器を変えること/体力は必ず落ちていく。それでも剣道の力はなぜ伸びるのか/彼我の間合にある剣道の不思議な力/私の八段審査挑戦記/40歳代は懸待一致、50歳代は心身一致、60歳代は剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年8月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年8月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  香田郡秀の剣道授業DVD連動企画 剣道授業シリーズ第13弾! 筑波大学教授香田郡秀教士八段がはじめて誌上で完全公開する剣道授業。読者必読の上達秘訣を展開する  1時限目 基本動作 一拍子の打ちを身につける基本動作  2時限目 仕かけて面 左拳で中心を制して会心面を打ち切る  3時限目 仕かけて小手 相手の剣先を中心から外して打つ  4時限目 面に対する応じ技 相手を崩して瞬時に技を出すこと  5時限目 小手に対する応じ技 手の内をきかせて瞬時に打ち切る  6時限目 稽古法 こうし剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年9月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年9月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  東良美の剣道授業DVD連動企画 剣道授業シリーズ第14弾! 全日本選抜八段優勝大会第九回大会優勝の東良美教士八段が左手・左腰・左足、とくに左足を中心にした指導を実施する  1時限目 攻めの基本 左足で攻め、左足で崩し、左足で打つ  2時限目 面打ち すり足で基本動作を確認、左半身で打つ  3時限目 小手打ち 左拳を正中線から外さずに打ち切る  4時限目 突き 突き心で攻め続け、腰始動で突く  5時限目 打ち込み・切り返し 刃筋を意識し、正確にしっかりと打つ  6時限目 素振り・空剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年10月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年10月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集   こうしたらいつでも打てる体勢になる誌上公開講座シリーズ第3弾! 井島 章 間合の攻防が剣道 正確な送り足で打てる間合に入って打つ   できていそうでできない送り足を再確認する/へそを相手にぶつけるつもりで圧力をかける  しかけて打つ 遠い間合からは継ぎ足も利用して打つ/応じ技 斜めの足さばきを使い、一拍子で打つ他 吉村哲夫 有効打突を得る足さばき すり足を守り、滑らかな身体移動を心がける   左足の踵の高さを変えない意識で動く/柔らかく間合を詰め、相手をその気にさせ る  踏剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年11月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年11月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 実力剣士のここを修正したら強くなった 反省なくして進歩なし。だから彼らは強い。実力剣士の修正力  井口 清 世界大会直前 基本稽古のくり返しで調子を整えた  近本 巧 剣道日本一獲得 腰で攻め、腰で打つ剣道にシフトした  佐藤博光 特練引退後の全日本 稽古量の減少を内容の精査で補う    特報  第61回全日本剣道選手権大会 DVD連動 内村良一が千葉仁、西川清紀に並ぶ  内村良一東京3回目の賜杯 解説=吉成正大 決勝戦内村対小谷 圧倒的な攻撃力、内村の小手が武道館に剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2013年12月21日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2013年12月21日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  本格派剣士の稽古法に学ぶ 指導者に恵まれない市民剣士は必読です。あなたの稽古法とはここが違う 宮崎史裕 正確さを求める稽古法 冴えや打突の強さをイメージする   素振り 正しい構えで一拍子で振る/切り返し 大きく強く、左右面は角度を意識する  打ち込み稽古 打ち間のつくり方を学ぶ/指導稽古・互格稽古 先を取る気持ちを大事にする 染谷恒治 身体を出す稽古で一本一本打ち切りを意識する   切り返し 面まで打ち切り同じ間合を保つ/打ち込み稽古 遠間から大きい技で打ちる  掛かり稽古 打突前剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年1月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年1月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集 剣道授業シリーズ第15弾!  二子石貴資の剣道授業 D?D連動 体攻めなければ勝利なし。攻めの基盤は体である  1時限目 攻めの基本 身体全体で圧迫するイメージをつくる  2時限目 仕かけて面 打突姿勢を整えて最短距離で打つ  3時限目 仕かけて小手 両膝を相手に向けて小さく打ち切る  4時限目 面に対する応じ技 前でさばいて相手を引き込まない  5時限目 小手に対する応じ技 技を出す寸前まで構えを崩さない  6時限目 稽古法 稽古を稽古で終わらせない工夫をせよ  特集  剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年2月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年2月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!創刊500号記念号 特集 全日本選抜剣道七段選手権大会東日本大震災復興支援・剣道時代創刊500号記念 DVD連動報道 熱闘横浜七段戦 観戦記=吉成正大 積極的に攻めた北条忠臣が小手を連取  詳報実力伯仲の予選リーグ24試合  出場選手の横顔・審判員が見た横浜七段戦  全日本選抜剣道七段選手権大会DVDコンテンツ  特集  剣道六段・七段審査を突破せよ いよいよ厳しい六段・七段審査。だが、真摯に努力する者に道は開かれる 誌上講話 矢野博志 相手を生かして自分も生きる。これこそ剣剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年3月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年3月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  横浜七段戦入賞者の心技体 4名の最強七段剣士があきらかにする勝利の法則  北条忠臣 捨て身でつかんだ優勝 常に足を意識した剣道で頂点に立つ   捨て身で戦った5試合。七段戦王者に駆け上がる/神奈川で教わった技。先生方を見て研究した日々  普段の稽古は昼休みを利用。基本の足を意識している/指導者として、剣道家として完全燃焼する自分でいたい ?鍋 進 面、小手、突き、そして応じ技へ。剣道の幅を広げていきたい   勝ち負け以上のなにかを表現したい/応じ技を学んで剣道の幅を広げる  ?鍋進の剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年4月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年4月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!DVD連動特集 強豪剣士の稽古シリーズ第3弾! 近本巧の稽古 最強七段戦全日本選抜剣道七段選手権大会に出場した愛知県警察学校教官近本巧教士七段は、その一戦で剣道人の模範となる打ち方と高い評価を得た。その近本巧の稽古を記事と映像で公開する。 身体の芯が崩れない剣道 体勢が崩れない剣道を求め続ける  構え  左足裏の湧泉に体重を乗せて打てる構えをつくる  姿勢の確認  打ち込み台を使って打突姿勢を確認する  足さばき  すり足を徹底、体移動を身体で覚える  発声  下腹から大きく長く出し剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年5月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年5月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  評価される面 評価されない面 確かに当たっているのに試合で旗が上がらない、審査で認めてもらえない。なぜか。そのなぜに答える  誌上講話 角 正武 技を出すまでに迫力があるか。それが評価の高い技前になる  公開講座 井島 章 有効打突の条件を理解し、まずは打突の強度を上げる  竹刀の打突部で打突部位を正しく打っているか/しかけて面を打つ。溜めをつくり、相手の崩れを察知する 出ばな面を打つ。相手の出てくる距離を感じ取って打つ/応じて面を打つ。応じる動作と打つ動作を一つにする 他 八木沢剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年6月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年6月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  膝で攻め膝で打つ 身体操作シリーズ第一弾膝  誌上指導 末野栄二 膝でつくる攻防一致の構え 問題は上半身と下半身とのバランスである  明快講義 香田郡秀 膝によって導かれる上虚下実の構え 充実した状態で一本を打つ  一流の技術 小関太郎 右膝は表を意識し、左膝は裏を意識して打ち切る  米屋勇一 膕が入れば腰が入る 足腰が支える強靭な一本  工夫と実践 練達八段の膝で攻め膝で打つ技術  中倉幸雄 左右の膝の役割を認識する  花房満明 両膝が真っ直ぐ相手に向かうこと  本多剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年7月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年7月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  強豪剣士の稽古シリーズ第4弾!  ?鍋進の稽古 DVD連動 素振り 物打ちの高さ・目線・左足の引きつけ 背中を意識して振るようにしています  切り返し 打突部位をしっかりととらえ、一呼吸で打ち込むようにしています  打ち込み稽古 攻め崩しを意識して単調なリズムで打ち込まないようにしています  技の開発 数を増やすより精度を高める 確実に一本にできる技に磨きをかけています  掛かり稽古 無心の状態でも姿勢を崩さずすべて一本にする気持ちで技を出しています  追い込み稽古 出足と踏み込剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年8月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年8月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  谷勝彦の剣道授業 剣道授業シリーズ第16弾!DVD連動企画 剣道は攻めて崩して勝って打つ。それには、我は崩さず彼を攻め崩す。我を崩して彼をさらに崩す。二種類の攻めを身につけよ  1時限目 攻めの基本 二種の攻めで相手を崩す  2時限目 仕かけて面 攻めて崩して隙をつくり出してから打つ  3時限目 仕かけて小手 迷いを生じさせて手元を浮かせる  4時限目 突き技 突き心を持って攻める  5時限目 応じ技 良い状態を維持しているところに技を出させる  6時限目 稽古法 初太刀をどのよ剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年9月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年9月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  おどろくべき発声の効果 身体操作シリーズ第二弾発声  矢野博志☆発声は秋空のように、晴れわたった声を出しなさい  清水新二☆声が変われば打突が変わる。私が実践する一本に直結する発声の技術  神? 浩☆まずは大きく、強く、長く。発声で体幹の力を充実、継続される  東永幸浩☆一本をとる努力は声に集約されて出る  工夫と実践 練達八段が明かす発声の技術と効果   伊藤明裕☆声で打ち、声で決める発声とは  河野修一郎☆打突部位の呼称で意志を明確に伝える   澤田洋一☆充実した気勢と発声剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年10月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年10月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  悩める者よ、基本に帰れ新・剣道の技術第1弾!  佐藤勝信 誰にでもできる簡単なことを、誰にもできないくらい続けることです   構え 背筋を伸ばし、胸襟を開いて下腹に力を入れる/素振り 下段からの素振りで溜める感覚を感得する  打ち込み 肩の収まりと左足の引きつけに注目する/機会 自分が有利に立った状態を感じ取って技を出す 中村福義 東京修道館実践 これが上達につながる基本稽古の要点だ   基本で心掛けるべき十箇条うしろ姿を意識して稽古する・目線を変えない…他  仕掛け技 大きな剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2014年12月22日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2014年12月22日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  北条忠臣の稽古強豪剣士の稽古シリーズ第5弾!DVD連動  素振り 腕の高さ、足の位置 常に腰始動で竹刀を振るようにしています  切り返し 相手の首を打つイメージ 正確に左右面をとらえるように心がけています  打ち込み稽古 常に実戦を想定して縁を切らない すべて有効打突になるように打っています  技の開発 この技は通じるのか 常に確認しながら精度を上げるようにしています  掛かり稽古 崩れた状態を最小限にして、すべてを一本にする覚悟で技を出しています  追い込み稽古 追い込んで相手を剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年1月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年1月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  剣道は先々の先である新・剣道の技術第3弾! 岩立三郎 絶対に退らない覚悟で稽古をしているか  先の意識が会心の一本を生む 日々の稽古で体得せよ/指一本でも前に攻める心がけを 強い覚悟が強さの基盤になる 上達する環境をつくる努力 いい師匠と出会うこと/合格者たちの共通点 基本的な要素をおさえている 井島 章 会心の一本を打つには先々の先の技を打つ気構えで準備すること  目付が重要。機先を制し、相手の出方を予測する/出ばな面、出ばな小手。先々の先の技を打つ しかけて面、しかけて小手。先剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年2月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年2月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  最善の構えから最強の一本が生まれる新・剣道の技術第4弾! 矢野博志まずは形にこだわる。構えが正しくなければ正しい技は出せない   正しい構えができないと剣道が間違った方向に行ってしまう/打つとき以外は構えを崩さない  稽古は遠間から始めること/左足、左腰をしぼりながら構える/審査員は心気力一致の技を評価している 香田郡秀構えが良くなれば剣道が変わる。正確な構えが確実な有効打突を作る   構えの動作起点は骨盤と肩甲骨下半身の動かし方・上半身の動かし方  構えの応用が仕掛け技や剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年3月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年3月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  技を磨く技を増やす 新・剣道の技術第5弾!  ?鍋 進―小手技の習得で道が拓けた全日本2連覇と世界大会   特練員より手数を出す。七段戦前は先をかける稽古に徹した/リーグ戦は3戦全勝。肚をくくって臨んだ全5試合  世界大会の敗戦で真剣に小手技を研究するようになった/小手が決まりはじめると胴を抜かれなくなった 八木沢 誠―日本体育大学実践指導。肉体的にも精神的にも崩れない強さを身に付ける   素振り つねに相手を意識しながら、実際の打突に直結する素振りを心がける  打ち込み稽古 剣剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年4月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年4月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  強くなりたければ足を見直せ新・剣道の技術第6弾!  宮崎史裕 正しい足構えと素早い左足の引きつけができているか   足先を相手に向け、動き出しても正しい足構えを崩さない/左足の引きつけを意識して一拍子で振る  打突後は相手に正対して次の展開に備える/足構えを整え打突後のもう一本を可能にする…他 岩切公治 打つ、突く、仕掛ける、応じるはすべて足から生まれる   即打突につながる足構えを実践する/左肩を入れて相手と正対しながら足をつかう  手と足を合わせて素振りをし、気剣体の一致する感剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年5月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年5月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  市民剣士は試合に挑戦せよ新・剣道の技術第7弾!  受験生にとって模試が学力向上の動機となるように、市民剣士にとって試合が実力進化の動機となる  祝 要司 なぜ市民剣士こそ試合に挑戦しなければならないのか。準備と実践   基本打ち すり足で正しい動作を確認/切り返し 息を持続させ縁を切らない。手の内を鍛える胴打ちも実施  技の習得 約束稽古を反復練習。より質の高い技を求める/立合稽古 本番を想定。長所、短所を率直に伝える 原田 悟 仕掛け技を磨き、気迫と集中力を高めて臨む   千本素剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年6月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年6月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  会心の一本を打ちたければ手の内を見直せ 新・剣道の技術第8弾!  一流剣道家がこれまで明かしたことのなかった手の内の秘密を公開する  遠藤正明 身体と竹刀を一体化させ、冴えのある一本を打つ   竹刀の握り方 左右の力は均等、バランスが重要/素振り 剣先が走る素振りで手の内をつくる  面打ち ためをつくって相手を引き込んで打つ/小手打ち 手首のスナップと左足で瞬時に打つ 染谷恒治 竹刀の振り下ろしを意識、伸びのある技を正確に出す   構え 両腕を広げた状態から柔らかく上から竹刀を握剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年7月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年7月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  稽古の心得 新・剣道の技術第9弾  あなたの稽古は間違っていないか。稽古は質と量の掛け算。さらに上達をめざして稽古を再点検しよう。 島野大洋 稽古は縁を切らないこと。足を使って攻め上げる   足が居着けば隙ができる/基本稽古は正確さを求める  元立ちは掛かり手の息を上げよ/元気を与える稽古、元気を引き出す稽古 高橋英明 気のつながりを意識 3年先を見据えて稽古する   手足の一致 気剣体一致の打突を空間打突で確認する/基本稽古 観の目を強く、攻め勝って打つことを意識する  攻め 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年8月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年8月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  教えて学ぶ、学んで進化する新・剣道の技術第10弾! 石井 猛 少年指導は自分の修行。佐藤博信範士の遺志を継ぎながら   青少年の健全育成。警視庁基本にそった指導/指導者が手を抜けば子供は敏感に察知 する  基本組 重要課題は足さばき。気剣体一致の打ちを覚える/防具組 打たせ方も指導。相手の動きに応じて隙をつくる…他 清野 忍 剣道山梨を強く。子どもたちから教わった基本の大切さ   山梨に新しい風を。少年剣道も大人も盛り上がる/さまざまな技稽古を学び、苦手意識を無くさせる  稽古を剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年9月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年9月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  強豪剣士は道具を選ぶ新・剣道の技術第11弾  亀井 徹 道具に馴染み一体化することで自然体の構えが実現する   徐々に変化した竹刀の好み/道具を身体に馴染ませる 香田郡秀 ジャストサイズの剣道具で剣道上達の度合いが変わる   ジャストサイズの剣道具を身につけると世界が変わる/面 顔を下に向けても落ない面  小手 けらと手首の位置を合わせる/胴・垂れ 蹲踞がしやすいかどうか…他 ?鍋 進 道具にこだわってこそ最上のパフォーマンスが生まれる   素手で握った感覚をなるべく再現したい/剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年10月24日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年10月24日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  完全なる面を打つ新・剣道の技術第12弾! 第一部 強豪指導者 面はこうして打て 恩田浩司 技を出すまで構えを崩さない。ためをつくり機会をとらえる   相手を引き出す。出ばな面に磨きをかけた特練員時代/構え 左脇に紙一枚をはさむ。左拳を極力動かさない  間合 稽古は必ず遠間から。わずかに入り相手を崩す/打突 相手を誘い込んで出ばなをとらえる 上原勲雄 切り返し生活40年。面にこだわり面を打つ   最高の面を打つための準備力。剣道の土台をつくる  最高の面のもとをつくる構えと切り返し剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年11月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年11月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  完全なる一本を打て新・剣道の技術第13弾! 船津晋治 鋭い踏み切り、力強い踏み込み 崩れを最小限にして打ち切って決める   体重移動 左足で踏み切り、右足で強く踏むことで打突力が上がる/竹刀操作 左拳を突き出し、手の内の作用を覚える  打突動作 力強い打突は左半身で始動し、右半身で完結させる/崩れの修正 つくりを素早くして姿勢を整える 石田利也 決定力を生み出す四つの技術を体得せよ   打突力の強化 体当たりからの技で体幹を鍛える/決定力 鋭い出足と強い踏みつけが打突に冴えを生む 剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2015年12月22日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2015年12月22日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  乗る・乗られる・乗り返す新・剣道の技術第14弾!   小笠原宗作 乗るとは気で攻め勝って相手を崩して打つことです   相手を崩し打突の機会を生む/気は呼吸の溜めより生まれる/気が一緒にならないと技は成功しない  立合の気勢をどうするか/大家の先生方の気を体感/乗られている状態とは/左右の攻めも入れる…他  小林三留 乗る極意を支える左足。左足がきまれば臨機応変の打突が可能となる   左足に腰を乗せた状態で構え、腰を乗せて足を送る/左足のひかがみを緊張させ、左腰で攻め、左腰で乗る  剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2016年1月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2016年1月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特集  基本稽古こそ最強への近道である新・剣道の技術第15弾! 東 良美 機会を意識 虚を打つ基本を繰り返すこと   基本稽古で打突の強度が上がり、剣先に威力がつく/突き心で攻める 左手・左腰・左足を中心に構える  隙は最小限、実戦に即してつくらないと効果が薄い/基本は送り足。正しい動作で打てているかを確認する…他 井島 章 年代別基本稽古法 加齢とともに正確さを求めること   体の運用は平行移動。左足で踏み切り、右足で踏み込む/竹刀操作は左手を中心に振り上げて振り下ろすこと  切り返しは剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


月刊剣道時代2016年2月25日発売号

  • 文筆家ライターの日記 月刊剣道時代2016年2月25日発売号

    本、コミック » 雑誌 » スポーツ

    剣道の心・技・体を理解し、剣の実力を向上させたい剣士たちを応援します!特 集  昇段審査合格者の目的意識と稽古習慣新・剣道の技術第16弾!  濱? 滿 歩合・錬度・風格 審査は三つの要素を総合的に判断している   段位にふさわしい剣道が身についているか/刀の観念を意識し、無駄打ちをしない  素振りを励行する。冴えのある打ちを体得すること/素直な気持ちで稽古。師に習い、友に習い目的意識を高める 軽米良臣 先の気位で稽古。高段位の剣道をめざすことにつながった   立礼から蹲踞、構え 先の気位が動作にあらわれる/交刃の間合 絶対に左足を下げない覚悟があるか  稽古剣道時代は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けてい


comment









ページのトップへ戻る