2019/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

私が最近思うには、ネットビジネスはサラリーマンや主婦などの副業として活用することが良いのではないかと思います。中にはまだ稼ぐこともできていないのに、サラリーマンを辞めて専業で頑張るのは少し危険なような気がします。勤めておられる方も夜時間があるわけですから空いた時間にネットビジネスで稼ぐということにチャレンジしてゆき少し自分なりにやってみてこれはいけそうとか思えば踏ん切りもつくものです。アフィリエイトで稼ぐ事にルールはありませんし広告を貼り付けてユーザーに興味ある記事を書いてゆけばいいのです。しかし、ただ、広告だけ貼り付けてもあまり意味がありません。
まず、ユーザーはどのようにしてホームページやブログなどに訪れるか?というと90%が検索して検索サイトから訪れます。あるキーワードを入力して面白そうとか疑問に思っていたことが解決できるかもしれないなどとページに訪問してくれます。なのでいかに検索順位を上げてゆくか?という事に尽きるのです。まさにアフィリエイトの成功のカギを握っているといっても過言ではないのです。
ではキーワードですが無理やり文章に詰め込むのではなくさらりと自然な形で文章に織り交ぜて行くのが良く、たとえばネットショップというキーワードですがただ漠然とネットショップでもいいわけですがもう少し細かく無料ネットショップとか、全自動ネットショップという風に細かくしていったほうがよりターゲットを絞る事が出来、検索される機会も増えて訪れる人も多くなるのかもしれません。
アフィリエイトでお小遣いをアフィリエイトで稼ぐためには得意ジャンルを見つけること・絞ること,ネットビジネスで収入を得ることへの近道になりますがそれを活用しきれていない人も多くもったいないと感じす。まず、自分の得意分野は何か?たくさんあるカテゴリーの中であまりウィングを広げすぎるのもどうか?と疑問に思いますがカテゴリーを絞ってゆく事も大事になります。商材も買わず、無料ブログでシンプルにアフィリエイト、1日ブログを淡々と作るのが基本的な方法だと思いますが商材や本を読んでも、アフィリエイトの初心者の多くは、稼げません。それは、経験がないので、どうやって稼げばいいのかわからないということです。さきほどもアフィリエイトで稼ぐのには決まったルールとかマニュアルがあるわけでもなく日々の努力が大事でホームページ作成スキルをあげてゆくという事も非常に重要になります。

ディスク容量が多くデータ転送量が少ないレンタルサーバーは破格の値段でお客を集め、データ転送量のオプション料金でお金を徴収するつもりなのが見え隠れします。格安のレンタルサーバーが大人気ですが契約する人は転送量のこととか本当に理解しているのかはなはだ疑問です。ファイル容量のことはしきりに宣伝してもどこを見ても転送量のことなど見当たりません。ですので、このデータ転送量が少ないレンタルサーバーとかましてや転送量の説明のないレンタルサーバーは契約しない事です。
たとえば1日の転送量の上限が100MBとしてトップページ表示の転送量が10MBとなれば1日たった10人しかアクセスできず11人目の人はサーバーエラーが掛かり閲覧できなくなります。まぁ極端な例ですけどそれが現実なのです。ユーザーがホームページを見る事ができずエラーが表示されてしまうことはすなわちホームページアフィリエイトやブログアフィリエイトの全滅を意味します。アクセス数が少ない時期はデータ転送量を気にする必要がありませんが、ホームページが軌道に乗りアクセス数増えてきた時はデータ転送量を増やす必要があります。
では、繰り返しになりますが転送量とはなにか?
ホームページを見る為には、ホームページデータ(画像や動画、HTMLファイル等)を訪問者のパソコンに転送する必要があります。 その際に転送されたデータの量を「転送量」または「データ転送量」といいます。「転送量」に制限があるレンタルサーバーを使用した場合、定められた転送量を越えてしまうと訪れた人にホームページを表示できなかったりします。せっかくサイトの人気が出て、訪問者数を増やしてもそれではまったく意味がありません。その上、追加料金の請求や、上位の高額なプランへ移動を強制されたり、また、場合によってはアカウント停止や「他社への移動要請」を受ける場合もあります。また、転送量の計算や超過課金等を気にしながらのホームページの運営は、非常に手間もコストもかかってきます。
レンタルサーバー運営に利用する回線は、上位回線事業者から提供されているものを使用します。お客様のホームページの転送量が多ければ多いほど、レンタルサーバー会社が支払う回線費用のコストが上がる為、サービス利用者の転送量を制限したり、追加料金を請求する必要があるのです。ひとつお勧めレンタルサーバーはファーストサーバで
データ転送量に課金はありません。毎月定額でご利用いただけます!ファーストサーバでは、サーバー上に、設置されたページへのアクセスによるデータ転送量に上限も追加費用も設定していません。ホームページやブログへの急なアクセス増加時も月額費用のみでご利用いただけるので、とても安心です!ライトビズコース1890円50GB。
しつこいようですが閲覧者が10KBのページを開いた場合、10KBのデータを、サーバーから転送された事になり、この時点で、10KBの転送量が消費です。動画を載せるのは別として、およそ1ページあたり50KB〜100KB位必要。レンタルサーバーを選ぶ際には、転送量制限があるかどうか、もしあるのなら月に何GBまで許されているのか、そして、制限を超得た場合に追加料金がどの様に発生するのかまで必ず調べるようにしてください。あとでそんな事知らなかったなどいっても始まりませんのでサーバーの容量なども重要ですがもっと重要なのは実は転送量なのです。

現在主要なレンタルサーバーで約50社あまりがユーザー獲得のためさまざまなサービスを提供しています。


始めてレンタルサーバーを借りる場合いったいどのサービスを選べばいいのか?となるわけですがキーワードとしてまず、ディスク容量、初期費用、毎月の利用料さらにもちろん独自ドメインが利用できなおかつマルチドメインでたくさんのドメインを利用できるレンタルサーバーサービスとなります。あと、求める事はサーバーの安定性や高速性などがあげられますが余り初心者の方は関係ないのかもしれませんがサイトが比較的人気が出てきた場合など、やはり重要になる項目であることは間違いありません。さらに、前にも書きましたがやはり転送量というキーワードをはずせません。


これらのキーワードを観てみて3社ほど選んでみましたがまず、さくらレンタルサーバー、エックスサーバー、ロリポップレンタルサーバーです。しかし、こればかりはユーザーの好みもありますので良いサーバーを自分なりに考え利用目的などを考慮しながら選ばれる事が大事だと思います。


普通考えられるのは基本どのサイトもリンクフリーであるべきというのが管理人の基本的な考え方です。よく、無断リンク禁止とかあるサイトは一体何を考えているのかよくわかりません。SEO的には相互リンクが理想ですがメールフォームなどで通知しなければならないので結構面倒な物ですが相互リンクではなく一方通行リンクはどうでしょうか?よくホームページなど訪れて良い事、記事があれば紹介したくなるのはあると思います、そのサイトがリンクフリーであれば自分のサイトやブログで紹介してもべつになんの制約もありません。片方リンクでもこれはこれで実はSEO的には効果があるのではないか?と思います。ロボット検索エンジンはそのページにどれだけリンクがあるか?なども評価しますのでまったく効果がないとはいえないのかもしれません。


  • 訪れたサイトがリンクフリーであるかよく確認する。

  • 出来れば相互リンクが理想。

  • リンク切れなどを考えた場合なるべくトップページにリンクを張る。

  • リンク集ではないので関係のないカテゴリーは避ける。

  • ちなみにこのブログはもちろんリンクフリーですのでまったくご自由にリンクを張っていただいて結構です、また、何の連絡もいりません。

  • ブログタイトル■文筆家ライターの日記
  • URL■http://writer.populace.biz/

  • 大体こんなツールがあれば副業に役立つのではないか?と考えて載せてみました。


  • CAD
  • OS
  • PDF
  • ギャンブル
  • データーベース
  • ホームページ作成

  • ページのトップへ戻る