2019/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

ドストエフスキーの名言・格言

  • ★人間の内面の矛盾を追求して近代小説に新しい可能性を開いた。〜ドストエフスキー〜
  • ★モスクワの医師の家に生まれ、16歳のときペテルブルグの工兵士官学校に入り、卒業して工兵局に勤めるが1年で退職。〜ドストエフスキー〜
  • ★一般に、すべて他人の不幸というものは、いかなる場合でも、傍観者の目を楽しませるようなものを含んでいる、傍観者が誰であろうと例外にはならぬ。〜ドストエフスキー〜

  • ドストエフスキーの名言・格言

  • ★処女作(貧しい人々)(1846年)の成功を機に文筆活動に専念する。〜ドストエフスキー〜
  • ★間もなく空想的社会主義者ペトラシェフスキーのサークルに接近、1849年逮捕され、シベリア送りになる。〜ドストエフスキー〜
  • ★金を所有している人間は、貧しいひとが、そのはかない運命を訴える声を聞くのが大嫌いだ。〜ドストエフスキー〜

  • ドストエフスキーの名言・格言

  • ★その体験はのちに(死の家の記録)1862年に描かれる。〜ドストエフスキー〜
  • ★10年後モスクワへの帰還を許され、(虐げられた人々)1861年などを発表、中編(地下室の手記)1864年は彼の思想的・芸術的転機をなす作品となり、以後(罪と罰)をはじめ、(真に美しい人間)を描こうとした(白痴)1868年、ネチャーエフ事件に取材した(悪霊)1871年、(未成年)1875年、(カラマーゾフの兄弟)などの大作群を発表した。〜ドストエフスキー〜
  • ★いかなる科学の力を借りても、またどんな利子をもって釣ったところで、人間は決して不平なしに財産や権利を分配することはできません。〜ドストエフスキー〜

  • ドストエフスキーの名言・格言

  • ★晩年には、時事随想、回想、小品を含む雑誌形式の文集(作家の日記)(1873年―1881年)を書いている。〜ドストエフスキー〜
  • ★真の真理というものは、つねに真理らしくないものである。〜ドストエフスキー〜
  • ★人間の後半生は、前半生で蓄積された習慣のみで成り立つ。〜ドストエフスキー〜

  • ドストエフスキーの名言・格言

  • ★ドストエフスキーはロシア文学における都市文学の先駆者でもあったが、その文学の第一の特質は、人間精神の不条理性を芸術的に剔出(てきしゅつ)し得た点にあり、その思想的系譜は実存主義にまで及び、内外の多くの文学者に影響を与えたが、一方で、バフチンをはじめとする文学方法論研究によって、新たなドストエフスキー像が形成されつつある。〜ドストエフスキー〜
  • ★人類の最も偉大な思想は、石をパンにかえるということである。〜ドストエフスキー〜
  • ★私は何か善を行おうと思いながら、そこに喜びを感ずることができる。〜ドストエフスキー〜また同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも喜びを覚えることもできる。〜ドストエフスキー〜

  • ページのトップへ戻る